らせん状のゲートの中で

2016-11-09

ブラックムーンで終わった10月が「初まりの始まり」と書いたら、11月はまるで今たくさん地球に降り注いでいる火球を送る隕石の中を、らせん状に突き抜けているようなチューブ状のゲートをくぐっている感覚があります。

uchuspiral.jpgこんな感じ。

世界の状況を見てもわかりますよね。韓国の大統領のスキャンダルや、明日のアメリカ大統領選にまつわる負のエピソード、フィリピン大統領の外交術等々・・。

1101anigoueffectfrance.jpg11月1日フランスで見られた、山の幻影をスクリーンのように映し出した夕日。

そして今日は、博多の駅前で巨大なシンクホールが開き、北海道の登別温泉にある大正地獄では湯泥が10メートル近く噴き出て、まるで凹凸、陰陽のような現象が起きていました。福岡では地震も報告されており、熊本地震における活断層の活動が未だ止まっていないことを示しているかのようです。(大正地獄という名前の場所でまるでふたが開いたような現象は、何か象徴的。)

博多のシンクホールは、近くの地下鉄七隈線の工事によるものと言う見解をしめしていましたが、七と言う数字と隈=熊=球磨=九真(魔)=クマ=神が結び付きます。(ある地方では、神々しいことをくまくましいと言ったりします。)九真であれば、九の数秘を持つニギハヤヒ。九は救(急・球・宮)に通じ、11月11日のイレブン・ゲート、14日の満月、そして自らを祀る新嘗祭の11月22日に向かってさらなるスパイラルを辿って行くのでしょう。(ニギハヤヒを祀る唐松神社のある秋田で竜巻も増えていますね。)

つい先日も、どこかの高速道路にクマが立ち入り大騒ぎになっていましたが、今年は人と格闘したり傷つけたりして暴れるクマが多く出てきており、単なるエサ不足ではない出現の仕方を感じていました。いよいよの現実世界の「初まりの始まり」です。

 

この凹凸、陰陽のらせんゲートは、日常の中でもネガティブ・ポジティブのような現象として感じられるでしょう。私自身も、「エッ?」と驚くような現象がここのところ続き、過去のスパイラルを見ているかのような感覚がありましたが、以前なら怒ったり不安に襲われたり感情が揺さぶられたであろう出来事に対して、全く動じない自分の心や感情を見つけることが出来ました。これはまさに、伝統太極拳で培われたもの。ビックリです。

恐怖におののかず、周囲に巻き込まれず、扇動に引き込まれず、軸がぶれない感覚。以前なら烈火のごとく怒る場面の時、くっとお腹に力を込めて深く息を鎮めるとその状況から脱することが出来ました。ただ、つーっとこめかみから一汗流れてきたとき、「怒りの感情は出てこなかったけれど、ピッタの熱は発していたんだな」と苦笑。戦いの時、感情に身を任せていては、すぐ相手に見抜かれて急所を突かれてしまいます。

太極拳でゆるゆる動くのは、ポーカーフェイスのごとく、相手に動きや心を見抜かれないことも大事という技。目を動かすだけで、次の攻撃がわかるという本来の武道の実践を知ると、スター・ウオーズのヨーダが説いた「フォースを使え」という意味がよくわかります。相手の挑発に乗らない、という姿勢が大事なわけです。(のってしまったら周波数を合わせてしまう事なので、自分の波動が落ちてしまいます。)

攻撃=真理への道標は、全く別の所にある。それには、自分の役割を十分知ることが大切。今のアメリカ大統領選は破れ鍋に綴蓋のような展開ですが、そこには何の新しい世界は見出せません。つまりはそういうこと。

もう世界の政治の世界が刷新されることはない、ということ。全く違うステージになっていくということ。自分はその新しいステージを観じられているか、ということ。それを、自らの行動として顕わしていくわけです。

 

今の次元上昇のエネルギーは女性パワーの台頭を示していますが、新都知事の小池百合子氏の当選後の短期間での活動はかつてない目を見張るものであり、それまでの腐敗政治が見事に表面化されています。それに反して、男性エネルギーの劣化とともにおかしな事件が多く興っていますが、古い周波数を強く残している男性たちが新しいエネルギーに対応しきれず狂気の行動に陥るパターンが見て取れます。(特に高齢者)

人が年齢を重ねてその過年とともに誰もが成熟していくわけではありません。過去の栄光にしがみついたり、誰かに依存してばかりいたり、自分の頭で考えず人の意見ばかりに従ったり、ということが今までは多かった・・それは、時代であり、情報量であり、その当時の役割であり、魂の成長のスケールなので、新しい年代の人たちとは相いれないことが多いのです。

私たちは、その年代ごとに魂の成長度や人生の在り方を、若い人たちから見つめられている・・そういう自覚を以て、自らを律しながら自分の人生を全うしていく。50代になったら、そういう感覚を以て、生きてほしいですね。

この11月のスパイラルゲートを見事潜り抜けた人は、2017年の全く新しい世界を観ることになるでしょう。(潜り抜けられない人は、退行していきます。)

そして、10日のアメリカ大統領選の結果によって、世界がどう変わっていくか(駆け引き)しっかり眺めていきましょう。

未来へ by ナオト・インティライミ  彼は宇宙魂ですね。インディゴだわ。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15513711
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)