NEXT STAGE

2017-03-20

今日は春分の日。そして、本当に波動が変わりました。

数日前から眠気が強くて、昨日はトロトロで、今朝はいきなりポカをやらかし・・。その時に、「あ、タイムラインが変わったんだ!」と実感。暖かく、穏やかな日でしたが、明日は少し嵐らしい。

0320kinseishine.jpg地球と太陽の間を通る金星が太陽に最接近し、虹のオーラをまとう。(Space Weather.com より)

この10日間は、本当に不思議な流れでした。何と説明したらいいかわからないけれど、意識の感覚が凄く変わったというか、拡大したというか、さらにやたら忘れ物が多かったという・・(泣) 半分抜けてる感じ。

 

日本は確実に春の気配を感じるけれど、同じく桜で有名なワシントンでは記録的な低温のため桜が半分開花できない状態だそうです。ここのところ、異常気象だけではなく、火事や爆発事故などが世界的に多いですね。

こういうのも共時性になってきていると思います。

共振共時する今は、悪いことだけでなくよいことも伝播するでしょう。だから、一人一人が大切になっています。

世界最古の宗教であるゾロアスター教では、「よい思考、良い言葉、良い行動」の三原則をあげていましたが、確かにいつも向上的に思考していると、言葉はポジティブになり、行動も活性します。反対に、ネガティブな思考に溢れている人は、言葉使いが否定的で不快であり、行動も人から嫌われるような態度が多くでます。思考形態は、生育歴から養われますが、途中でそんな自分に嫌気がさして修正する能力を本来は備えているのですが、その行動やきっかけをつかめないと、そのまま人格として形成されていき、いわゆるサイコパスという人格障害になったりします。

言葉は本当に大切。その人が日ごろ、どういう発言やアクションをしているかを観察すると、本質が見えてきます。そして言葉の前に思考、その前に意識、その前に無意識(本質)があり、この無意識の状況(周波数)によって、反対に意識→思考→言葉という周波数を拡大させていくプロセスで、意識の段階で同じ周波数を持っているとシンクロが興り、無意識の段階だとテレパシーが通じていきます。

今までは、人の言葉によってその人の考え方を知り、性格等を観ていたりしましたが、今はそれらを一気に飛び越え、意識と無意識の状況で共振するかどうかで観じあうと、思考や嗜好の傾向が同じであり、同じ言葉を使いあう等の同調性がでてくるので、お互い探り合ったり、演じたりする必要がなくなってきます。これがまさに5次元の世界です。一致しているので全てが早く、行動も目的も成就する。それが何人も集まるから、大きく成就する。これが宇宙の秩序です。

スピリチュアルの名で、いろいろなメッセージがでていますが、一つ非常にネガティブな波動がでているものがあり、どうも読み進めることが出来ずにいたものがあったのですが、そのコンタクティー自体にアクシデントが起こり、「闇側のもの」ということが暴露されていました。そのメッセージを崇めている人もいましたが、「同調感」を観じていると、憑依に近いウオークイン状態になっていたようです。→ これを参考に

 

私はピッタという火の質が高いせいか、母に似て怒りっぽいのですが、それが嫌でいろいろ修行しました。でもどうしても私を怒らせたいと天が働くことが多く、ありえない事態に遭遇し、怒り狂うという経験をしたことがあります。その時に、初めて自分の中のエネルギーの強さと大きさを感じ、そこで出てきた行動力と思考能力、隠れていた自分の潜在能力に出会い、びっくりしたことがあります。思えばずっと親に抑圧されていたので、しまいこんでいたエネルギーだったのです。そしてその時に起こした行動は、問題を一気に解決する方向に進み、私にとって次のステージへ進むためのチャンスとなりました。

そして、アーユルヴェーダを学び、自分の体質を知った時に、この強い「怒りのエネルギー」を、物事を改善する大きなエネルギーに転換しようと決意し、爆弾ではなくジェットエンジンになろうと生きてきました。

武術気功や瞑想、太極拳のおかげで滅多に怒ることはなくなりましたが、先月久々に怒り心頭となり、しかし冷静に行動しました。私を怒らせたのはサイコパスの人だったので、通常の介入は無意味ですが、実はこれにカルマが絡んでおり、『カルマを解放せよ』というテーマでした。(理不尽な出来事が起きるときは、そういうテーマの場合が多くあります。)

そこで私はとても冷静に実質的に行動し、しっかりと言うべきことは言い、ある決意を固めました。このカルマは、(戦国時代の)多くの人が絡むものだったので、個人と言うより一族のものが固まっているために、複雑ですがそれをちゃんと修行として事前に訓練してくれていました。(今になって、よくわかります。)

今までその恫喝的な態度で、多くの人を支配下に置いていたサイコパスにとって、私のような動じない人は(しかもおばさんで)初めてだったと思います。だって私、これでも心理士だもの。しかも本当に強いし。(伝統太極拳を習い、実際の攻撃法を学んでいることはとても大きい。本当の攻撃をしなくてもディフェンスができる=相手の動きを観る感覚を学ぶという事がこれほど大きく心理に作用するということを、改めて感じています。)

問題を起こすたびにそのサイコパスは、寝込み、熱をだし、体が痛み、動けなくなるという洗礼を受けています。本当は蚤の心臓なのでしょう。恐怖心のない私のオーラは、その波動を跳ね返しているというわけです。自分が出しているネガティブなエネルギーを自分が浴びているだけ。自家中毒状態。

そして、とうとう今日からステージが変わりました。さらに周波数を上げていきます。あのね、自己覚醒って、別に賢者になる必要などないの。自分をとことん知る、という事が大切なの。そのために、感情的になってもそれは自分を知る手掛かりになります。むしろ、それを悪いこととして抑制したり、瞑想して心が動かなくすることばかりに気をとられていると、憑依されたりするのです。 → これを参考に

自分の周波数を上げていくには、自分の核を知ることが一番。そのためにいろいろな出来事が起きて、今までとは違う自分が出てきたとしても、それは本質を知るための宇宙の仕組みでありタイミングと捉えて、殻を抜け出してください。いよいよ蝶(トンボでも、セミでもいいから)になっていきますよ〜 シュワッチ!

Indigo Waltz by Toshinobu Kubota

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15628296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)