風邪の総まとめ

2015-11-25

先週、多忙のせいもあり、なんと20年ぶりに風邪をひきました!

といっても、私の場合は昔は扁桃腺肥大による扁桃炎で、のどの痛み〜発熱〜鼻水〜咳〜気管支炎の経験が一番多いのですが、今回は自分の体を十分内観することによって、あらたな気付きと体験もあり、ここにまとめてみたいと思います。

(あまり外出しなかったので、今斜前のマンションの解体工事をしており、多分とんできた粉じんが原因と感じる)

 

@ 鼻の奥が痛い&喉の上部が痛い → 空気感染による症状  初期:くしゃみと鼻水

この段階では、鼻の奥に小さじ半分のアロエジェルに混ぜたラベンダー精油1滴混ぜたものを塗布。体を冷やさず、ショウガとネギをたっぷり使ったスープなどを飲む。 葛根湯服用。

 

A鼻の奥と、のど全体が痛い → 段階のススミ。  症状:鼻水

鼻の奥にアマゾンの薬木からとられた樹液のコパイバ・マリマリを塗る。

のどの炎症には、コップ半分の水に甘草小さじ半分、ターメリック小さじ1/3杯を溶かしてうがい。→即効!

葛根湯服用。

yakuzencurrynoodle.jpg 夜はショウガとニンニクと野菜エキスたっぷりの薬膳スープカレーうどんを食べて、早く寝る

hananokouozu.jpg

B 喉の奥と耳の奥の痛みと、鼻水と咳が出始める。咳は痰はからまない。

鼻と喉と耳はつながっているので、奥に入るほど、三者一体の症状が出やすい。過去にも風邪から内耳炎、外耳炎、中耳炎とやったことがあるので、今回の耳の奥の痛みはこれが進むと内耳炎の感覚があったので、綿棒にミミタロウをつけて、耳の奥に塗布。 鼻には、コパイバ・マリマリ。 喉は甘草とターメリックのうがい。

<原因>仕事でがんばり、翌日同窓会でしゃべりすぎ、エネルギーの枯渇からくる回復の遅さ。

当然消化力も弱っているので、食事は消化しやすいもの。 おかゆやうどん。葛根湯とビタミンC服用。

 

C耳の奥の痛みと、喉の奥(気道の腫れ)を感じる → 気道感染症初期症状 咳、声がれ、痰

kidoukannsen.png喉よりも、気道のところの違和感があり、気管支炎初期のような感覚。咳がとまらないときがある。

朝声がかすれて、全く出ないに等しかった。 → ごま油のうがい → 即声が出てビックリ!(この場合、喉の奥にオイルが届くようにガラガラうがい)

食事は、のどの炎症を鎮め、痰が絡まないように大根と春菊としょうがたっぷりの寄せ鍋。ここでは、くず野菜からとった野菜スープのベジブロスをベースにして、野菜のエキスをたっぷりとるようにしました。喉に炎症があるときは、ポン酢のような酢や塩は炎症を刺激するので避けます。 翌日は雑炊に。

daikonyasainabe.jpg

ここまで来ると、葛根湯は効かないので、ビタミンCとシルクパウダーアミノ酸をとりました。

★入浴は熱めのお湯で、芯からしっかりあたたまること。 

★胸の胸腺と鎖骨のくぼみ、耳下腺の部分、耳の後ろ、鼻の下に下記のアロマジェル塗布。

アロマジェル :小さじ半分のアロエジェル ラベンダー 1滴、ペパーミント(またはユーカリ)1滴、 プチグレン1滴、フランキンセンス 1滴 をよく混ぜて 各部分に塗布。 

★夜寝るときに気道が乾燥しないように、大判のハンカチを三角になるように半分に折り、軽く水スプレーして湿らせて、顔にマスクのようにふんわり覆って寝ます。 首元にもスカーフを巻いて、冷えないようにします。

 

D 咳と深いところからの痰 他はほぼ完治。

気道感染症による炎症と戦った白血球の残骸が痰となって表に出ますが、これがひっかかって咳がとまらなくなったり、ひどい場合にはもっと深いところに炎症が移動すると肺炎や気管支喘息様になります。

黄色い重い痰がでているときは、炎症がまだ完治していない証拠なので、痰を増やすような 甘いもの、酸っぱい果物や食べ物、 乳製品、 粘性のあるもの の摂取は控えます。 → ごま油のうがいはダメ。日本茶か番茶のうがいはおすすめ。

胸腺へのアロマジェル塗布は続けます。

 

これでほぼ完治です。 ほぼというのは、5日目ですがまだ少し咳がのこっているからですが、他のところの症状や全体のエネルギー枯渇感はなくなり、元気も出てきました。

 

従来は、消化不良からくる免疫力の低下による感染をしそうになったことが多く、その場合は消化力を立て直すことで、難なくを得ていました。薬膳スープカレーやタラのスープカレーがよく効きましたが、今回は いきなり鼻の粘膜への感染だったので、広がるのが早かったようです。

私のように扁桃腺肥大者は、耳の感染もしやすいので、日ごろから注意しておくことが大切です。もし発熱してしまったら、ひたすら暖かくしてバファリンのような解熱剤を飲み、発汗させて熱を下げます。

熱で関節が痛むようなインフルエンザ様の場合は、卵酒のようなカフェインやアルコールが入ったものが痛みを和らげ、解熱しやすくします。(その他紅茶にブランデー、スパイス入りホットワインなど、海外でもアルコールを薬として使うものが多くあります。)

 

*今回の一番の収穫は、のどの痛みに甘草とターメリックのうがいの即効性。これは口内炎にもよく聞きます。口内炎へは、甘草とターメリックの粉同士を混ぜ、直接塗布です。(しばらく水気のものは含まない)

*それと、痰が絡んでいるときは、ごま油のうがいは厳禁ということ。→ さらに粘度をあげてしまい、でにくくなる。渋いもの、苦いものでのうがい = 日本で古来からあったお茶うがいが最適でした。

*寝る前にマスクもいいですが、どうしても顔にマスクの跡がついてしまうので、ハンカチマスクはとてもよかったです。ここにコパイバマリマリを2滴落として眠ると、ほのかな香りでよく眠れました。 

 

風邪にはいろいろな症状がありますが、本人でないと痛みの場所や痛みの質、感覚はつかみにくいものです。日ごろから、自分の体内の隅々までスキャンするように心がけていると、特定の部位や痛みの質を感じ取ることができてくるでしょう。 

今年は寒暖の差が激しく、気候がおちつかないことから、風邪をひきやすい状況が多くなると見込まれます。エネルギーを使い果たしている場合は、それなりに滋養も必要なので、上記のベジブロス用意しておくと便利ですよ。

シローダーラーで何故夏バテが解消できるのか?

2012-09-09

一ヶ月以上続いた30度以上の日々に身体が悲鳴を上げはじめ、朝夕の温度差から徐々に夏バテと言う症状が出始めました。

寝てもとれない疲労感や日中に襲う眠気、だるさや倦怠感、食欲不振や消化不良、気力低下や集中力の欠如などなど・・・。

これらは、いわば脳の疲労なのです。体温調節、発汗、ホルモン分泌、代謝等々特に昨年から今年にかけての猛暑はかつてないものであり、今までの身体より負担が大きくなっていることから、脳の自律神経調整機能はフル回転 という感があります。

体感的には、身体的なものという感じがありますが、寝ても寝ても取れない疲労感は脳の疲労が取れていない証であり、シローダーラーでたった30分間でも脳をしっかり休ませる事で自律神経が調整され、身体の疲労感がすっきり消えてしまうということを多くのクライアントの方が体感してくださっている事が、一つの証明でもあるでしょう。

また、このシローダーラーのポイントとして第三の目といわれるアジナチャクラにオイルを垂らす事で、その深部にある松果体を刺激し霊的な感覚を覚醒させるという、ヴェーダ的な目的もあります。

kadoyasd1.jpg脳と心の休息 シローダーラー。

今年の7月からは特に、シローダーラーのオイルの温度を2度下げることを試みました。

すると、皆さんの眠りが圧倒的に早く深くなりました。同時に、「頭と身体がとても軽くうそのようにスッキリした」「目の疲労までとれた」というコメントが多く寄せられました。

もちろん、アビヤンガなどの全身にオイルを吸収させるトリートメントと併用するのが一番効果的に回復させる方法ですが、このアーユルヴェーダにしかないシローダーラーという特殊なトリートメントは、暑い国インドならではの方法であり、夏バテのような症状に非常に効果的と感じるのです。

そして、最近は常連さんたちのシローダーラー体験後のビジョンや体感に拍車がかかるようになりました。霊的な進化や心理的進化、そして精神的進化を感じます。常連さんたちとは、瞬時に電気的交流ができるため宇宙磁場を形成しやすいのです。

アビヤンガのストロークリズムで呼吸を正し、シローダーラーで静寂の場における統一場(サムヒター)を形成する・・・。目を閉じればそこには境界線は無く、ほたるの光の舞のような点滅。生命体として在る姿を感じるだけ。

日本でこのような体感ができることを、本当にありがたく感じます。この体感があるかないかで、他の生命体や地球、宇宙に関しての感覚が格段に広がるのです。

瞑想が上手にできない、と言う人は是非シローダーラーで瞑想感覚を味わって見てください。心と体が別々にあるということを体感すると、それぞれをもっと客観的に観る事ができ、内観と気付きが深まるのです。

次元上昇と言われる今年、今生の目的である魂の進化を目指す為に、今こそ今までの殻を破るキッカケとして当社のトリートメントを是非受けて見てください。

アーユルヴェーダの風邪対策

急に寒くなって風邪や、風邪に似た症状を起こす人が増えてきました。今年は新型のインフルエンザも流行の兆し、ということで企業や公的機関では予防接種や対策などを流布しています。

アーユルヴェーダでは、体内にアーマという未消化物があるとき、風邪症状を引き起こしやすいと考えます。特に、徹夜仕事や労働時間が長い、過激な運動のしすぎなど体力が消耗しているときに、とんかつや酢豚のような消化に重いものを特に夜遅く食べたりすると、消化不良を起こしアーマの生成につながる、というものです。体質によって、鼻水が多くでやすい人、高熱を出しやすい人、咳が出やすい人、などがありますが、インフルエンザのような強い感染力を持つものは、体力を消耗していたり、体が冷えきったりしていると特にかかりやすくなるでしょう。

@免疫アップに、日ごろから予防

syougajam02.jpg  07amlapowderhp.jpg  netiset.JPG   echinaceap.jpg

しょうがジャム 180g ¥1500   アムラパウダー 100g  ¥1260  ディナチャリヤセット(ネーティーポット&タングスクレーパー) ¥1200

エキナセアティー 18袋 ¥1050 (免疫を強化するお茶。花粉症にもおすすめ)

しょうがジャム新発売。キッチンファーマシー、お料理などいろいろに使えて、美味しく便利! 安心安全の熊本産国産しょうがと沖縄産の粗製糖出作られています。冬に欠かせないキッチン・ファーマシーアイテム。お茶に混ぜても美味しい。

朝起きたら、しょうがジャム小匙一杯にアムラパウダー 小匙1/3杯 を混ぜるか、白湯に溶かして飲む。 → 体が温まり、活力がでてきます。アムラは若返り効果NO1のインドハーブ。

★そのほか、鼻洗浄、お茶うがい、手洗いの励行 が予防の鍵。

A 鼻風邪、咳風邪をひいてしまったら

 ★風邪をこじらせないために入浴時夜洗髪するのを控えましょう。熱い湯で絞ったタオルで頭皮を拭くだけにします。早めの就眠、消化の良い食事、暖かい衣服の着用を。首元を冷やさないこと。

coldcare.jpg   throatcoat.jpg  ayurubarm.jpg

ジプシーコールドケア 18袋 ¥1050  スロートコート ¥1050  アーユルバーム 10g ¥525

全身のだるさや悪寒がするときは、ジプシーコールドケアにしょうがジャムを入れて飲みます。喉の痛みには断然スロートコート。(ティーバック一袋でお茶を2杯とり、一杯は飲んで一杯はうがいに)

眠るときに、胸にアーユルバームを塗ると呼吸がラクになります。節々の痛みや肩・首のハリにも効果的。(インド版タイガーバーム)

B 熱がでているとき

寝ることが一番。しょうがジャムをお湯に溶かして飲むと発汗作用が高まり、楽になります。

 genmaipwdhp.jpg  酵素玄米パウダー  200g  ¥3150

消化の良いスープやお粥などで滋養させます。玄米パウダーをお湯やミルクに溶いて飲むのも負担をかけない栄養補給になるほか、スープやお粥に混ぜるとビタミンやミネラルが効率よく摂取できるので、回復が早くなります。

★ アーユルヴェーダの風邪対策商品はコチラから クリックしてください

花粉症の季節に

2008年、今年の花粉はとても多いそうで、花粉症の人は今からビクビクもの。

<花粉症対策ケア: 眼や鼻の辛さをリカバー アーユルヴェーダの底力>eyepackhp.jpg 目のかゆみやしょぼしょぼ感を軽減!おまけにすっきり!

春は一気に体の中が動き出す季節。また、肝機能も疲れやすくなっているので、アレルギーがおきやすい時期です。
当社では、体質や季節のトラブルを熟知しているので、季節の対策ケアを推奨しています。
花粉症の季節には、アビヤンガという全身へのオイルマッサージでデトックス効果を高め、目のトラブルにアイヒーリングを行い、目元を鎮静&シワやクマに働きかけます。
男性もOK! 3月に受けると4月以降に春先のだるさがでてきません。 
同時に肩や首のつまり、体の重苦しさがすっきりとれます。

クマリン(目のケア)&アビヤンガ(乾布&オイルマッサージ) 70分 ¥16800 (シャワータイムをプラス 30分見てください)

BTLでは、花粉症対策をさまざまな局面からサポートしています。
花粉症になりやすい体質のカパ体質のほか、昨今では暴飲暴食する人が多いため、誰でもリスクがあります。特に毎日アルコールを飲む人や、冷え性の人、揚げ物大好きな人は要注意。

<カパ体質>
ぽっちゃり、皮膚に湿り気が多い、毛深い、目が大きく眉毛濃い、
眠るのが大好き、おっとり、マイペース、人当たりがよいが頑固、
優しい印象、おとなしい、動物好き、食べるの大好き、インドア派

<対策>
★日常ケア
ネーティーポットで毎朝、鼻洗浄しましょう。
花粉症になってしまったら、アロエジェルクリームを鼻腔にぬるとくしゃみや鼻水が軽減されます。
フェレンカ・ローションを顔に一吹き。マイナスイオンバリアで、花粉モードが一転します。
カパティーで、消化を促し抵抗力をつけましょう。

お買い物は、通販ページから。

アーユルヴェーダの<春>対策

だるい、眠い、重い、痒い、 と体調的にはあまりうれしくないのが春。寒さから一転して暑いくらいの温度差や、強風、雨の多さもあり、入学・卒業・入社・転勤等々、忙しさも半端じゃない。なのに体調がイマイチというツライ時期でもあります。

アーユルヴェーダ的には、春は大地がぬかるみ草木が芽吹く滋養に富む季節ということで、カパという水の質が優位に立つ時期です。冬の間においしいものをしこたま食べていた人は、この時期一気に痒みだの鼻水だの、なんともすっきりしない体調となり、欝っぽくなりやすいのも実は春。これも、安定・不動の質であるカパが増えすぎている所以。
朝起きて、なんとなくだるいとかむくみっぽいという人は、未消化物が胃の中ある証拠。舌を見てください。白かったらピンポン。
そういうときは、白湯を飲んで体を動かすこと。少し汗をかくとすっきりしてきます。つまり未消化なものを消化させること。一番手ごろなエクササイズはウオーキングですから、一駅歩くくらいのつもりでいると、だんだん体がすっきりしてきます。
花粉症や、鼻炎等で苦しい人は、とにかく夜食べ過ぎないでください。特にお刺身などの生ものは控え、カロリー軽めの温かいものを食べるようにしましょう。
ヨーグルトなどの乳製品も夜は控え、朝かおやつに。

★この時期オススメは、春の旬野菜:菜の花、たらの目、フキノトウ、小松菜、カブ、など少し苦いもの。
★朝乾布摩擦で代謝を促し、熱いシャワーを浴びると、すっきりしてきます。
★肌が痒いときは、ニームでペーストを作ったり、ニームリーフでローションを作ったりして活用します。(虫除けやノミよけにもなり、赤ちゃんからペットまで使えます)

寒さに負けない体作り

寒いといっても、今年は気温は異常です。地球温暖化に伴い、季節の温度もこれからますます変化していきそうですね。
今までみたいに春・夏・秋・冬というカテゴリーではなく、何度以上湿度何パーセント、何度以下みたいなのが基準になるのかもしれません。
アーユルヴェーダはその基本さえ理解していると、いつどのようなときにでも対応できる「科学」でもあります。だから、温暖化でも対処法を示すことができるのです。
さて、寒さに向かっていく時期ですが、今年のようにアップダウンが続くと、乱れるドーシャ(目に見えないエネルギー)は圧倒的にヴァータ(風)。だから、風邪を引きやすくなったり、疲れが急に出たり、あちこち痛くなったり、ということが多く現れてきます。

そこでの対策は(どれか一個でもいいからTRY!)
@睡眠の質をよくする(短時間でもぐっすり眠る)
A休息をきちんととる
B食べ過ぎない(特に夜)
C入浴で発汗しながらよく温まる
Dオイルマッサージを行う(生ごま油かオリーブオイルで)
E無理をしすぎない

特に12月から1月にかけては、クリスマス、忘年会、新年会と暴飲暴食が続き、おまけに仕事は目一杯忙しい時期ですから、時間を見つけて休む、食べ過ぎた翌日はシンプルに、ショウガを食べる等で消化力をおとさないように気をつけてすごしてください。
毎年花粉症でお悩みの方はぜひ実行してくださいね。
★できれば、12月か1月にパーフェクト・フルコースという浄化を促すトリートメントを受けると、新年を心身ともにすっきり過ごせますのでオススメです。バースデー

夏のすごし方

雨がやむととたんに「猛暑」の気配。今年の夏も暑そうです。
企業ではクールビズ化を薦めているけれど、昔より暑いのは事実。
そこで、「暑さ」を根本から冷ます工夫が必要となります。
夏に弱い、という人は例外なくピッタ という熱性の強い人。
暑いのが苦手で、暑さや熱にあたると、とたんに消耗してきます。
ピッタの高い人の特徴は、「暑がり」「色が浅黒い」「汗かき」「すぐ怒る」「おなかがすぐすく」「仕切りや」「声が大きい」などがありますが、営業の方でピッタの高い人は熱中症にもなりやすいので十分気をつけてください。

<おすすめのクールダウン法>

*食べ過ぎないこと。(特に精のつくもの、カロリーの高いもの)
*緑の野菜を多くとること
*夜寝るときに頭部を冷やす
*呼吸を深くすること
*がんばりすぎないこと
*炎天下で運動しすぎないこと
*日焼けしないこと

そして食事にも注意をしていきます。晴れ

雨季の過ごし方

雨一年の中でも一番「キライ!」といわれそうなのが雨季。地球温暖化もあって、今年の気象は今までとだいぶ違うが、雨季も早くやってきました。
この時期、「だるい」「眠い」「疲れがとれない」「食欲もない」という感覚が強くなり、むくみや冷えも感じやすくなります。
特に女性は、ツライことも多いのでは?急に薄着になったのに、会社では冷房がきいていて、寒いくらい。
雨季は、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)のドーシャ(エネルギー)の全てが乱れやすく、特にアグニ(消化力)が弱まってくるので、食欲不振から代謝力も鈍ってきます。この時期に、肉類や揚げ物、乳製品等の重性のものをとりすぎたり、食べ過ぎたりするととたんにアーマ(未消化物)が生成され、だるさや体の重苦しさを感じやすくなります。
この時期のポイントは、運動と発汗と良質の眠り。適度に体を動かし、汗をかくことで、代謝力を落とさずアーマも消化され、体の不快感がなくなります。入浴や半身浴もおすすめ。よく温まって、夜更かししないようにしましょう。

雨季にオススメのアイテム

むくみやだるさに、トルマリンパワー!
塗っただけで、足や腰が楽になる!ウエストがしまる!顔がリフトアップする、というすぐれもの。
bisekijelhp1.jpg
100g¥3990  250g ¥7980 

ニームパウダー:インドハーブ
皮膚のムズムズや虫刺されなどに役立つインドハーブ
重曹と混ぜて、お風呂に入れたりペットを洗ったり、使い方いろいろ。アトピーの人の入浴にも役立ちます。
100g ¥1260 
ニームパウダー   アロエジェルクリーム
アロエジェルクリーム:アロエヴェラ・ジェルたっぷりのべたつかないクリーム アロマの基材や本格的保湿クリームを作ることができます。 120g ¥3675

★お風呂でしっかり発汗するために、ローズマリー、グレープフルーツ、レモングラスなどアロマバスがおすすめ!

★商品の詳細&お求めはHPから → http://www.BTL369.com