周波数アップ

2017-05-15

実は13日〜14日にかけて、九州博多方面に大きな地震があると、予測されていましたが難なく過ごせ、ほっとしました。(そのかわりミサイルが飛びましたが・・)

しかし、前回のブログにも書いたように、空にはいろいろなサインがあって、私たちにしらせてくれているのですが、11日満月&ウエサク祭の月の輝きは祝福のようなヴァイブレーションで、地球の周波数がどんどん上がっているようなのです。  

0511uesakuflmn.JPG5月11日の満月。

そして、とうとう空がこんな色に。

Ananbeisaiun.jpgBvetnamhalo2.jpgどちらも地球の記録ーアース・カタストロフィーより転載。

A:5月5日チリに現れた彩雲すぎる彩雲。

B:5月14日ベトナムに現れた日暈すぎる日暈(ハロー)。ベトナムでは滅多に現れないそう。

あまりに、人間社会が危機的な状況になってきているので、地球号はそのススミを速めているかのよう。すると、宇宙や知的生命体に関するこんな記事や、あんな記事がでてきて、このブログを古くから読んで下さっている人は、「アーリオーン・メッセージ 旧魔女のひとりごと」の過去記事で私がのたまってきたことに、ようやく時代が追いついてきたことがわかると思います。

 

今日、再放送ですがNHKの「日本人のなまえ」シリーズで、「高橋」の回を放送していました。私は自分の家系のルーツを調べて、ニギハヤヒを祀る和歌山県の高橋神社にたどりついたのですが、日本で一番古い「高橋」は、石上神宮にある布留の高橋という橋が由来だそうで、石に刻まれた万葉集の歌がありました。

万葉集 巻十二−二九九七 詠み人知らず
-------
石上(いそのかみ) 布留(ふる)の高橋 高高(たかだか)に
 妹(いも)が待つらむ 夜(よ)そ更けにける
-------
【意訳】石上の布留の高橋のように、高々としきりにあの娘が私を待っているだろうに、
      もう夜は更けてしまった

布留とは、ニギハヤヒのこと。石上神宮は、ニギハヤヒと彼にもたらされた十種の神宝が祀られている場所として知られていますが、まさかここにたどりつくとはビックリポンです。

布留(フル)は、ニギハヤヒが降ろした死者も甦るというひふみ祝詞の最後に、「ふるべゆら、ゆらゆらとふるべ」と言うくだりがあるように、非常に高いバイブレーションが込められているこの祝詞を何回も唱えなさいといっているのです。

高橋は、最初に天皇の料理番を務めた人が「天皇(神人)の橋わたし」として高橋姓を名乗ったそうですが、この場合の橋は箸にもつながるのでしょう。さらには、天と人を結ぶ橋渡しの役割として、神官が多いそうですが、私の高橋家は家紋が渡辺星で、邊がつく姓は籠神社の海部族の由来であり、まさにアマ族、それもスサノヲを長とする出雲族の流れなのです。(高橋の紋はほかにもたくさん在り。)

watanabebosi.jpg三ツ星はオリオンの三ツ星であり、アーリオーンのサインも∴です。

数ある転生の中で、地球最後の転生先としてこの高橋姓に生まれる必要があったことを、しかも私の両親の元に生まれなければ、今の私はなく、ニギハヤヒのおっかけなどしていなかったでしょう。アーリオーンからのメッセージを託されることもなかったでしょう。

しかも、この同じ家紋の家に嫁ぎ、出戻ったのも私にこれらのこと全てを気づかせるためだったと思います。

今生、あまりに人生にドラマが多すぎて、普通の人には到底理解されないことも多々ありますが、この人生ゲームはあともう少しで上がりになるでしょう。だって、ちゃんと気づけたのだから。

今日の日を境に、私はさらに原点回帰を果たすべく、これからを過ごして行きます。周波数上昇にちなんで、イメチェンしましたので、会いに来てくださいぴかぴか(新しい)

ORION by Mika Nakashima

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15676956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)