ワ(和・輪・環・倭・吾)のあらし(嵐・新し・洗し・荒し)

2016-08-21

オリンピックもとうとう閉会式。夜中の放映のため、連日寝不足の人も多かったのでは?明け方まで見入ってしまうほど、今回も日本人選手の活躍は素晴らしかったです。

特に感じるのは、日本人選手の場合は個人力もしかりですが、団体での力の発揮具合が素晴らしかった。

特筆すべきは陸上で、個人ではメダルを取ることが出来なかった選手たちが4人そろって銀メダル。一瞬ですが、ボルト選手と並んでいた時は、目をこすりました。男子水泳400メートルメドレーリレーで金メダルを取った所から始まり、体操男子、卓球男女、バトミントンダブルス、柔道、女子レスリング、そしてシンクロナイズ・スイミング、男子陸上400メートルリレー等々。

特にシンクロは、デユエットで「風神雷神」、団体で「アマテラス」と、AMA族を意識する曲で舞い、スサノヲパワー全開の井村コーチに率いられて、銅メダルと同時に水着についていた三つ巴と全く同じ台風まで日本に呼び寄せてくれたようです。三つ巴は、まさにスサノヲの印。同時にミロクというニギハヤヒのパワーも入っています。この演目で、日向族と出雲族の和解を促すかのように、日本列島は雨・風の浄化と、連日の地震も加わって、新しく生まれる感覚・・まさにシンゴジラ状態ですね。

スサノヲの荒ぶる御魂の周波数を持つ人には、ちゃんとサポートが入ります。井村コーチの話では、中国でコーチを要請されていたロンドンオリンピックの時、偶然に送迎バスの中で今のシンクロ・デユエットの二人の選手と3人きりになり、率直に演技の感想を言わせてもらったとき、「神が言わせたとしか思えない。神がこの子らを、最後にメダルを取らせるために私を日本に復帰させてくれたんだと思う」と、述べていました。

もともと日本選手には日本文化の表現をさせることが多かった井村コーチですが、今回「日本の神」にこだわったのは、そういう奇跡的な体験が数々あったからだと思います。

そして、それを幕開けにとうとう日本列島の立て直しのため、浄化のアラシがやってきた・・・そもそも、関東を中心にやってきて、九州の方に南下する台風なんて、今まで初めてです。(4個目もまた出来たそうだけど)

0819pinkdragonfly.jpg8月19日に和歌山地方で撮られた、ピンクのトンボ。

北海道では、台風以前に低気圧の影響で7月から豪雨が続き、今回の台風でも河川の氾濫や洪水等にみまわれ、今まで台風が来なかったために住民の不安感は人並みではないでしょう。これも極の移動によるためです。

土砂降りの雨に連日見舞われ、そこに連日の地震。ぬかるんだ大地に大きな揺れが加われば、地すべりや山すべり、地盤沈下や液状化が起きやすい状態。そのような地形や地帯に住んでいる人は、十分注意が必要です。「そういう意識を、きちんと持て!」と叱咤されていると思ってください。

新しく創造するためには、その前に破壊が必要。全てにわたって、世界中がその時期なのです。

0817ccukwitshire.jpg8月17日、イギリス、ウイルトシャーに出現。

六芒星の波形が、このようなグリッドになって広がるイメージ。地球のコアから放たれるエネルギーは、このマカバ(正四面体の重なり)の回転から、表面へ伝播する。

 

東京オリンピックは膨大な予算がかかりすぎ、中止になる方向を予想していましたが、今回の若い選手たちの活躍を見たら、彼らたちの純粋なエネルギーが新東京のパワーになることを確信しました。小池都知事がどこまで闇の権力者をあぶり出し、全うなメンバーで正当な方向へ変えていけるかがカギになるでしょう。

それまでに、老害爺たちや害人議員さんは、どんどんくたばりやがれ!

活躍する若い選手たちがどんどん、クリスタルやレインボウ達に変わって行っている今、スポーツ界だけでなくあらゆるところで「天才」「鬼才」と呼ばれる人たちが出てくるでしょう。身体能力だけでなく、頭脳そのものも刷新されている子供たちなので、その言葉や行動にも驚かされるでしょうぴかぴか(新しい) ワクワク!

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15438496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)