11.22から11.23ひふみゲートを開けるのはニギハヤヒ

2016-11-22

1120coronahall.jpg11月21日に地球に到達する大きなコロナホールからの今年最大の磁気嵐。

ロシアの情報サイトSPUTNIKから20日に流れた情報です。直撃されるフレアと違い、磁気嵐はじわじわくる感じで、耳鳴りや頭痛、吐き気やふらつき、めまいなどに注意とFBに情報を流したら、20日の段階で感じ取る人がたくさんいました。20日に回転性の地震があり、3.11のときも二日前の9日に今まで感じたことのない回転性の地震があり、気持ち悪いなあと思っていた所3.11が起き、今日は福島沖でマグニチュード7.4の地震があり、津波も到来。

奇しくも3.11と同じに、一か月ほど前にニュージーランドのクライスト・チャーチでマグニチュード7クラスの地震があり、同時に南米もゆれていました。3.11の時は太陽Xフレアが頻発し、そして今日は磁気嵐の到来。あまりに、3.11と似た光景にこの地下の海底のプレートのつながりが危惧されていますが、警告等はなかったのです。

そして今朝の、6時56分。発表では59分ですが、56分に起きています。そして今日だけで50回以上揺れている・・日本気象協会。 覚えていますか? 3.11が14:46分。阪神淡路大震災は、1月17日5時46分。6と言う数値が偶然すぎるほど入っていて、666のいるみサインを思い出しますが、さらに11.22というエンジェルナンバー、そして今日はニギハヤヒの命日と彼を敬う新嘗祭。昨日、次期天皇の期待の高い、秋篠宮の子息が乗る車で事故があり、人工地震を疑ったらきりがないほどの偶然性が感じられますね。

1122jisin.jpg

人工地震を疑うには、トランプ氏との会談、オバマ氏からの無視、プーチン氏からののらりくらり、朴政権の不正と政治的な意図が目白押しですが、もはや地球自身と太陽系ルールにのっとり、次の段階へのススミへは一目瞭然です。また、23日に日本にマグニチュード7.0以上の地震が来る、と予言していた人もいたので、計画とも受け取れてしまいます。

今やHAARPやCERNに追従する気象操作機器、人工地震機器はアメリカやロシアだけでなく、いたるところに出来ていて、もし第三次世界大戦があるならばそれは核ではなく、このようなEMPを含む電子装置(宇宙にまで設置)で一瞬にして終わるような(人も場所も一瞬で壊滅)武器を備えているため、地球そのものと偉大な宇宙の試験である人類の滅亡に関して、宇宙連合も相当に眼を光らせているためか、UFOの目撃情報がとても増えています。

 

そして今晩も11時ごろ、回転性の地震があり、10分近く長く揺れていました。関東もかなり危ないかもしれません。昨夜は、なんだか寝付けなくて、ずっと目が冴えていたのですが、地震直後に爆睡状態になりました。

到来する多くの磁気が地球内部を刺激し、地震等でクラッシュして、そしてフラットになるのでしょうね。

眠れない、眼が冴える、興奮している、イライラしている、という意見が多くあり、地震前に動物や虫が異常行動を起こしますが、私たちもようやく感知できるボディに変身してきているようです。特に女性のほうが、受信力が高いので、勘が冴えるでしょうね。電子、恐るべし。

まるでページをめくるように、日々刷新されているのを感じています。自分自身の意識も、上へ上へと上昇しているようで、過去に遡るのを不快に感じ、日々新しい感覚や思考を手に入れています。それでも、現実社会へ繰り出す時そのギャップがあるのですが、その架け橋になるような意識を培うレッスンなのだと、今は感じています。

今日の地震で覚醒する人が増え、この周波数についていけない人はどんどん落ちこぼれていくでしょう。まるで振い(奮い、震い、揮い)。旧い(古い)思考しかできない人は、ついていけない世の中になります。

トランプ氏が大統領就任になって第一にやることはTPP脱却、と言っていましたが、ブラボーなことです。彼もフリーメーソンに違いないですが、やり方が違うのでしょう。日本があれほどアタフタとTPP可決を決めようとした矢先、決められない状況が重なりました。

宇宙のやり方は実に見事。適材適所に、適任者(いい悪い関係なく)を配置し、まとめたり、抑えたりするだけでなく、破壊者も置いて徹底的に変えてしまう、という事もやってのける。スピ系の人は、「いい人ばかり」を称賛するけれど、シバ神もような役割も変化には大事なわけです。

ちょうど真田丸で、戦国時代を終わらせるために家康が「砲丸」を入手し、一気に真田丸を破壊して終わらせるように。豊臣秀頼と真田幸村がいくら、優秀な武将でいい人でも、彼らがいては戦国時代は終わらなかった。

一つの時代と流れを変えるには、「破壊」が3次元では有効なのでしょう。でも5次元以上になったら、意識変化だけでいいので、今が地球最後の破壊時期(磁気)なのかもしれません。ニギハヤヒとスサノヲ親子の最後の仕上げは、23日のひふみから。

このスパイラルな揺れは、次元のトンネル。胎動のように、身を任せ、次なる場へと到達していきましょう。

(29日の新月まで、注意していきましょう。)

Time Shower に打たれて by Toshinobu Kubota  彼のサウンドはまるで電子のよう・・。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15526171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)