血をきれいにする小豆フルーティー

2016-04-27

桜が終わると緑の季節。爽やかな風と新緑と色とりどりの花が咲き乱れて麗しい季節ですが、5月病と呼ばれるような、気がふさがり鬱っぽくなる人も多くいます。

新卒や入学、入社という新しい環境に入り、1ケ月たって緊張が解けてきたころ想像と現実のギャップに悩み、周りが華やかな分、ついていけず落ち込むというパターン。

特に、現代の10代、20代は、親世代とは全く理想も嗜好も違うので、会社生活というものになじめないことも多くあるでしょう。

でも、こういう気持ちの在り方も、実は「食事」というものが大きく左右しています。

私たちが幸福感を感じるのは、脳からエンドルフィンというホルモンが出る為。こういうホルモン類も食事から作られるため、適切な食事をしていないとイライラしやすかったり、眠れずストレスがたまりやすかったりもします。

女性なら生理にも影響が出やすく、生理不順や生理痛、無月経として現れやすくなります。生理は血液ですから、きれいな血液を作るためにも、食事が大切になってきます。

wadinner.jpg★「和ーユルヴェーダ・クッキング」(掲載本6月中旬発売予定)

今回取材を受け、日本人に取り入れやすいアーユルヴェーダの考え方を含む食事として、和ーユルヴェーダ・クッキングを紹介しました。ぜひ読んでみてください。

 

その中で最後にデザートとして小豆とドライフルーツを煮たものを紹介したのですが、これが本当においしくしかも体にも美容にもよいものなので、今回このレシピを紹介します。

azukifruty.jpg小豆フルーティー。ストレス解消にも!

<材 料>

小豆、水、ドライグリーンレーズン、ドライイチジク、デーツ、クコの実、マーマレード、キビ砂糖

<作り方>

@小豆を水に一晩つけておき、水をよく含んだら水と一緒に柔らかくなるまで煮る。

(分量は適宜。小分けして冷凍しておくと便利。御赤飯やいとこ煮、御汁粉などに使える)

A一人前を鍋にとり、ドライレーズン 20粒くらい、ドライイチジク2個、種を取ったデーツ2個、クコの実10粒加えて弱火で煮る。 

Bドライイチジクが柔らかくなったらマーマレード小さじ2杯加え、甘味が足りなかったらキビ砂糖を加えて調節する。

好みでシナモンを振って食べてもよい。

 

中国医学では、生理は浄血作用としてとらえ、血液をきれいにする効果のある小豆を生理前と生理中に食べると太らず肌がきれいになる薬膳としてお汁粉のようなものを食べます。

お汁粉でもいいのですが、血液浄化と便秘対策、ダイエットとして砂糖の代わりにドライフルーツを使ったところ、小豆の味がはえてとてもおいしいデザートになりました。さらにデーツを加えて鉄分を補い、生理痛や生理前のイライラを解消することにも貢献します。

マーマレードを加えるのは、フルーティーなテイストにするためと、中国では陳皮というオレンジの皮を入れるので、その代用。ドライフルーツは、添加物を使用していないイラン産のものがベストです。

生理前には甘いものが欲しくなりますが(ヴァータとピッタが乱れる為)、チョコレートを食べると頭痛しやすくなるので、この小豆フルーティーをぜひ試してみてください。

日本+イラン+インド+中国のコラボレーション・デザートをぜひ楽しんでください。

 

★イラン産ドライフルーツセット (デーツ、ドライイチジク、ドライグリーンレーズン 各1袋100g)

¥1500 で取り扱い中です。 → こちらまで。   

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15317421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)