確実な進化が見える

2015-05-17

今年の4月末初めてのクロップサークルが、イギリスではなくオランダに現れていた。

cc0428holland.jpg

太陽系と思われるが渦巻の外側の小さな円が12個あることから時を表し、回転(シフト)のタイミングがそろったような印象。

先週は、太陽からの磁気風が届き、空や大地にいろいろな兆し。

0511ourolasky.jpg 0513aurola.jpg

そして日本では、大涌谷の火山性地震の増加や、蔵王、十勝岳等の火山活性等北から南まで、火山の活性が見られている。

意識が同じような人でつながるFBでは、日々空や雲の様子をアップする人たちがいて、この数日竜巻状や筋状、放射線状の地震雲があちこちで見られる。

知っておいてほしいのは、テレビやマスコミ等では本当のことは伝えない。だから、個人の直観力による情報の精査が大事ということ。

この地球上に訪れている太陽の磁気や宇宙線は、地球の活性と人類へ大きく揺さぶりをかけている。

これに対して恐怖心を抱く人は負(不・浮・怖)の行動になるだろう。エネルギーとして受け止める人は正(生・清・聖・勢)の行動になるだろう。

多くの意識進化が結果としてあらわれている。首相の憲法改正に対しての反対デモ抗議の増加や、大阪都構想の頓挫など。今まで洗脳されていた人たちの「見る目・聞く耳」に変化が表れている証拠。

 

そして大地や海底の揺らぎは、過去のものを晒し始めている。

kyojinborniwate.png

2007年6月岩手県一関で震度6強の地震で現れた巨人の骨。(井口氏のブログより

世界で巨人(ネフィリム)の骨が発見されているが、改めてアヌンナキによる人類創造の歴史が垣間見られるよう。

anunakiking.jpg

アヌンナキと人類のレリーフ。彼らが巨人であったことがうかがえる。DNA鑑定による人類の起源をたどると一人のアフリカ人女性にたどり着くそうだが、ニンフルサグの子宮から創造されたとするアヌンナキの物語はそのことを示すだろう。

これから増すであろう地球の揺らぎは、どんどん過去のものを露わにし、私たちに過去の真実をつたえてくれるだろう。新しくするために。

 

あなたが地球だ

 地球の環境問題については、ありとあらゆる場所で、ありとあらゆる立場の人々が話し合ってきたが、この30年の実体を見ると悪くなりこそすれ、大幅に改善された試しがない。それはなぜだろうか?

ひと言でいえば、「環境問題」を、自分達の生活にそくした部分で見ている人が少なかったためだといえる。

「自分を取り巻く」とか「自分の周囲」というふうに環境をとらえているためだろう。自分自身が「環境問題」そのものなのだということに気付いている人は少ない。言葉の上では「ガイア思想」だとか「命はひとつ」と言っているが、実際に「自分が地球だ」と、みんなが思っているのだろうか?

 

 自分自身が、地球の一部ではなく全部だと思ってごらん? 

どこの誰が身体のなかに、セシウムを埋めるだろうか?どこの国へ行けば、自分の血管に水銀を流す人がいるのだろうか? あなたは、あなたの皮膚のうえで「小さな核実験だからイイヤ」、と原子爆弾を炸裂させるだろうか?

環境問題とは、まさにあなたがた一人なのではなく、自然があなたがたの一部なのだということを考えてほしい。

 あなたがた人間にとって快いことは地球にとっても快い。地球=自然=あなたがた一人一人の生き方なのだ。

 そして宇宙とは、あなたがた一人一人の生き方の反映であることを忘れてはならない。あなたがた一人一人が、本当に自分にとって何が一番大切なのかを、外の自分(つまり他の人々、生き物のすべて)にとって、何が一番大切なのかを考えてほしい。

 あなたがた人間は、自分自身が地球そのものだということを忘れて、「自分」と呼んでいる範囲を非常に小さく考えている。小さく見積もった自分の、物質的に顕在化した部分、つまり、あなたがたの身体の感じる範囲だけの便宜や快適さを求めた結果が、今この地球の窒息状態を招いた。

 何度も言うが、「あなたが地球なのだ」。だから、地球が窒息状態になれば、あなたも窒息状態になる。ただ、エネルギー伝達の法則が、マクロからミクロへと決まっているので、あなたがたの「小さく見積もった自分の身体」が感じるまで、いま少しの猶予があるだけなのだ。 

 あなたがたは自己変革には非常に興味を持つが、小さく見積もった自分自身の、身体の、感じる範囲だけを変革して何を得ようというのだろうか。

 自己変革を実行したければ、まず自分が地球である事を感じる必要がある。まずエネルギーをマクロに拡大したうえで、ミクロの点検を行うことが必要なのだ。これはどういうことかといえば、まず自分が地球なんだと意識すること、そして自分という意識を、ミクロの物質的な身体に向けるということだ。

 

 誰もが本当に快い、幸福に感じる生活を求めている。地球もまったく同じなのだ。本当に、心から喜びを感じる生活をするために必要なのは、スローガンでも思想でもない。

 それは、本当のことを感じる心なのだ。現代社会では、本当のことを感じることが少なくなっている。マガイモノ、ニセモノ、シュミレーションが巷にあふれている。そういったニセモノに慣れてしまって、本当のことを感じる心が退化してきている。嘘を嘘だと言えなくなり、何が本当で何が嘘かわからない人々が増えている。何が自分にとって良いのか、悪いのかがわからなくなってきている。嘘のうえにいくら嘘を積み重ねても、嘘でしかない。

 あなたがたが自分と呼んでいる個体が生きているのは、こんな社会なのだ。

                                 ARION.O∴O

「光よりの光、オリオンの神の座より来たりて伝える。」

アーリオーン*北川恵子*神崎夢現  南雲堂 より転載

かたちあるもの by 柴崎コウ  日本の夏の風情と縁側が懐かしい。大切なカタチあるものを失って・・。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15197253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)