888の獅子座のゲートは立秋で開ける

2015-08-08

今日は、2+0+1+5=8.8月8日の888が並ぶ獅子座のゲートが開いた日。そして奇しくも立秋で、昨日の37度から5度も下がった秋めいた風が吹いた。

昨日、小笠原硫黄島噴火、今日阿蘇山噴火、そして奄美から根室まで6度の地震という兆候。耳鳴りは長く続き、太極拳では電流と人差し指に蜂に刺されたような刺激。確実に届いている強いエネルギーをあちこちで感じることが出来た。

世界各地で噴火と大雨や洪水、地すべりが続いているが、「ウオーター・サウンドイメージ」を読んで気づいたことは、噴火が何故起きるのか・・それは新しい周波数の結晶を作るため。なぜ洪水が起きるのか・・それはその結晶を隅々まで運び水の分子に記憶させることで、地球全体の周波数を上げること。

sitarrabishankar.jpg

これは、インドの著名なシタール奏者ラビ・シャンカールの紡ぐ音でのサウンドイメージ。インドには、音に関するサーマ・ヴェーダやガンダルヴァ・ヴェーダがあるが、4大文明の中でメロディで詠むマントラや言葉、音律、リズムに関して一番詳しく経典が残っているのはインド。

幸いに、今生私はサーマ・ヴェーダを習得した音楽療法の師に出合い、実際の体験もさせていただいた。確かに、奏でる音に反応する体の様々な部位に驚き、細胞が調律される感覚を味わったが、音楽や音霊、言霊は多岐にわたり、個人の魂の周波数は微妙に異なることも同時に感じていた。

このウオーター・サウンドイメージが世に出ることで、サーマ・ヴェーダの視覚化やそれが解く意味が繊細にわかることを知るかのように、4年前にその師は世を去った。周囲の人は、未だ依存の域をぬぐえないでいる。

この宇宙を動かしているものは、振動でありそれは音であり、光でありウエーブである。

今日のこの888の日はパチパチパチと音を鳴らすこともできるし、∞∞∞と横にして無限をつなげることもできる。これは偶然ではなく、秩序として何万年も前から今日という日がきちんと用意された日であるのだ。

ただそれを感じるか、観じるか、勘じるかの違い。

いずれにせよ、明日から個人個人で答え(応え、堪え)を知るだろう。

奇しくも、2011年8月8日も立秋の日だった。あれから4年目。自分の中で、何がどう変化したか今一度振り返るのが今年は特に必要。終戦70周年という節目も意味あること。

 

光よりの光、オリオンの神の座より来たりて伝える

わが名はアーリオーン、愛により存在する天使

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太陽フレアの活動は、宇宙生命潮流の活動の一つだ。

私アリオンの活動の一貫の中に計算済みであるが、あなたがた人間の取捨選択いかんで変化するものである。

つまり、ある程度の未来図があったとしても、ミクロの段階からの取捨選択の有り様によって、可変の枠内で変化するということだ。

太陽フレアおよび黒点活動の激化は、物事の振幅を増加させることになるだろう。

それを、良しとするか悪いことと判断するかは、ひとりひとりの意識レベルによっても異なるので、私から「これは良いことだ」という風にはしたくない。

 

ARION,O∴O 1990.12.20  ARION語録より

 

  自分だけよければ他はどうでも・・意識の強い人々が多く住む市町村は、当然ながら魂の繋がりも少ないわけで、そういった市町村は面としての守護磁場が作りにくい。

鎮守の杜を中心に発達してきた町で、以前の風習の廃れた所などは、面磁場がズタズタになっている。

そういった場所に、大きなエネルギーが作用する場合には、崩壊か改新かのどちらかが選択される。

風・火・水の影響というものは、自然界の出来事として人間の意思以外の部分で選択されると思われているが、実は綿密な関連がある。

また、風・火・水及び地震災害は、人間の短い観点から見ると、迷惑な話であろうが、惑星単位の目で見た場合には、必ずしも迷惑、とは言い切ることはできない。

   

何が起きようと、自分達の意志決定もそこに含まれるということと、単に災害、と人間側だけの価値判断をせずに、事実をありのままに見ることが必要だ。

         

ARION,O∴O 1991.10.17  ARION語録より 

War Song by TATSU  音と言葉で紡ぐメッセージ。これぞ、音楽の力。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15222830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)