簡単ガパオ

2015-08-28

今ココナッツオイルがブームです。ダイエットに効くとか、脳にいいとかいろいろ言われていますが、味に独特の香りがあり、年配の方や料理によっては素材の味を消してしまうため、苦手という人もいるでしょう。

 

ココナッツオイルは低温で固まる性質があり、脂肪としては少し重いもの。

ココナッツミルクとともに冷性であり、夏や9月頃までにはとてもピッタリなオイルです。

その匂いも、肉や魚の匂い消しにもなり、スパイスやハーブとも相性がいいので、料理メニューとして一つ覚えておくとよいでしょう。

今回は、簡単でおいしいタイ料理のガパオ。

gapao.jpg

ここでは、バジルとローズマリーを使いましたが、パクチーやタイムなども合うと思います。

<材料> 二人分

鳥ひき肉 200g ナス 1/2本、 玉ねぎ 1/2個、 人参 1/3 本、 バジル&ローズマリー(刻み) 大匙1杯 、 ココナッツオイル 中匙1杯、 ニンニク 1片、 ナンプラー 中匙 1杯、 オイスターソース 中匙2杯、

コリアンダーパウダー 、胡椒、 塩 少々 七味唐辛子 適宜 卵 2個

<作り方>

@野菜はすべて粗めのみじん切りにする

Aフライパンにココナッツオイルと刻んだニンニクを熱し、野菜を炒める

B鳥ひき肉を入れ、コリアンダーパウダーと胡椒を入れて炒める

C素材に火が通ったら、ナンプラーとオイスターソースを混ぜたものを入れ、塩で味を調える

D最後にハーブを入れて全体に混ぜる(香りを出すために火を通さないこと)

F器にライスを盛り、ガパオを上からかけて目玉焼きや生野菜を添えて出来上がり。

 

★唐辛子の代わりに七味唐辛子で辛味を調節します。

★ライスは塩レモンを混ぜたレモンライスがばっちりあいます。

★このガパオがあまったら、翌日カレー粉を入れて作るドライカレーもおいしいです。

★夏バテ回復には、モロヘイヤやツルムラサキのスープに冬瓜を入れて添えてください。

★秋から冬は、オイルを生ゴマ油かオリーブオイルにするとよいでしょう。野菜もナスからカボチャやピーマンなどに変えてください。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15227584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)