夜明け

2017-05-28

5月26日の新月は、マヤ暦でも「新しい時代の夜明け」とされ、全く違う地球になっていくドアが開かれた日でもあります。

A0525ccwiltshire.jpgB0525moskowkumo.jpg

新月前日の25日、Aはイギリス、ウイルトシャーに現れたクロップサークル。Bは、モスクワでの不思議な放射線状の光。このクロップサークルは、十字の上に冠がありキリストを連想させます。あるいは、北に注目と言う意味かもしれませんが、この本当の緯度がわからないため方角はどこだかわかりません。しかし、極の真の姿が徐々に解明され、南極にはエジプトと同じ3つの巨大ピラミッドがあって、昨今はこんな記事も。

0527masacstaurola.jpg

明けて、27日マサチューセッツでは、こんな空が。もしかして、次元が変わるとこんな空がアタリマエになるのかもしれませんね。次元が変わる鍵は、やはり電子かも。

 

いろいろな人が、26日からの新しい時代を説いていますが、それはまず自分刷新から始まるようです。

先週、何気なくスツールの引きだしを整理していて、母の形見のアクセサリーを眺めていました。すると、一粒のダイアモンドのネックレスがあり、ずっとしまっておいたのですが、自分が生きているうちにつけておこう、と思い立ちつけてみました。ダイヤモンドがちょうど喉のチャクラの所に来て、何か強力なパワーを感じました。

そのチャクラが大きく開く感じ・・。すると、26日まさに「桶狭間の戦い」があり、私は一つの区切りを決めました。

言いたいことは言った。すると、相手の考えていることがすべてわかり、決断を下しました。英語が話せて、お客様に受けがいい私への嫉妬から来る、完全なるモラルハラスメントでした。すると、「あっ!」と閃くことが。そうか、そういう事ですね。またもやミッション終了。

それは仕事先でのことでしたが、そこの三代目社長を目覚めさせることが私を呼び込んだ初代女将(もう亡くなっています)の願いだったのです。奇しくもその日、40年ぶりにここへ来たお客様がおり、その先代女将の思い出をたくさん聞かせてもらっていたのです。(注:社長にモラハラされていた訳ではありません。)

アーリオーン達に背中を押されて外に飛び出たのは、そもそもミッションに気づくためだったようで、ちゃんとそれを見つけて行動できるか、という卒業実地試験でした。ぬくぬくと、愉しんでいるばかりではダメで、ちゃんとストーリーを見ていくこと、の大切さ。まさに、気付きです。

ミッション1の長堀優先生は、精力的に海人族の歴史を勉強され、実地に赴かれています。そしてミッション2でも、仕事先のメンバーに刺激を与え、成長を促すことができました。

新しい夜明けとなり、これからさらに周波数が上がっていきます。ちょうど、高速エレベーターで上階に行くと景色が違って見えるように、これからいろいろな事が急激に変化していくことでしょう。

おりしも、経済の仕組みが大きく変わる状況を聞いたばかり。これを知る人はまだ少なくて、実現されれば極端な貧富の差がなくなり、銀行強盗もいなくなる。その仕組みを考えたのは、まだ十代の男の子だそうで、クリスタルやレインボウ世代の天才脳がこれからどんどん発揮されていくことでしょう。新しい地球の礎はこうして作られていくのです。

旧い考えや習慣に固執している世代は、これからどんどん隔離され、この新しい仕組みについていけず、右往左往してしまうでしょう。また、新しい仕組みを理解できない世代は、グループになって看取りあえばいい。

私もさらに断捨離しなくちゃ!

水色 by UA  夜明けを感じさせる歌。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15687211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)