密度が濃いってこと?

2019-05-21

令和になってから、自動車事故とか多くないですか?何の連鎖かわからないけれど、特に高齢者ドライバー事故が増えて、免許の在り方や自動ブレーキの車への乗り換えとかいろいろ言われていますが、こういう連鎖って今までいろいろあったと思います。

これは、電子の密度が高く伝播しやすいってこと。

0518moon.JPG0520flmn.JPG

左は5月17日の十三夜月、右は5月19日の満月で、17日のほうが鮮やかなのは磁気嵐が到達していました。

その日はフワフワした感じがあり、もしかしてと思っていたら案の定インドネシアの火山が噴火していたり、地震も起きたりと、地球への影響があるわけです。

今車はハイブリッド車が主流になっていますが、電気自動車はかなりの電磁場があり、そこに磁気嵐等がくると人間の脳はかなり翻弄されるでしょう。プリウスの事故が多いのは、それだけ多くの人に購入されているということと、人体に帯びる電子の影響があるからでしょう。運転事故が伝播するのは、人間がそれだけ同じような体調になりやすい、と言うこともあると思います。特に高齢者は、反射神経も鈍ってくるから、やはり考え物です。

0519flmnpolin.jpg The Space Weather.comより

ポーランドでは、5月19日の満月に光彩も見られました。この光彩は、花粉などにより太陽の周りでよく見られますが、月の場合の花粉コロナは珍しいとのこと。最近の空は、従来にないものを映し出します。

 

この電子の密度は、「引き寄せの法則」というのがあるけれど、周波数にも結び付き伝播による偶然やミラクルを引き起こすように感じます。

この数年よく感じていたのですが、特に最近クライアント同士の隠れた繋がりみたいなのがすごく多い。

先日、数年ぶりに訪れた場所で、あまりの変わりように迷子のようになってうろうろしていると、「へ―こんなところに美術館があるんだ」と感心していたら、その週にいらっしゃった初回のクライアントの人がそこに勤めていて、翌日にいらっしゃった違うクライアントの人がその隣のビルが勤務先で、関連会社の人だったのにびっくり。

そういうつながりが、何度もあるのです。本人同士は知らないのだけれど、なんか引き寄せている感じがあり、不思議だなあと思うことしきり。

例えばこのブログを読んでいる人たちは、私の怪しい発信に引き寄せられるということは多々あるのだけれど、最近のようなあまりの偶然が多すぎる場合は、何と説明してよいか・・。

でもこれも必然であり、宇宙のなんらかの意図なのだと思うのです。そういうことが、周りで起きていませんか?

今年は、昨年とは違ったモードです。何か変化をさせたかったら、とりあえず動く、外に出る、行ってみる、という行動をしてみると、違ったアイデアが浮かんだり、出会いがあるかもしれません。

令和初の満月は、電子に満ちていた・・。この電子を、よい方向に取り込もう!

 

今夜はHeaty Party by Mariya Takeuchi 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16125421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)