日本、この国で生きるということ

2016-04-17

熊本の地震は大分も巻き込んで続いています。あの3.11の時もショックでしたが、今回の地震は津波はないものの、一瞬で家屋がつぶれ、山は崩れ、道は割れ落ち、橋が落ちた。そして、10分おきの大きな余震は、観測史上初の記録を更新し続けている状況は、東北地方とはまた別の地震による被害の側面を見せています。東北地方は、比較的地震が多く、それなりに心の準備も出来ている感じがありましたが、九州地方は火山周辺を除くとほとんど地震がないという環境で、多くの市民の恐怖心は尋常ではないでしょう。

そして今日はエクアドルで、マグニチュード7.8の地震。環太平洋火山帯と呼ばれる場所で、この1週間で大きな地震が続いています。

A0415texashyo.jpgB0417colimavocanomexco.jpg

A:4月12日〜13日アメリカ、テキサス州でこんな大きな雹が降りました。車や屋根にすぐ大きな穴が開くほどですから、逃げ場がない恐怖はいかほどか。

B:エクアドルの地震とともに、メキシコのコリマー火山が噴火。

世界という大きな視点でみれば、本当に尋常ではないことが起き続けています。

 

0416asogatebroken.jpg阿蘇山の噴火を鎮めるために作られた阿蘇神社が崩壊。

日本三大名城である熊本城も損壊が激しく、再建にはかなりの時間と費用が掛かる見込み。

今回の熊本地震は、二つの活断層の活性から起きたと説明されていますが、この活断層は中央構造線という日本の背骨にあたるような断層の南の突端でした。

kozolline3.png

熊本地震の余震が東へと移動し、大分を巻き込んで振動が北上しているところを見ると、この中央構造線の導線に火が付いた感があります。

0516asojishinhonshu.jpg

この中央構造線を見た時に、「北斗七星だ!」と直観しました。23年前に北斗七星の入った指輪が曲がるという事態から、北斗信仰の場所やそこで触れたクニトコタチの意識を感じていましたが、5か月前に再び北斗七星が強調され、さらに今年北斗七星から来た宇宙孫が生まれ、北斗信仰、道教、そして伝統太極拳での奥義に触れて北斗七星の意味を多角的に感じていた矢先、今回の地震でこの構造線の事も気づけ、という事だったと感じました。

このラインで気づいたことは、熊本は火の国であり、まさに今回日本のクンダリーニが開き(実際活断層の動きは回転したドリルのような感じがあります)、奇しくも4月15日には諏訪で御柱祭に続き不思議な「御頭祭」という鹿の首を奉納する儀式がありました。これは、もののけ姫にでてくるシシガミの首をとると不老不死になるというストーリーの付箋になっているようで、もののけ姫はAMA族の出雲族と縄文族や土着の先住民を描いており、実際諏訪の祭はそれぞれの儀式を混ぜ合わせたような日本でも稀有なものになっています。

クンダリーニからの炎が、各地のチャクラ地を通って諏訪の頭上に抜け、第八チャクラである茨城県の鹿島神宮と千葉県の香取神宮に置かれている地震封じの要石を突破して、龍体をしている日本がいよいよ新しい世ヘ動き出すと観じました。そう思っていたら、とてもシンクロしているブログがありました。

日本は火山大国であり、地震多発国。そして海に囲まれているため四方からの津波の恐れがあり、諸外国から遮断されているために、近隣の国からの攻めに対しては無防備でした。

それゆえに、自然崇拝の意識が高く、八百万の神をそこに見出し、自然を神として崇めなだめ、暮らしが平穏であることを祈る習慣が生まれました。AMA族の入植後に彼らの指導者の没後再び彼らと交信するために、今ある神道の神々と神社と儀式がスサノヲを通じて新しく生まれたのです。

だから、自然災害が起こると、神々の怒りとし自分たちの神への祈りと感謝が足りなかった、と謙虚に受け止めるのです。反対に西洋文化は、自然を自分たちで繰ろうと考えているために、それが高じてHAARPなどの気象兵器や核兵器などを平気で作るのです。

熊本地震はとても大変でしたが、あの規模であの被害からしてみると死者は少ないです。さらに東日本大震災で見られたように、人々はとても穏やかで協調し、協力し合って避難生活を送っています。居合わせた外国人が「日本人は地震になれていて、しかも文句も言わず自分勝手に行動しないのがすごい」と口々に言っていました。

今回の件で、3.11以降日ごろから意識してきた人は、「どうかもうこれ以上何もないように」とは言わず、口々に「日月神示」がとうとう始まった、新しい地球に移行するためならこの今のシステムが崩壊することが望ましく、この崩壊の一つが地震であり津波であり、火山噴火であり、竜巻や洪水なのだ、その結果自分がどうなろうと覚悟はできている、という意識に変化しています。(若者や子供たちは意図的に助けられます。)

そして、一生をかけて購入した家や高層マンションがあっけなく壊れてしまうのを見て、もう無理して手に入れようという意識はなくなったでしょう。荷物だって持って逃げることはできない事を痛感し、高級家具や商品の購入をしようとは思わなくなるでしょう。そういう物欲から精神性への変化のバイブレーションが満ちて来ています。

今日は日本中に雨と突風をもたらしました。まさに浄化。

この国にいること、またこの国で生きて行くことを選択した方は、これからさらに厳しい試練があることを感じ、それも今生の人生を自分が臨んでここに来た、という新たな覚悟があると、試練の影に極上の光を見出すことができるでしょう。(世界のどこにいても、今回は何も起きないということはありえません。)

0415paridemo.jpg

フランスで、難民の受け入れの件や政治の不信へ対する市民の怒りのデモ=これは人の嵐

これからさらに強い宇宙波が注入されてきますから、どんでん返し的な出来事もたくさん起きるでしょう。素晴らしい転換を祈っていきましょう。

★瀬戸内海付近で地震雲が多数みられています。山陰地方、四国、近畿地方での地震に注意してください。

特に地震が今まで来なかった場所ほど、プレートのエネルギーが蓄積されているので要注意です。(阪神淡路大震災を思い出してください。神戸は滅多に地震が起きなかった場所でした。)

瑠璃色の地球 by Seiko Matsuda  地球がさらに輝くことを願い、麗しい新地球人で満ちますように。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15306721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)