十六夜スーパームーン

2016-11-15

1116supermoon.jpg今日のスーパームーンは、十六夜です。

昨日は雨で見られなかったスーパームーンも、今日は出始めに大きな姿を見せてくれました。光の強さやまぶしさがやっぱりすごい。貴重な瞬間でした。

満月と地震は、引力の関係でよく取りざたされますが、スーパームーンの前日の13日に、ニュージーランドでマグニチュード7.8、フィリピン沖、アルゼンチンでマグニチュード6,0クラスの地震が発生し、日本でも岩手や今日は関東が揺れました。

今年は世界で大きな地震が続いているせいか、最近「いつ何が起きてもおかしくない」という人が増え、むやみにおびえる人が少なくなってきたのは、慣れもあるのでしょうが、覚悟ができてきている感があります。

満月時には、車の事故が多いと言われますが、最近高齢者の運転による過失事故が続き、多くの犠牲者が出ているのも象徴的です。車の運転は、やはりある程度年齢制限をするほうがいいでしょう。年を取ると判断力や瞬発力が鈍るだけでなく、眼や耳、運動神経などの劣化があり、一度にいろいろな感覚を必要とする運転は難しくなっていきます。→リタイア組はさらに劣化が顕著になりやすく、ずっと仕事をし続けている人は病気でない限り急激には劣化しません。

都心は交通網が発達しているので車なしでも可能ですが、車がないと移動手段のない地方では、なにか代替案が必要でしょうね。→ これも変化を促すサイン。

 

Alight-pillarrussia.jpgB1110yamakage.jpgどちらもアース・カタストロフ・レビューより転写。

A:11月6日、マイナス31度のロシアに出現した光柱。ものすごい幻想的です。

B:11月10日、アメリカ、コロラド州に出現した、山の影が夕日で反転して天に向かって写りこむ珍しい現象。

2016年は、とにかく空にいろいろ不思議な現象が現れていて、まさに宇宙電子のなせる業、を観じます。

 

11月は、本当にいろいろな人にいろいろな事を観じさせているようで、それだけでもいかに宇宙からのダウンロードが進んでいるかがわかる感じ。感じ取る人は、今までのように情報や常識に縛られず、「自分の感覚」を頼りに行動するようになってきていて、確実に変化してきていることを実感しています。

そして世の中の動きや出来事を見て、やはりきちんと考えるでしょう。日本でも小池百合子さんの選挙戦、そしてその後の行動を見て、多くの人が政治に関心を持ち始め、しっかり見定め始めているのは大きな進化です。

これから、アメリカの行方が注目ですが、破天荒な大統領が誕生すると世界がどんなふうに揺らぎ変化していくのかを観る機会になるでしょう。

次のゲートが11月22日になりますがスパイラルの加速が始まっており、一度にいろいろな事が起きたり、瞬時に対処出来たり、という過密さがでてくるでしょう。ちょっと緊張の必要な時期ですが、これも自らの「瞬発力」「秒速判断力」「感情でなく理性処理」という宇宙脳力がはぐくまれる時です。

それだけ、時が早く進んできているということなので、何事も先延ばしせず「今、この時」にやるようにしましょう。その先のスケジュールが過密なので、一つ済ませると次々に新しいことや、「やっておくこと」がくるので、大掃除も早めがいいかもです。

今年の12月は例年以上に早く過ぎるので、スケジュールを詰め込みすぎないように気を付けてくださいね。

風邪やインフルエンザ、そして肺炎になりやすいマイコプラズマが流行っているので、気力、体力、脳力を充実させて、この11月の山場を乗り切っていきましょう。

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15520341
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)