熱中症の新しい解釈

2016-06-28

今年の雨期は雨が少なくて(と言っても今週は九州や山陰地方に大雨・洪水多発)、気温も温度差の高い日々が続いています。

30度超えがなくても、「熱中症」が増加している今、それまでの『水分・塩分補給』というのが、それだけではだめで、それを受け取る腸内環境が大事と今年から言われました。

う〜ん、やっぱり腸内環境・・。腸内細菌が入ってきた水分や塩分を受け取り、それを活用することで新たな栄養素を作りだし、体に補給することが大事なのだそうです。

たしかにね、水分摂りすぎても塩分摂りすぎても、胃液が薄まったり腎臓に負担かけたりするので、加減が必要。胃液が薄まった場合は、消化力も落ちるから食欲がなくなったり、栄養吸収力も減るので、体力が余計に消耗する場合もあります。

 

そこで、熱中症を防ぎ夏バテしない体つくりの食事の提案。★印は発酵食品を使っています。

nechusho16.jpg

@枝豆入り塩レモンライス。(炭水化物+タンパク質+ビタミンC+クエン酸+塩分)★

Aナスとインゲンと舞茸入り味噌汁(ビタミン類+ミネラル+塩分+アミノ酸) ★

Bヒジキと春雨の煮物。(ビタミン類+タンパク質+ミネラル類+糖分+アミノ酸)

C鳥ささみのハーブ入りピカタ(タンパク質+ビタミン類+アミノ酸) 

D大根と人参の糠漬け (ビタミン類+ミネラル類+塩分+乳酸菌) ★

Eニガウリともやしとトマトのサラダ(ビタミン類+ミネラル類+塩分) ★

*熱中症を防ぐには、バランスの良い食事が大切で、温度差の激しい日々を送るには良質のタンパク質も不可欠です。ここでは、体の熱を上げない素材を選び、<甘味・塩味・酸味・苦味・渋味・辛味>の6味を添えています。辛味は一番少ないのですが、お味噌汁に七味唐辛子を加え、ピカタには胡椒を利かせています。

*枝豆はビールのつまみだけでなく、貴重なタンパク源としてお料理にいろいろ活用できますから、彩と栄養として夏のレシピに是非加えてください。枝豆のポタージュは、温かいのもおいしいですが、冷たくしてビシソワーズ風にしたり、冷しゃぶのソースにしたり、いろいろ楽しめます。

*塩レモンライスは、とてもさっぱりしていて食欲のないときにぴったり。豆類や野菜と相性がいいので、夏の混ぜご飯の調味料に役立ててください。

*もやしとニガウリとトマトのサラダは、歯触りがよくさっぱりとした味なので、食べやすい!もやしと薄切りのニガウリには、さっと湯通しをして冷ましてからトマトを加えて、好みの味付けにします。和風、中華風、フレンチ風、なんでも合うのでメインのおかずに合わせて調味したドレッシングをかけてください。好みの薬味やハーブを加えるとさらに美味しくなります。ただし、ここでは酸味を使いたいので、酢やバルサミコ酢、レモン汁等を必ず加えてください。

*ヒジキの煮物は、余ったら翌日オムレツにしたり、炊き込みご飯にしたり、お豆腐を合わせて白和え風にするといいですよ。

babfoodtherapy.jpg和ーユルヴェーダ・クッキングを知りたい方はBAB出版「美しくなる食事療法」をご覧になってください → http://therapist.fe.shopserve.jp/SHOP/FT-1.html

今年の夏は猛暑になるそう・・・きちんと食べて、元気でお過ごしください!

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15380886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)