赤い月のアラシ

2018-07-29

28日に日本に接近した台風12号は、今まで見たことのないUターン行動をとって、関東上陸から九州へと迷走中です。東京は思ったより雨も風もひどくなく、台風一過も見込めて再び暑さの中に引き戻されました。

そして土曜日28日は、満月と皆既月食でしたが、雨で見ることができず・・(日本からは皆既月食みられないそう)

A0727redmoongreece.jpgB0728redsuncalfna.jpg In Deepより転載

A:7月 27日ギリシャで見られた皆既月食のレッドムーン。

B:7月28日カリフォルニアで見られた赤い太陽。(花札のよう)

Aの皆既月食によるレッドムーンは自然現象ですが、Bのカリフォルニアの赤い太陽は、山火事の影響によるもの。ギリシャでも未曾有の山火事が起きており、世界各地で山火事と洪水のアラシでカオスになっています。

Haarpに代表される気象兵器を持っている国は多くなり、電磁波による気象操作のほかに地震や津波、台風、大雨など自在に操れるようになり、地球が本来持っている電離層の役割が、めちゃくちゃになっているのかもしれません。→ これを見てください


0728fujisancloud.jpeg7月28日の富士山の笠雲。

富士山をすっぽり覆うような笠雲が出現し、象徴的な感じがします。先週、「日本昔話」のナレーターでおなじみの常田富士夫氏が亡くなられましたが、数日前にニュースになった、息子の同級生である年下夫を別の年下愛人と共謀して殺害した三重県の45歳スナックママは横山富士子。何か富士の名前がちらつくな、と思っていたらこの笠雲で、今日は富士山で警備に当たっていた人が、山から下りられなくなり亡くなっています

先週、相撲で御嶽海が優勝しましたが、長野県出身で御嶽の名前がついており、長野と岐阜を挟んだフォッサマグナの活性が気になっていたのですが、どうやら富士の系列で「暗雲」が立ち込めるようです。

31日の火星接近は、一つの大きな節目となるでしょう。

0723ccwiltshire.jpg

7月23日、イギリス ウイルトシャーに出現したクロップサークル。

私には、ドアに思えました(または蓋)。8月1日より大きく変わる地球や地球を取り巻く環境、次元、意識、情勢はこのドアを開いた人と開かない人では大きく異なる・・それがどんどん具現化していく今年の下半期。日本の神々のエネルギーが宿る富士山は、観光客増大で怒りの山となり、神々の雲隠れ⇒象徴的に見せている。

先日洪水の被害が甚大だった山陰地方や四国には、台風でダブルパンチとなりましたが、いろいろなものの見直しと、再生に向けてのリセットという日本の縮図的なものを感じました。関東だけまだのうのうとしていますが、時間の問題と思います。関東は多分地震と思います・・。


8月も猛暑が続くようですが、熱中症になりやすいのは温度よりも高い湿気だそうで、暑い中扇風機だけで過ごしていると湿気が取れず、やはり熱中症になるそうですので、気を付けて下さい。冷房が嫌な人は、ドライに設定して、扇風機を回すとよいでしょう。あと首元に保冷剤を入れたタオルを撒いたり、頭を冷やすなど、保冷剤を有効利用しましょう。

kaseijin.png 火星接近に伴い、火星人が遊びに来るかもしれないので、いつ来てもよいように、おもてなしの準備をして備えておきましょう 猫 多分冷たいモノや水気が好きじゃないかもしれないので、おせんべいがいいかも。


Save our Ship by Yuming それぞれの光目指し・・



この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15985391
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)