アーリオーンに見守られて

2016-10-23

先週、長崎からいらっしゃる常連さんから、珍しい海産物のお土産をいただきました。とても食べきれる量ではなかったので、ピヨ(前世の娘)たちと一緒に食べようと連絡し、22日お好み焼きパーティーをすることに。

その時、北斗七星からやってきた宇宙孫へのプレゼントとして「宇宙絵本」を持って行こうとアマゾンで検索し、「ぼくはうちゅうじん」と言う本を選んで購入しました。(中身は当然読めません)

bokuwauchujin.jpg絵も内容も、大人も楽しめる本でした。

奇しくも21日から22日にかけて、オリオン流星群が降り注いでいる日。

その絵本を開くと、なんと一ページ目に「冬の輝く星座はオリオン座。真ん中の三つの星はオリオンのベルトと呼ばれ・・」 その本全体はオリオン座のことが書かれていて、目が点になりました。

eyecontact.jpgsakutacchi.jpg

宇宙孫の朔ちゃんは、会うのが半年ぶりだったので人見知りで最初泣かれたものの、じーっつといつまでも見られているうちに、笑顔を見せてくれてテレパシーが通じるようになりました。つかまり立ちをする時期ですが、まだ立てずにいたのですが、「こうやって立つんだよ」と伝えているうちに初めてのつかまり立ち成功!

実はこれで初めてのたっちを見せてくれたのは二人目。立ち方がよくわからないでいるだけなので、具体的に教えてあげるとちゃんと立てるのです。

1022okonomiyaki.jpg本格的でしょ。これを見て、「あっ!あそこのお好み焼き」とピンときた人は、ピンポンです!凄い上手にできて、本当に美味しかった!

 

実はこの日、ものすごい幸福感に包まれていて、現実に孫を持つ人たちの気持ちを感じていましたが、ピヨ達の住む公団の玄関先でこけてしまいました。ちょっと躓いたときに、履いていた靴のマジックテープがはがれ、重たい荷物を持っていたのでそのまま前にのめってしまい、あちこちすりむいて。

ピヨの所ですぐにラベンダー精油を塗ったら、あっという間に血もとまり、傷口はふさがりましたが、実はこの靴でこけたのは2度目。これは警告だと、直観しました。

その靴が危ないことと、その日デトックスもあり、前日の鳥取大地震が宇宙からのメッセージであること、オリオン流星群とはオリオンのエネルギーが降り注いでいること、つまりはアーリオーンからのメッセージが届けられたことを観じました。

オリオンゲートが開いている・・。扉が開かれ、帰路への道のエネルギーが注がれている・・。地球全体が刷新中であり、特に日本は最初に刷新される場所であるということ・・。

この日を選んだことと、プレゼントの絵本はまさにアーリオーン達がいつも見守ってくれていることを再確認させてくれるのに十分でした。

そして今日は、もう冬の匂いがしました。寒暖の差が激しい今、季節は地球の揺らぎを示すがごとく、様々なことが不安定なことを知らせています。

今回の鳥取地震は、活断層ではないところで起きたそう。つまり、安全な場所など今はどこにもなく、いつでもどこでも何が起きてもおかしくない状況であること。それが、新たな地球への生まれ変わりの現象であること。その地球号とともに歩く人たちは、ちゃんと気づき周波数を上げているので、恐怖に陥ることはないこと。

鳥取では、地震雲がちゃんとでていました。あの日テレビで「ピロン、ピロン」という緊急地震速報がなりましたが、いざと言う時は何もできず家具を抑えることが精一杯です。その結果は、その人の今生の人生シナリオの通りとなる・・。少しでも明るい未来を思い描ける人であれば、突破していくでしょう。

なので、今この瞬間、少しでも最良の時間を増やしていくことを糧にできれば、それぞれの扉はすんなり開いていくことを観じてください。

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15497971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)