立春、満月、虹色の月

2015-02-04

今日は立春で満月という縁起の良い組み合わせ。38年ぶりという。

0204mooncolor.jpg本当の月はこんな色 (spaceweather.comより)

麗しい光に満ちて開けた今年は、あっという間に闇の色に染まった。連日飛び込む耐え難いニュース。

人間はいざとなるとこうも残虐になれるのかの日々の中で、歴史の中ではずっと斬首、火あぶり、拷問を繰り返している。そして、サイコパスな人もどんどん増えている。

それは人類の脳にそういう仕組みがあるからだ。

hachuruibrain.jpg この脳幹が爬虫類脳と言われる部分。呼吸や心臓の鼓動など生命活動を司る。

脳の仕組みの中で大脳辺縁系は記憶や情感を司り、動物たちが一番発達しているのはこの部分で本能に関連している。食欲、睡眠、性欲等のホルモンを司り、人類だけはその上に大脳新皮質を蓄えたので旧脳とか間脳とかと呼ばれる。ここは哺乳類脳。一番外側に大脳新皮質があり、思考や理性を司る部分で、霊長類に特有な部分。霊力や直観力という役割は、大脳辺縁系内にある松果体という部位が要で、動物やイルカなどはこの部分がとても発達しているという。

しかし、いるみたちは(アヌンナキやレプティリアンの残党)人類をどうコントロールしたら洗脳し奴隷化できるかを研究し、解剖学や心理学等を発展させた。宇宙とつながらないために、この松果体にダメージを与えるために開発されたのがフッ素。虫歯によいから、なんてどんどん使われ水にまで入れられているという。

このフッ素は、松果体にたまり松果体を石灰化させて、アルツハイマーを誘発させるという。→In Deep

1950年代以降に生まれた人は、歯医者や歯磨き粉でフッ素を散々使われたので、痴呆も早いかも。フッ素加工のフライパンなんてみんな使ってるし。

そういう化学薬品や添加物、そして電磁波に囲まれながらの生活で、脳機能はどんどん低下し、奴隷化されやすくなり、人間的な思考や感情がない人も増えている。(動物は、ものすごい進化をしているが)

レプティリアン達はいわゆる憑依をして周波数の低いネガティブなモードの人に入り込み、繰ることもするそう。今のイスラム国やボコ・ハラムという過激なグループは、疎外と貧しさと苦しさの中で育った人たちで結成され、レプ達に繰られている者が多いそうだ。→ ゲイトになっているクローリーの屋敷

彼らたちのエネルギー源は、人類の恐怖や恐れを感じさせるホルモン、興奮のもととなるアドレナリンだそうで、ハリウッド映画に、残酷なものやホラー映画、破壊や暴力シーンなどが多いのはそのため。彼らは恐怖を見せつけて、記憶に残しトラウマにすることを知っている。

食肉用の家畜もアドレナリンを増やすため痛めつけて殺すのだそうだ。生肉やレアの好きな人は、レプのエネルギーが強いのかもしれない。医学や科学に精通している彼らは、人類の脳や体を支配するために、現代の医療システムや薬を作り上げた。ガンは、治療するほど死亡率が高くなるという。

 

では私たちは、どうやって自分の体や心を健全に保ったらいいのか?これからの時代は、自給自足しかない。

イスラム国の事件の影で、着々とTPPが進んでしまっている。猛毒遺伝子組み換えモンサントの食品を積極的に食べて応援、と強制されてしまうかも。今回の名指しされたしゅしょーのおかげで、ますますいるみに脅迫されて、全部譲歩というシナリオという線が見えてきた。日本人絶滅へむけて、これでさらにまっしぐら、という付箋が貼られているんだよ。

真実を知るほどどうしようもない状況になっているこの国の実態は、一度リセットしない限り難破船のように嵐の海をたゆとう状況になっていくだろう。そういうラインに進んでいることに気づけ!

 

ひふみ神示 第3巻 富士の巻

 第十六帖 (九六)
あらしの中の捨小舟ぞ、どこへ行くやら行かすやら、船頭さんにも分かるまい、メリカ、キリスは花道で、味方と思うた国々も、一つになりて攻めて来る、梶(かじ)も櫂(かい)さへ折れた舟、何うすることもなくなくに、苦しい時の神頼み、それでは神も手が出せぬ、腐りたものは腐らして肥料になりと思へども、肥料にさへもならぬもの、沢山出来て居らうがな、北から攻めて来るときが、この世の終り始めなり、天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出て来たら、この世の終りと思へかし、この世の終りは神国の始めと思へ臣民よ、神々様にも知らすぞよ、神はいつでもかかれるぞ、人の用意をいそぐぞよ。八月二十四日、 の一二か三。

 

こうなったら、太陽が二つ(惑星Xの接近)が待たれるところ。

iraqsprite.jpgそのメッセージだろうか。イラクに現れた大きなスプライト。

自分と人類と世界と地球を救うのは、目覚めることのみ。心と体の最適な状態を知ること。そのために、どうしたらいいかを見つけること。突破口は必ずある!真剣に探すこと!答は自分の内にしかない。 

 

<直観力>

★直観は、宇宙の知恵である。あなた方の言葉でアカシック・レコードと呼ばれるところからの知恵である。

直観は、何ひとつ間違いはない。問題は、判断する人間の頭脳にある。

 

★直観は起こるものでは無く、受け取るものである。呼び掛ける人間の、必要な度合いと真剣さとに対して宇宙の知恵は送られてくる。 

送信先は我々の場合もあるし、そうでない場合もある。

 

★衝動と直観は、互いに密接に関わる場合が多い。それは、直観という宇宙の知恵が引き起こすヴァイブレーションであるが、あなた方の頭脳に働き掛けた時に、あなた方は即、行動に移したい衝動を感じる様になっているからである。

宇宙のエネルギーつまりヴァイブレーションは多くの場合、人間の頭脳に『突き上げる様な』感覚をもたらす事を覚えておいて欲しい。

 

★ シンクロニシティとは、つまり意識の無意識に対する働き掛けの一つの結果だと思って貰いたい。シンクロニシティが起きたと感じることによって、あなた方は自分の願望や恐れなど、気に掛けているものを再度、意識に植え付ける行為をする。ネガティヴな事項は、シンクロニシティが起きたと感じる事を否定した方が良い。

 

★知識は、観念的な人間を作る直接原因では無い。教養と呼ばれるものの方が、より観念的な人間を作る。

しかし、外的情報のもたらす知識は充分吟味して、自分の内で使いこなせる様にならなくては、真の知識つまり知恵とはならない。

あなた方は好んで『観念的』という言葉を使う様だが、あなた方の中に『観念的』な部分が多くあると思っているせいか?

 

★ 真理とは、宇宙に偏在するエネルギーの事である。

 

★ 多数の人間の中にあるもの、つまり情熱、愛情、憐びん、恐怖、無常などの感情に訴え懸けるかどうかという事だが、芸術の意図するものでは無い。

芸術の普遍性は、宇宙エネルギーの普遍性につながる。

 

ARION,O∴O

「アリオン語録より」(発表年月日不明。2000年以前)

★この国の若い人には、まだまだ希望を感じられる。ホームレス、うつ病から脱出した青年のブログ

そうなんだ。私たちが生まれてきたのは、お金を稼ぐためじゃない、って気づいた人が勝ち。仕事しなくても、こんなに面白い出会いと生き方とチャンスの巡り方があるということを知った人が勝ち。そこから、始まるんだから。

今日はたっつあんの誕生日。おめでとー! で、こんなレアなモノ見つけた。1980年8月2日伝説の葉山マリーナのコンサート。大雨で寒くて踊りまくったっけ。あの時の真っ赤な水着はまだ持ってる。一生忘れない。永遠のフルムーン。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15164993
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)