シローダーラーが夏バテに効く理由(わけ)

2018-07-06

今年の梅雨明けは、例年になく早いものでしたが、間髪をいれずに例年になく早い台風上陸によって、今週は日本列島特に西部が集中豪雨に見舞われています。

先週の日曜日には35度近い夏日だったのに、昨年に続き今年の天候不順も厳しいものになりそうです。

 

★熱中症対策 

水分補給、塩分、クエン酸、高温の中に長くいないこと、発汗、睡眠、頸部と頭部を冷やす、食事を適切にとること、


シローダーラー

今年の夏も高温が予測されているので、いつも以上に熱中症対策が叫ばれていますが、エアコンに慣れた日本人は「暑さ」にも「寒さ」にも適応力がなくなってきており、余計弱くなっていることは否めません。

そして、夏は冬以上にばててしまう「夏バテ」症状が顕著となり、<だるい、眠い、力が出ない、食欲がない、眠りが浅い、疲れが取れない、やる気が出ない>というぐったりとした日々になってしまいます。

こんなとき、トリートメントなら全身のオイルマッサージであるマルマビヤンガが最適と思われますが、実はこの夏バテの正体は「脳の疲労」が原因。

熱帯夜などが続くと眠りが浅くなり、さらに外と室内の温度差から、体温調節のために自律神経が亢進し、脳はそのコントロールにとてもエネルギーを注ぎます。寝ているうちにも発汗させたり、冷えすぎないように毛穴を閉じたりと体温調節にも忙しく、そのようにエネルギーを使っていても、栄養価の足りない食事をしていると、栄養不足になって脳の疲労が増してしまうのです。

そんな時、適切な温度(これは企業秘密)で行うシローダーラーで熟睡し、脳をしっかり休ませることができると、ほとんどの人は「空腹」を訴え、食欲が回復してきます。しっかりした食事をとることができれば、体の疲労も脳の疲労も回復し、体温調節や睡眠等の自分コントロールがしっかりできるようになります。これは、体と脳の要求を自覚でき、そのように行動しようとする客観性がでてくるからです。心の要求やエゴは、自分の体を無視しがちですが、自分を本当に心身ともに生かそうとすると、心より体の方が正直でエゴが作る無理な負荷には様々な症状でNOを言うことに気付くでしょう。

そんな自分の脳と体の橋渡しがシローダーラーです。

 

★今年の夏は特別です。5月から土星や木星が地球に最接近し、7月31日には火星が最接近することから、地球規模でも大きな影響を受けるでしょう。実は脳もその影響に晒されます。落ち着かなくなったり、イライラしたり、めまいや耳鳴り、鼻血、頭痛など、磁場的な影響を強く受けますから、脳と体の判断が大事になるのです。

ここで起きる世界の自然現象は、一つの大きなメッセージととらえてください。地球の気持ち、宇宙の気持ち 人間は、天と地の間に立つ存在。どちらのメッセージも受け止めることができる存在。シローダーラーは、そのセンサーを磨く唯一のトリートメントです。

ぜひ、当社のシローダーラーを受けて、観じてくださいね。 (2019年6月末まで実施します。)

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15972681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)