春分、満月、スーパームーン、そして桜開花の四重奏

2019-03-21

5月並みの暖かさの春分の日の今日は、満月でしかもスーパームーン、そして桜開花宣言が東京で出された四重奏のような日。まるで四つ葉のクローバーのようですが、これも凄い意味を持っていることがわかります。

0321spmn1.JPG0321flmn2.JPG

この波長の長い剣のような光が、今日の満月の特徴。

さらに、昨日から太陽がCフレアを数回噴出しており、スーパームーンも相まって地球の磁場は、かなり攪乱されています。

A0314naganosaiun.jpgB0316aurolanorwy.jpgC0318spainrenzcloud.jpg

A:3月14日長野県に出現したパステルカラーの彩雲。

B:3月16日ノルウエイに出現したオーロラ。

C:3月18日スペインに出現した、奇妙な形のレンズ雲。

昨年から、空に出現するさまざまなものの色や形状が見たことのない状況が多く、地球を取り巻く磁気圏の変化が感じられるのですが、それは地球そのものが大きく変化していっている証拠のようなものかと・・。

 

sunflair2grnlnd.jpg

これは、グリーンランドの氷の中に3000年前に巨大な太陽フレアが到達した痕跡をスウェーデンの地質学者が見つけ、サイエンスニュースで発表されたもの。

3000年前に巨大な地震があったことは、中国でその痕跡が見つかっています。今でも海中や地中に巨大な遺跡があちこちで見つかったりするのも、このフレアの影響ではないかと予測されます。

あの4大文明が歴史の中で忽然と消えているのも、この宇宙の出来事に由来しているかどうか、今後徐々に明らかになっていくでしょう。何しろ、この時の太陽フレアは、現在の10倍も強力というからX10みたいなものかもしれません。

0309calfnaspbloom.jpg

3月9日、カリフォルニアの砂漠地帯で起きた豪雨・洪水のあと、一面が花に包まれたブルーム現象。

昨年から、この砂漠における洪水のあと花だらけのような現象は、今まで想像もつかなかった地域でよく起きています。

花は、葉の付き方、花の形、花芯におけるまで、完全に秩序を持った幾何学の形をしていますが、これは周波数であり、さらに色、香りという波動を出しています。このブルーム現象は、ただ「きれい!」なのではなく、この植物が生えることでその場所の波動を修正しているのです。

今読んでいる辻麻里子さんの最新著書「藍の書」で、まさにそう書かれており、改めて自然の営みの素晴らしさと、地球を一番痛めつけているのが人間であることを思い知りました。

辻麻里子さんは、いわゆる一定の星のチャネラーではなく、彼女が受信する宇宙の情報をきちんと解説し、形にして情報として残す使命のある方でした。次元を自由に行き来することが出来る「自由度のある電子」と称され、まさに今の時代にこの本を残すために遣わされたのでしょう。

また、もうすぐアーユルヴェーダを卒業しようとしている私にとって、あらためて「宇宙哲学としての生命の叡智」をさらに上級編として知らせてくれているようで、あまりのタイミングに唸るばかりなのです。


ある人が言いました。「人間の細胞は、3か月くらいでリセットされているのに、なんで記憶と言うものが残るのだろう?それは脳だけでなく、体の隅々の細胞が記憶しているんではないか?」と。

思念や思いとは、まさに電波なのです。よいことも悪いことも考える回数が多いほど、アクセスが多くなり、それがアカシックレコードに刻まれる。相手の思いも読み取る。シンクロが起きる。呼び寄せる。

私たちの記憶は、脳に蓄積されているのではなく、海馬体に思考や思い出をアカシックレコードから引き出す電信機能が(磁力)が備わっているからなのだと、認識が変わっていくと思います。

以前、神レッスンを受けていた時に、彼らは言葉にしない思念も読み取り、頭の中に否定的なことや疑いをもっていることまで見抜かれて唖然としたことがあります。つまり、思考そのものと行為や言葉は常に一致していることが大事で、まさにゾロアスター教の三原則「よい思考⇒よい言葉⇒よい行動」ということ。思念は電波になって、伝播していくことがわかり、私たちが飛ばす本当の思念の周波数によって、そのエリアの周波数が決まるという訳ですから、今の地球に住む人類の思いを観れば、地球の状況がわかるというもの。

今回とても感じたのは、この辻さんのような本は世界に出ないだろうということ。なぜなら、私たちの話す日本語特に天皇が使う「やまと言葉」に重要なエネルギーがあり、この本を真から理解することができれば、宇宙に関して大きく体感できるようになるでしょう。

私は、なぜ太極拳をするたびに、日々体感が違うのかがよく理解できるようになりました。同時に、アマテラス祝詞を唱えながら行うと、全身に電気が通るのは光通信のようなものだったのだとわかりました。

stargate.JPG 辻麻里子さんの著書「22を超えていけ」より転載。

これは、スターゲートの図。今日と言う日が四重奏だったのも、この重ねがあるという導き。太陽フレアは、そのススミを進めるためのジェット噴射のようなものです。

明日から、そして元号の変わる4月から、さらに新天皇誕生の5月から、それが重なっている日本から、新たな扉開きが始まるのでしょう。それは、一人一人のススミからと同じに。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16098951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)