クロスの重ね〜スパスシフィカ(SPASCIFICA)の回天

2014-04-25

グランドクロス達成したら、太陽からの祝福フレアでどーんとXクラスが噴出!私のおなかに7時間後到達!

耳圧、バイブレーションすごくて、でも辛くなくエネルギーと感じたので、太陽の後押しと観じた。

A0425xflare.jpgBmarsx.jpgCgrcrosssign.jpg

A:太陽4月25日午前9時27分虹色の光とともにX1.3のフレア噴出。

B:火星をまわる二つの月が発見された。これまたXの光

C:グランドクロスの配置図

★今月いっぱいは急な天候の変化や地震、噴火、精神不安定、衝動的な行動などに気を付けて。 

 

なんだか本当に今週は凄い! いろいろなことが集約されて示されているよう。

韓国フェリー沈没の情報の陰で埋もれ始めているマレーシア航空機がこめくにの秘密基地ディエゴガルシアに連れ去られた情報があるが、なんとそこには宇宙空間への転送装置があったという。

diegogarsiaundertown.png

これはディエゴガルシア基地のGoogle Earthの写真で、インド洋の下で宇宙エレベーターとして知られている技術です。特定の天文学の条件と調整、材料、機器の大規模なペイロードは、月まで掲揚される。これは、彼らが月面基地を装備する方法です。この同じ技術は、火星に機器を取るために使用されている。
http://www.garuda.co/secret-government/

てっ!凄い情報がでてきたものだ。でも、最近見え始めているUFO目撃情報の多い地域での地底都市。

chichikakalaketown.jpgチチカカ湖の下に移る地底都市?

アヌンナキ達はこういうふうにして、地球への往来を果たしていたのだろう。今接遇が近づいているので、その装置が表面化しているのかもしれない。(だって、グーグルアースはもっと前からあるのに、なぜ最近になって映りだしているのかが不思議)

 

オバマ大統領の来日でのあれこれ、そして韓国での発言等を見て、彼の役割が見えてきた。TPPはここで決定にならなかったのは幸いだが、もしかして大地震、大臣等の突然死や脳梗塞、他国からの攻撃等が近日あったとしたら、ちゃんと考えたほうがいい。(過去にこういうのいっぱいあったでしょ。)

そして、韓国フェリー沈没の真の原因と思われる情報も見えてきた。実質オーナーの3つの顔。その主は宗教家(でキリスト教福音浸礼会の代表)もあり、信者の寄付による多額の金によって世界中に居を構える大富豪だった。韓国はほかにも〇一教会があるが、日本の最も大きな宗教団体のいくつかもちょうせん系だった。いるみと全く同じ構造であり、ばちかんの模倣。(おおむの教祖もそっちだってね。日本人大量殺害のためにサリンをまいたって。)

italycrossdown.jpg23日イタリア北部で記念式典の最中、突然倒れたキリストと十字架。1名死亡。十字架は1998年にヨハネ・パウロ2世がロンバルディア州を訪問した際に制作され、2005年にチェーボ村近くの景勝地 に設置されていた。 
キリスト復活の意味がわかるような象徴的な出来事の数々。スサノヲが言っていたけれど、今いる霊能者の99.9%は偽物(憑依が多い)だと。特にその霊力を使ってお金をとる人材は、ことごとく暴くと・・。

十字(クロス)が交差(クロス&パス)して、回転=十 X χ(カイ)

SPASCIFICA=CAI PASS PACIFIC   : χは大洋を通過する、χは太陽をクロスする、

& PACIFIC PASS CAI : たいようはカイ(X、カミ)にパスをする (このパスは手渡すと同時に判断を下すという意味を含むと感じる=Xフレア)

(スパスシフィカはアーリオーンが伝えた言葉。この単語から3つの言葉を抜き出して一つの文章にするという頭脳訓練。言葉の意味を何通りもつかめというものだった)

 

円環の愛、スパスシフィカは認証終了。

炎の熱さと暖かさの故に、回転を始める。

スパスシフィカは大洋にありて真珠の光。

スパスシフィカは太古よりの言い伝え。

スパスシフィカは炎と炎の円環運動。

 

そして大なる十字の下に、小なる十字の回転を始めた。

スパスシフィカは既存の円環を絶ち、

全く新しい愛の化身としての円環を起こすだろう

ARION,O∴O  (07/29/1987)

 

さて、スパスシフィカは浮上の用意 既に終わり

満点の空の下 大なる十字の下に小なる十字の回転を

始めようとしている

ARION.O∴O (28/05/1986)

アーリオーン・メッセージ アートラインプロジェクト著 福間書店より転載

 

霊的なる者 スパスシフィカは

大洋にありて 真珠の光

銀河の智恵 ことごとく光に集まりて

第七霊線として額に届く

 

闇からの使者 輪を持ちて炎を誤りに使う

これを支持する者 明らかとなる

月満ちて 冥府の王よぎる時 心せよ

 

塩の海 狼煙(のろし)が上がり しばらくは、右左判らなくなる

然し やがては左手の方向へ流れて行く

 

大鷲 荒れ狂い その爪に総ての者を懸けようとする

冷静なる者 血を流しても自分の場を守る

その数は四人である

10人の残り六人は 表面だけの関わりであり 

その事は大鷲の知るところとなり 報復を受ける

 

ユーカリの葉そよぐ美しき里 北の女王の国との不仲を隠しきれるか

 

決して 容器の中に詰め込むな 容器は神の力の形

人間の定めるところのものでは無い

風にそよぐ旗の様であれ

 

人間よ 総ての人間の為の人間であれ

ARION,O∴O

「光の黙示録」アーリオーン*北川恵子 大陸書房 1988より転載

真珠は真のたま(魂)のこと。「月満ちて、冥府の王みちるとき」は、満月月食の後グランドクロスに冥王星がクロスする時期で、まさに今のことを指しているようだ。奇しくもグランドクロスにやはり重なる天王星は、荒ぶるエネルギー(シバ神の破壊エネルギー)の到来。太古よりの言い伝えは、惑星Xが近づくときにおこる預言の数々。「塩の海 狼煙(のろし)が上がり しばらくは、右左判らなくなる 然し やがては左手の方向へ流れて行く」は、まるで今回の韓国フェリーのよう。左に傾きながら旋回し、沈んでいった・・。

円環とは、縁の輪(つながり)でもある。炎はフレア、およびフレーム。

大なる十字(太陽の活動とXフレアおよび惑星X)、小なる十字(キリスト意識、象徴、クロス) 奇しくも私の本名は、大なる十字と小なる十字の重なり。 

 

そしてソニアさんのブログにでていた、聖なる石の解説にこんなものが・・。あ~シンクロ!

◆テクタイト◆

・宇宙空間から飛来して地球に落下した隕石(メテオライト)の一種でガラス質のもの。
・地球以外の惑星から発せられる永遠、理想を表すとされる情報を受け取り、それを解読して自然の理念に基づいた思考となるよう導くとされる。
・持ち前の霊性をより高度なものにする効果があるとされる。
・血液の流れをスムーズにして細胞の活性化を促し、循環器系組織の不調を 改善する力があるといわれる。
・チベットや中国、インドネシア、インドでは「アグニマニ(火の真珠)」と呼ばれ神聖視され、装飾品や儀式上の道具などに使用されていたといわれています。

アマ族のルートであり、彼らはまさに石からのメッセージ(宇宙メール)を読む民だった。(日本ではやがて物部氏によって天皇家へひきついだ)

 

そして今日FBメイトからのOshoのこんなタイムリーなメッセージ。まさに宗教の終焉。

Let's Free

osho

新しい人間は、ヒンドゥ教徒ではない、

...

回教徒ではない、キリスト教徒ではない、共産主義者ではない。

新しい人間は、こうした「主義」は何も知らない。

新しい人間は、ただリアリティ(現実)への開き口、窓だ。

彼はリアリティをありのままに受け入れる。

それに、自分のマインドを投影することはない。

現実をスクリーンとしては使わない。

新しい人間の目は開かれている。

その目は思い込みで一杯になってはいない。

古い人間は、恐怖から生きていた・・

自分の神ですら、恐怖の産物以外の何ものでもなかった。

古い人間の寺院、モスク、グルドワラ、教会・・それらは皆、恐怖ゆえだ。

古い人間は震えていた。

怖れていた。

新しい人間は、恐怖からではなく、愛から生きる。

恐怖は死に仕え、愛は生に仕えるからだ。

そして、もし恐怖から生きたら、あなたは

生とは何かを決して知ることはないだろう。

繰り返し繰り返し、死しか知らないことになる。

そしていいかね。

恐怖から生きる人は、もっともっと

怖くならざるを得ない、あらゆる種類の状況を生み出す。

あなたの恐怖が、状況を生み出すのだ。

まさにあなたの愛が、状況を生み出すように・・

もしあなたが愛したら、あなたは愛に溢れることの出来る、

実に多くの機会を見い出すようになる。

愛は、新しい意識の味になる。

恐怖は、古い意識の味だったから、それは戦争を生み出した。

3000年の間に、人間は5000の戦争を行って来た・・

まるで私達は、他には何もしていないかのように・・

絶えずどこかで戦っていた。

まさに狂気の沙汰だ。

人類の過去は、正気ではない。

新しい人間は、この正気を失った過去との繋がりを断つ。

戦争ではなく、愛を信じる。

死ではなく、生を信じる。

破壊的ではなく、創造的だ。

新しい人間の科学、芸術・・全てが創造性に奉仕することになる。

新しい人間は、爆弾は作らない。

政治的にはならない。

というのも、政治は憎しみから生まれるからだ。

政治は恐怖、憎しみ、破壊的資質に根ざしている。

新しい人間は、政治的にはならない。

新しい人間は、国家主義的にはならず、

新しい人間は、グローバル(世界的)になる。

どんな政治的野心も持たない。

政治的野心を持つことは、愚かだからだ。

新しい人間は、非常に知性豊かになる。

その知性の最初の兆しが、地平線上に昇ろうとしている。

目のある人達・・彼らは、それを見ることが出来る。

子供達が反逆しているのだ。

新しい人間は、偏見からではなく、自発的な責任から生きる。

古い人間は、奴隷だった。

新しい人間は、自由だ。

新しい人間は、自分の存在の核そのものに、自由を持つことになる。

 

I’m Calling You from Bagdad Cafe 新化だね。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15058803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)