奇跡のトンネル

2017-08-08

0808flmoon.JPG8月8日満月、部分月食、そしてライオンゲートの日。

台風の影響もありながら、雲の隙間から満月がその輝きを見せてくれました。

昨日は立秋。そして今日の満月、さらに部分月食という奇跡の組み合わせは、22日の新月そして皆既日食という重なりを伴って、奇跡のトンネルのようなエネルギーの流れを作ります。

8月に入って、地球磁場が急速に高まっているというニュースを知り、いよいよ本格的変化へ動き出すと感じました。すると、こんな写真も登場。

0731twosunazoles.jpg

ポルトガル圏にあるアゾレス島に出現した、太陽に似た何か。(アースカタストロフ・レビューより転載)

これが、惑星X(別名ニビル)なのかどうかはわかりませんが、タイムリーなメッセージもありました。これにより、地球に引力が強くかかり、磁場が急速に強くなったと考えることが出来ますが、同時に周波数や振動数も変化していることでしょう。

そのためか、世界の天変地異も加速しており、今日の満月ではかつて大地震のあった中国四川省で、マグニチュード7.0の地震が発生し、日本では異常に遅い速度のUターン台風5号の大雨洪水、イタリアナポリで摂氏55度の猛暑、アメリカオクラホマ州で巨大竜巻発生と、あちこちで大変なことになっています。

私は、今回の台風は(なぜか一度に5個も発生したり)、昨年同様Uターンをする不自然さを見て、もしかしてこれは人工台風で気象兵器として北朝鮮をターゲットに実験しているのではないかと思ってます。何せ、太平洋で作られるので、通り道として日本を経由するのは否めませんが、その規模や影響を実験的に見ることが出来るので、表立った戦争に持ち込まず脅しや破壊するための手段として、台風、地震、火山噴火、竜巻などを人工的に起こす技はHAARPやCERNで実験済みでしょう。

当然これは、アメリカだけでなく、ロシアや中国でも研究されているので、サイバー攻撃同様応酬戦になることも否めません。でもやりすぎると磁気圏が崩れ、地球本体が壊れてしまいそうですね。

だから、多くの人の覚醒が急がれているのです。

 A0804ccwiltshire17.jpgB0805ccoxfordshire17.jpg

A:8月4日イギリス、ウイルトシャーに出現。 B:8月5日イギリス、オックスフォードシャーに出現。

今年のクロップサークルは幾何学的なものが多いのですが、先月パーフェクト・マカバのようなものが出現したなと思っていたら、今度も地球コアからの磁場や結晶のようなものを感じられる作品。特にBの中に8面体がありそれが太陽で、この中のものがすべて立体に構成でき、さらに4つの星(地球、月、シリウスA,B)で囲まれる今日のゲートの事を顕わしている感じがします。

5日の日はかなり脳や心臓がアタックされていて、かなりの衝撃を観じていたのでした。

 

そしてシンクロや奇跡が半端なく起きています。

クライアントさん同士のシンクロ、そして私にまさかの奇跡(しかも今年の8月1日からの施行だって)。

さらに宮崎県からいらっしゃる常連さんの出張先が群馬県岩櫃の吾妻。なんとここは、私の伝統太極拳師匠の先祖である吾妻流忍術(真田丸忍者の系統)の拠点で、目が点になってしまいました。彼女はここに出張で来るたびに、帰りに当社に通ってくださっていたのでした。宮崎県の人には、とても縁あるし。

ライオンゲートの前に、こんなにもてんこもりのミラクルを味わい、このトンネルは「奇跡」という感覚で通り抜けるんだと確信。それは、自分自身の感覚や思いを精査することでもあります。

皆さん、Are you ready?

そういえば、Bのサークルはスカイダイビングをしている人たちにも見えますね。そんな感じで通り抜けていきましょう!

メアリと魔女の花 by Sekai no Owari. 忍びの国の後見に行こうっと。

 

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15750001
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)