新月の大浄化

2018-04-16

今日の新月から、ふたを開けて飛び出す4月本来のエネルギーが噴き出す!

しかし、その威力がこんなにすごいとは・・と感じさせてもらった今日でした。

A0409anzaboregoparkcloud.jpgB0413russiasun2.jpg

A:4月9日アメリカ、コロラド州に現れた赤いレンズ雲。ブリオッシュのよう。

B:4月13日、ロシア北部で観られた四角い太陽。冷たい大気のためと思われるが、原因は不明とのこと。

相変わらず、空の異変と空模様は続いています。今まで見たことのない、雲や太陽、オーロラなどの情景。

地球が刻々と変わっていっている証拠ですね。

 

その大きなターニングポイントになっていたのが、4月16日新月。

15日の日、トリートメント中に猛烈な眠気が襲ってきました。「これは!」。こういう眠気がくるときは、たいていお客様のほかに別の何かがいらっしゃるとき。以前はよくいたのですが、最近は全然だったので、おっ!ときました。

過去に一番強かったのが、ホスピス勤務の看護婦さん。頼りたい霊がたくさんいたのでしょう。次は、スピリチュアルにはまる(依存性のある)人たち。ヒーラーさんというのも、その感受性からウオークインされる人も多く、繰られる場合もあります。

今回は後者のようでした。それほど強くはなかったので、やんごとはなくすみましたが、夕食に食べたものの組み合わせが悪かったのか、深夜になって嫌な予感・・・。これは来るかな?

そして、来ました。過去にアーユルヴェーダの浄化療法(パンチャカルマ)であるヴァマナ(催吐法)やヴィレーチャナ(寫下法)を受けたことがありますが、あの時をほうふつとさせるような浄化。

トイレに駆け込むこと10数回。時々こういう浄化は3.11のあと起きていましたが、規模が違いました。

ヴァマナの時は、甘草を中心にしたハーブの煎じ液を5リットル以上飲まされ、その気持ち悪い味に滝のように吐く、と言う行為を10数回30分以内に繰り返す、という荒行のような治療法で、終わった後フラフラになった記憶があります。でも翌日の心身ともの爽快感は味わったことのないレベルで、スロータスという管を洗い流した、という感覚が強くありました。肌もツルツルになり、悪いものを全部出したという初めての経験でした。でも辛いので二度とやらなくていい、とも思っていました。

さてその組み合わせの悪い夕食は、というと、スーパーで見つけた「ワカサギ」を天ぷらにし、消化のために大根とわかめのサラダ、蒸し豆腐、みそ汁というものでしたが、春と言う季節(カパが増える)、疲労があり消化力がおちていたのと、消化の悪い魚の天ぷら、さらに水性の強いサラダの組み合わせ、新月のバイブレーション、霊的憑依が重なり、一斉浄化に向かったと予測されます。ワカサギの天ぷらは大好きで、時々作っていましたが、今回のようなことは初めてでした。

あと、今週末から神戸へアーリオーンの縁者の方に会いに行くのですが、その時空海や真井御前ゆかりのお寺に行ったり、神社に行ったりというスケジュールがあるので、その前の大浄化でもあったかもしれません。

ただ今回の大浄化は、上へと行くエネルギーと下へと下降するエネルギーが同時に体の中で動いたため、ものすごい力を使っていたので、体力やエネルギーの消耗がひどく、時々気を失うかのような感覚がありました。

「あ、老人の孤独死の死因には、こんなこともあるなあ」と感じさせられ、これも一つの体験。

立つ、ということもエネルギーを必要とし、歩く、動くという自然動作も、その力がないとできない、というような疑似体験もしました。

やっとの思いで、ごみ出し、片づけをすませ、倒れるように眠って、朝起きると1.5キロの減量。水分が不足していると思い、コップ二杯の白湯を飲み、様子を見てみると少し空腹感がありました。

negikayu.JPGtororosoba.JPG

朝は、断食しようと思いましたが空腹感があるのと、午後仕事があったので「ネギ粥」。その時、「胃粘膜を回復させるのに昆布!」と思い、いただいた利尻昆布でだしをとり、梅干しで塩味を補ってネギたっぷりのお粥は、お腹にすとんと落ちました。でもやはり消化機能は弱っていて、8時間たってもあまり空腹にならなかったので、夜はとろろそば。青菜として青梗菜を使い、ネギとトロロイモだけなのですが、私は過去にエネルギー切れして消耗しているときに、トロロだけは胃に入れることができて元気になっていたので、これにしました。すごくおいしく食べられて、さらにお餅も一個追加で食べたほど・・。

消化力が落ちているときは、やっぱり穀類の炭水化物が役立ちます。

この浄化のあとですから、トリートメントはヘロヘロかな?と思いきや、手のフリダヤ・マルマからあふれるエネルギーは熱気となり、ものすごいエネルギーが通り抜けているのがわかりました。

新月の扉をあけたあと、どんな展開になっているかわかりませんが、更なるエネルギー感知のための旅であることは確かでしょう。愉しみに行ってまいります!

 

14番目の月 by Yuming

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15927401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)