反転現象続出

2018-05-27

先月末の満月から、一気に反転現象となることを観じていましたが、出てくる、出てくる、闇を照らしだす光の現象が、続々と現実界においても表われています。

日大アメフトの反則タックル問題は、実は相当に根が深く、誰も知ることのない闇が潜んでいました。まさに闇に充てられた光。そうして、自らの非であると謝罪した反則当者の宮川選手に対しては、被害者側のお父さんから「宮川選手が無事に復帰できるように応援」として、光から光へのエールが送られています。

 

0524spriteokrahoma.jpg

5月24日、オクラホマ州で観られたあざやかなスプライト。こんなにはっきりしているのは珍しいそうで、UFOのようにも見えます。

先週、太陽付近で何らかの巨大な爆発現象が報告されましたが、惑星Xが近づいたときの磁場による反発現象ではないかと感じます。地球の磁気フィールドには、おそらく凄まじい量の電子が集まっているのでしょう。

地震も相次ぎ、日本では25日の長野県地震がおき、その後沖縄、北海道まで伝播しているようでした。どうやら、本当にフォッサマグナと中央構造線のクロスラインの発動が始まっているようです。

太平洋の中心であるハワイ島のキラウエア火山の噴火による溶岩流出は止まらず、予測のつかない事態になっているようですが、この流れにも大きな意味が含まれています。

 

そして、今回自分にも大きな反転現象が起きました。まさに昨年におきた出来事の反転。でもこれは、一つの大きな「投石」であり、反転現象の意味をとらえる重要な機会でした。そこから先へと向かう、一つの起点でもあり、来年に待ち構えている大きな転換へのステップとしての布石でもあります。

つまり、今から準備せよ、というサインと受け取りました。

そこで今日は、またまた大掃除。少しずつですが、事務室の書類や不要なファイル等をごみ袋一つずつを目安に処分しています。おかげで、大分すっきりしてきました。

確実に、新しい流れは来ています。

先日、新規でいらしたクライアントの方が、取引先のお子さんの中に「見えないものが見える」子供たちが多くいて、「何ででしょう?」と聞くので、「クリスタルチルドレン」「レインボウチルドレン」世代と告げました。昔であれば、そういう人は「変な人」として敬遠されていましたが、今は不思議なことに同じ感覚を持つ子供たちが、友人としてクラスに数名いるという現象。つまり、完全にグループソウルとしてやってきているわけですね。そうすれば、孤立せずむしろ共感し合って、周波数を上げていくことができます。

そういう子たちの親として、どう接すればいいのか困る、と言うので、「何も心配いらない。むしろ親たちの古い価値観で子供たちを縛るのではなく、彼らたちの価値観から学ぶことがたくさんあるはず。もっと古い世代の祖父・祖母たちの価値観に押しつぶされることのないように、間に立って擁護してあげてください。」と伝えました。

私は、インディゴ・シニアとして、自分たちの世代が確実に自立した感覚を持ち、自分の人生をしっかり引き受け、意識をしっかりもったまま成就できるように、自らの行動を持って発振していきたいと思っています。

6月、この反転現象が確実に表の面として機能してきます。米朝首相会談が本当に成就するのかどうか、その極みになるでしょう。

皆さんの人生も、もう一度とらえなおして観る機会に・・。

 

アルクトウルス人より人類へ → ここに書かれていることが全て腑に落ちるのであれば、完全に宇宙の波動が理解できる状態になっています。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15949961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)