美しい月を過ぎて・・

2016-09-19

15日の中秋の名月、17日の満月と、お天気が危ぶまれたもののきれいな月を眺めることが出来ました。

雲が多かったので虹暈もでき、これでまた一つのゲートが開いて次にススムというサイン。今回のゲートは揺さぶりが強かったので、何か大きな展開があった人も多いかもしれません。

そしてまた台風16号がやってきており、浄化のアラシになるようです。

A0913typhoonkumohkg.jpgB0915flatsunsetdenmark.jpgどちらもSpace Weather.comより。

A:台湾や北朝鮮、中国におびただしい爪痕を残した台風14号による香港の雲。9月13日のもの。

B:9月15日にデンマークで見られたUFOのような夕日。これは、大気の温度差によって出現する。

 

ヒラリー死亡説、影武者出現、CGI演説、が囁かれているアメリカで、またもテロ爆破事件。これはおそらく、ヒラリー氏の問題を逸らす作戦でしょう。

豊洲問題は暴露が進み、かなり深いところまで切り込まれるようです。これを機会に膿は徹底的にだされるといいでしょう。レンホーさんはやっぱり工作員のようですね。いきなり中国歴史問題を提言と言う、呆れた人でした。これも、ミンシントウの本態がどんどん暴露されていくための配置と感じます。

世界が変わる・・ということは、私たちの見る目や感じ方が変わり、本当に望む世界へと変えて行こうとする力から生じるものというのを、今まさに見せられているわけです。

パラリンピックは、人間の可能性や本質を、オリンピック以上の感動を以て伝えてくれました。これも、意識進化の開示であり、本人たちが覚醒すればどんな障害があっても、力を発揮できるという証だと思います。

そして今アニメ映画の「君の名は。」が大ヒットしているそうですが、監督の新海誠氏は第二の宮崎駿氏と言われるように、大いなる存在が宇宙のしくみを報せるべく彼に思念を送っているようです。「君の名は。」はまさにツインレイのことを描き、彼の過去の作品の中に在る「星を追う子供」では、アガルタの世界をシンボリックに描いていました。 → アガルタや日本の神話、世界の神々などがでてくるところは、やはり古い魂の方だと思います。

こうやって、最適な時期に、最適な人がでてきて、問題を突破する活動をする・・・ライトワーカーや光の戦士と呼ばれる人たちですね。そういう人が出て来たのに気付いたら、人任せにするのではなく、自分は何ができるか、何をやりたいか、を感じるようにするといいでしょう。アクションを起こす方法はいろいろです。

★今この大きな変換期に、「粗い波動は嫌だから」「気持ちが暗くなるから」とニュースや出来事から目を逸らせている人たちは、本当のライトワーカーではないでしょう。事実を知り、その問題点を考え、改善策を作っていく・・今この訓練中だということをお忘れなく。

地球に電子が降り注ぐデータを人間の聞こえる音に変換させたもの (レスター大学の宇宙研究センターに所属するアンドリュー・ウイリアムズ氏によるもの) 森の音がしますね。脳が刺激されます。

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15467341
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)