2018,幕開けは快晴&スーパームーンとともに

2018-01-03

新年あけましておめでとうございます。

年々、1年の速度が加速しているようで、激動の今年はさらにあっという間に過ぎるのでしょう。

今年は、穏やかな快晴の元旦から始まり、2日の午前2時30分頃にはスーパームーンの大きな満月が昇るという、縁起の良い幕開けになりました。

01supermoon.JPG 0103moon.JPG今月は31日も満月、しかも皆既月食のブルームーンだそう。

左は、ちょうどその時間偶然に月を見ていて撮影したもの。右は、3日午前零時に撮影したもので、冴え冴えしている光が映っています。

スーパームーンの時は地震があるぞ、と思っていたら震源地東京湾沖で震度3の地震発生。まさに激動の予告編ですね。

昨年は国内・外問わずの荒ぶるニュースが飛び交いましたが、今年はもっと「えーっつ!」と今までの常識や思い込みをひっくり返すようなニュースや出来事が続出するでしょう。なぜなら、昨年は陣痛、今年はいよいよ出産のプロセスを経験するような新地球です。(産まれるのは2020年)

 

2008年を最後に、30年以上行っていた神社めぐりを終了したのですが、今年は従妹の家で元旦を過ごし、面白そうな「鬼鎮神社」というところへ詣でました。

kichinjinja.JPGonigawara.JPGkanabo.JPG

鬼を鎮めるこの神社は、節分の時「福は内、鬼は内、悪魔外」と掛け声を唱える、日本で唯一の神社だそう。日本では、悪者は「鬼」にたとえられますが、時に鬼は改心したりするので、それ以上の「悪」に「悪魔」がでてくる稀有な神社です。

屋根には文字通り鬼瓦(でもかわいい)、そして「鬼に金棒」の金棒。なんだか今年は、「最強のタタカイ」になりそうですが、金棒を得て威嚇もできるのでしょうか。おみくじは中吉でした。

そして今年は私にとって、人生ラスト・スパートの年になります。中学の時陸上部だった私は、長距離が得意で特にラストスパートが強かったのです。でも今回のスパートは、景色を見ながら楽しく駆け抜けたいと思っています。

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

 

LOVE STORY by Namie Amuro  

Cause life's no love story  安室ちゃんは、バラードもとても上手。人生のすべての経験がしっかり歌に込められています。  

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15860906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)