母と父の名において

2017-04-17

ピンクムーンが明けて、慌ただしいニュースが駆け抜けました。世界をきな臭い匂いでいっぱいにするかのように、「想像できうる展開」が始まり・・・ 米国シリアでサリン、アフガニスタンでMOAB(Mother Of All Bombs)投下、北朝鮮ミサイル発射するも失敗…凄いモードになってきたものです。

 

A0405indianight.jpgB0407hyouchinakiyo.jpgC0415iranflood.jpg

A:4月5日インド、ニューデリー近郊の町ですさまじい落雷。

B:4月7日中国南部で洪水。

C:4月15日イランで洪水。

天空の様子もすさまじい。イランは乾燥地帯なので、洪水になるほど雨が降ること自体珍しいから、やはり地磁気との関係があるのでしょう。

と思っていたら、今日のIn Deepさんの記事を読んで、「あ、こういうことになるのかも」と気づいた次第。

4月13日アフガニスタンに投下されたMOABは、何かと象徴的なモチーフの多い北緯33度線であり、さらにユーラシア大陸最大の断層とプレートの交差する場所だったそうで、地下組織を破壊できるほどの爆力の威力を綿密に計算した上で投下した可能性が高いそうです。それがもたらす影響は、断層を活性させ、地震や天候異常を引き起こし、人や町に壊滅的な被害をもたらすことを目的にしているとしたら・・。

核爆弾ではない、このすべての爆弾の母と呼ばれるMOABの威力を見せることで、カリアゲ国だけでなく、周辺の国へも威嚇することができるわけですね。(こそこそ、せっせと海に基地を作ってしまった隣国の努力も、一発で終わりにすることができるぞ、とかね。)

湾岸戦争の時に、多国籍軍参加でクラスター爆弾を見せられた時、核よりも進化している武器を創りだしていることを知った時の感覚を思い出しました。これからは、洪水や火山の噴火も武器として促し、その場所を壊滅的な状況にさせる作戦は、もしかして3・11で実験済み、という予測もたってしまいます。

すると、「こっちは父だからな!」とでもするように、爆弾の母以上の破壊力を持つ、爆弾の父FOAB(Father Of All Bombs)をロシアもすでに持っているそうで、何かあったら日本は全く勝ち目などなく、ひとたまりもない状況になることを容易に想像できるわけです。

狂った指導者たちが君臨する世界は、日本も例外ではなく、先の全く読めない状況になってしまいました。

 

さて、ここで不安いっぱいになるか、宇宙人が助けに来てくれると思うか、そんな事態は絶対に起きないと信じ込むか、祈りまくるか、人それぞれに意識が違うでしょう。

昨今、結婚したがらず、家族や子供も作らず、出来るならば働きたくもない・・という意識を持っている若い人が増えているそうですが、確かに今までは「それが当たり前だから」「皆そうしているから」「そうしなければ家系が絶えるので」と言う意識で、慣習になってたのだと思いますが、もし自給自足的に食料や住居、エネルギーが確保できれば、無理してどこかに属してお金のために働く事などしなくなるでしょう。それは、夢が持てない国になってしまったのもあるけれど、若い人が洗脳されず「おかしいと気づき始めた」からなのだと思います。

結婚しなくても好きな人と一緒にいたいときだけ居て、子供が出来たらみんなで育てて、自由な時間が持てていれば、もっと大きな家族となり、全体性になっていくでしょう。縄文時代はそうだったようです。

つまり、今までのパターンを根本的に覆す時期に来ている。そのために、根幹から変わるための流れになってきている・・私はそう感じるのです。

NHKの大河を見ていて気付いたのは、世界中の戦国時代は「領地争い」のために行われ、その時に「争い」の意味や意義を魂に刻み、魂の成長を促し、小さな場所の争いから大きな国同士の争いに移行し、さらに大きな視点や意識を目覚めさせていくときの流れだったと、感じました。転生組は、そのカルマや傷あとをチクッとする痛みで振動し、さらに様々な出来事を通じて大きく成長していき、この地球での卒業式に臨んでいるのが今だと思うのです。戦争は領地争いから経済戦争となり、誰が一番権力や権威を以て支配しているか、の目に見えない構造のため、一見平和に見えるのが今。でも決して、穏やかではなく。

今はみんな自分に集中する時です。今に集中する時です。先を夢見るではなく、明日ガラッと何かが変わっても、自分の内面だけは何も変わらないように、コアに集中して体幹(大勘)を鍛えるとき。真の瞑想とは心が揺らがないことですから、集団瞑想よりも今は自分に集中してください。

世界平和 by Sekai no Owari  このメンバーはみんなシリウス系のスターチャイルドですね。

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15653381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)