見事(美事)な重ねの扉

2015-11-11

11と言うマスターナンバーが重なる今日は、さらに新月という扉をくぐってまた新しい周波数に入った。

今日はやたらとあちこちで、ぱっと光るフラッシュ現象を見た。

11月は、1年の中での唯一のマスターナンバーの月であり、1111から1122,1123というひふみも踏まえた数秘的に貴重な月となっている。ニギハヤヒを祀る新嘗祭も11月23日。

Atsunamicloudsidney.jpgB1108hallpachincloud.jpgC1109renzcloudcapetown.jpg

A:11月6日シドニーに現れた津波のような雲

B:11月8日オーストラリア、シドニー州に現れたホールパンチ雲

C:11月9日ケープタウンに現れたUFOのようなレンズ雲

麦の生育する季節だけに現れるクロップサークルが地上のメッセージなら、空をキャンバスにして雲で描くメッセージは天空からのもの。これが何を示すかはそれぞれの受信力次第。ステキ〜とファンタジーにするか、空から伝わる何かを科学的に、あるいは哲学的に受け取るかによって、見えてくるものが違ってくる。

そして今日の1111重なりのゲートをくぐり、次なる展開が始まるだろう。

キーワードは、キリスト意識、ユダヤ、イスラエルのようだ。 つまり、宗教からの独立が始まる。人類がようやく自らの頭と心で、真実を見つける時代にはいるということ。それは、個人が完全に宇宙とつながるということ。

ヨーガの哲学でも、真我(アートマン)が開かれるという事は、宇宙とつながることであり、人間の最終目的とされ、そこに到達するようにステップアップ式のヨーガ道が説かれている。太極拳の哲学でも同じプロセスをその業の中に見ているが、今の時代は経典を元にそれをなぞるのではなく、自らの感覚を精査していくとその経典に示されていたことと一致するという逆プロセス。脳を使うのではなく、自らの感覚から導かれる扉を開くという事。つまり、細胞全てが目になるような意識だ。内観、内なる眼を開くこと。それが拡大されるのが今日の扉と観じた。ここ数日現れた奇妙な雲は、一生懸命それを知らせるが如く、空(宙)を眺めさせたのだろう。新しいエネルギーが宇宙から津波のように押し寄せ、ホールパンチ雲は扉を示し、中に虹の帯を彩ってゴールのテープのよう。UFOのようなレンズ雲は、これからどんどん接近する彼らのサイン。

 

先日書いたブログで、それぞれにGo Ahead! が促されると書いたら、今日まさにシンクロの坂爪さんの記事。 共感する人とは本当に共振するようで、どんどん同じビジョンとテーマを見続けている。これでよかったと、改めて感じる日々。坂爪さんは、本当に素直な視点であらゆることを観じながら、全く新しいシステムを構築しようとしている人だが、ここにスピリチュアルという観点はなく、そこがさらに清々しい。全く最初から宇宙とつながっていることがアタリマエのスターシードゆえ。彼には最初からキリスト意識が入っており、感じる視点がそこから派生していることの所以。そういう目覚めが格段に増えていくだろう。

そして、社会を変革していくエネルギーが増えていく。古いパラダイムが崩壊していく。イスラエルの未曾有の洪水は、大きな浄化。洪水はあちこちで起きているが、ここが水で覆われたという事は、まさに洗礼となる。

そう、イエスの洗礼は「水」が浄化に最も大切であり、水は自に通じ、そこに含まれている結晶質からの周波数を瞬時に伝播させる儀式だった。これから水素を含む水の可能性と本質が、もっと知られるようになるだろう。

水のススミは自の清澄身だものね。

 

光よりの光、オリオンの最上の帯としての光より来たりて伝える

我が名はアーリオーン、愛と光の天使

 

光の子らに伝える

人間の進化に関わる問題について色々取り沙汰されている様子だが、我々からの情報として話しておきたいことがある。

人間の進化を話すのには方法がある。現段階の情報量では物質的進化と精神的進化に分けて話さなければ混乱するので、まず分けて話し、後に全てにわたって話そう。

 

物質的進化については、この先は内的変化に顕著に現れるだろう。

具体的には細胞の変化、それも異変と呼ぶほどのものでは無いが確実に変化するだろう。

人体に有効な細菌と有害な細菌の区分が変化するだろう。そして、最終的には細胞に変異をもたらすのも細菌だろう。

 

精神的な変化は物質的な変化に一歩遅れをとっているが、確実に変化している。

宇宙から間断なく降り注ぐ創造的な共振波動に対して共振する者と、そうでない者との差がハッキリしてくる。

共振する者の細胞変異は、そうでない者の変異より速やかに滞りなく行われるだろう。

 

共振波動に共振する者は、より創造的に意識拡大の方向へ向かい、そうでない者は、より不活動的に意識閉塞の方向へと向かう。

今世紀の後半(1990年代のこと)には、人間の進化は精神と物質の両面がクロスしてくるだろう。

 

宇宙から間断なく降り注ぐ創造的な共振波動に共振する者は、より創造的な活動の為に、より創造的な細胞を持ち、共振しない者は結果的に細胞進化に遅れることで、地球の環境変化に対応出来ない者が増えるだろう。

 

あなたがたに簡単に理解出来る様に言うと、自分の直観力や良心に従って行動出来ない人は、結果的には地球の進化の途上から外れることになるだろうということだ。

だからこそ、自分の心に正直でありなさいと何度も話しているのだ。

 

ARION,O∴O

「アリオン語録」より。 1990年5月30日

Hope & Dreams by Misia  歌詞に注目!

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15246256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)