ボルテックスを通過する旅

2018-04-24

なんか今月は本当に凄すぎて、日々階段を昇るような感じに過ぎていきます。

先週の大浄化は、やっぱり今回の旅のためと、間違いなく言えます!

今回の旅は、神戸在住のSさんに会うため。Sさんとは二度目の対面なのだけれど、最初にアーリオーンの関係で当社にトリートメントに来てくださり、ものすごいエネルギーシェアをして、メル友になっていました。

それから3年たち、「ぜひこっちに来てください」と言われ、ようやく実現できるようになったのが今年。

今月はものすごいエネルギーが渦巻いているのだけれど、大浄化の後、クライアントさんのしりとりのような来所や連絡があり、「つながり」というのを強く感じながら出発。

kannouji.JPG koshikiiwajinja.JPG

最初に訪れたのが、アマ族である籠神社宮司海部氏の娘として生まれた真井御前(厳子姫)が淳和天皇に見初められ側室になったものの、人間関係に耐えられず出家して空海の弟子となり、空海が真井御前にそっくりな弁財天(如意輪観音菩薩)を彫りあげ、空海に剃髪してもらいその像に入滅した翌日に空海も亡くなる、という純愛ストーリーがちりばめられている神呪寺(左写真)。

一度訪れてみたいと思っていたので、実現できてとても嬉しかったです。神呪寺は甲山の中にあり、この周辺には巨石が多く、UFOもよくみられる山だとか。岩を祀る越木岩神社にも訪れ、最初からパワー充電です。

 

翌日は、ご主人が運転する車で奈良まで連れて行ってくれました。

Aisonokamiushi.JPGB0422isonokamijg.JPGCfurumori.JPG

日本で最初にできた石神神社(いそのかみじんじゃ)へ参拝。ここはスサノヲ(フツ・布津)と息子ニギハヤヒ(フル・布留)が祀られています。スサノヲのシンボル牛と、ニギハヤヒのシンボル金の鳥(ここでは神の使い鶏)がそろって、ほんとに「こけこっこー」と何度も鳴いてくれました。

ここは二度目ですが(12年ぶり)、今回はもっと念入りに探訪するために奥まで進むと秘密の森が。結界をはってあるので、ここで儀式をするのでしょう。すごいエネルギーに満ちていました。

そしてさらに農道を5分ほど歩くと、目的地に到着!

takahashi.JPGmyroots.JPGfurutakahashi.JPG

「高橋」という姓が最初にできた由来が、この布留の高橋。万葉集に初めて「高橋」という名称ができて、天地を結ぶ橋=高橋 という姓ができたと、NHKの「日本人のお名前」と言う番組で紹介され、私の高橋姓が渡邊紋(お皿にお団子三つ=オリオンの三ツ星)であり、その由来を辿るとニギハヤヒを祀る高橋神社(和歌山県)にたどりつき、ニギハヤヒ(アマ族)のつながりを知っていたのですが、この「布留の高橋」を知った時に、どうして私が「高橋」という名のもとに生まれたかを身を以て悟りました。この名でないと、ここまで来ませんものね。

つまり、自分が生まれる時に、ニギハヤヒの追っかけ=本当ことを知らせる=アーリオーン達からの誘導によりかれらのことを知り=人生の目的としてこのテーマを持たされていた、ということに気付き、この三ツ星を持つ高橋姓の元に生まれること、今生の父母を選んできたことに改めて感じさせられました。

mitsutorii.JPG Sさんと大神神社入り口の三つ鳥居の中で。

その後、大神神社に行きましたが、ここはニギハヤヒが大物主として封印されているので、石神神宮のような強いエネルギーは感じられず、早々に帰宅して「関東風お好み焼きパーティー」をしました。


そして、最終日。午後から帰ろうと思い、午前中に近くの巨石がある森林公園に行きたいと申し出て、ドライブ・・・すると、目的地について私が車から出ようとすると車がまだ動いてしまい、転げ落ちて左足が後輪のタイヤに挟まり・・「痛ーい!止まって〜、止まって〜」と叫び〜、少しバックしてようやく足が抜けました。

『やばい、骨に異常あったらどうしよう、帰れなかったらどうしよう』ととっさに思ったものの、冷静に患部を観察。打ち身、内出血、擦り傷、を確認して、持参していたラベンダー、ティートリー、ペパーミントの精油を駆使して応急処置し、薬局で大き目の絆創膏と湿布薬を購入してとりあえず様子を見るために、帰宅しました。

Sさんはその日出かける前に私にエネルギーを入れてくれたのですが、帰ってからずっとヒーリングをし続けてくれました。


実は、この旅行の時に新しい靴を買いたいと思っていろいろ見ていたのですが、「これかなあ、ちょっと予算オーバーだけど」と思っていた靴があって保留にしていたところ、旅行の二日に急にたんすの引き出しをあけ、一つの袋を取り出すと、その中に古いパスポートと新品のドル札、古いイラン札、インドルピー札などがでてきて、自分でもびっくり。翌日ダメもとで両替場にドルを持っていくと現金に換えてもらえて、保留の靴をゲットしていました。(ほんとに記憶がなく、動かされた感じでした)

靴はウオーキングシューズなのですが、ちょっと厚みがあるので、暑いかなあ、冬向きかなあなどと思っていたのですが、さすがにメーカーさん。しっかり作ってあったのです。だから、かかとの部分にも厚みがあって、タイヤが乗ってしまっても保護してくれていました。

1時間もすると、精油と湿布とヒーリングの効果が出て痛みが消え、足首も回すことができ、骨折もヒビも入っていないことを自分で実感し、靴も履けるほどペパーミントの効果が出て、無事帰ることができました。

二日たっても貼れも痛みもなく、擦り傷だけがある程度です。

でもこのアクシデントは、Sさんご夫婦にも私にもショック療法となり、カルマ浄化になりました。きっとアーリオーンは、「転んでくれ〜ちゃんと無事にするからね」とプランをしていたのでしょう。

これで、無事に今回のテーマであった、一つのドア=ボルテックスを通過しました。Sさんも私も、もう人生でやり尽くしたと感じていたので、早い卒業を望んでいたのですが、最後の仕上げとしてテーマをもらったようです。

すべては、天にお任せ。自分で人生決めているようで、決めさせられている。歩かされている。そのことがわかると、楽になります。でもそこでやるべきことに気付かなければ無責任なだけ。

私、アクシデントが本当に多いのですが(ユヅ君のように)、でも災い転じて福となるような感じで、学びの種なんですね。

さて、来週はゴールデン・ウイーク。今年のGWは、ちょっとカルマ落としが多いかもしれませんね。気を付けて、愉しんで、気づいて、行ってらっしゃーい!

 

DESTINY by Yuming あ〜なつかしー。青春時代のチクチクな歌。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15932371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)