始まりのハジマリ

2014-03-09

いやはや、ウクライナ情勢や米ソ関係、そして突然のマレーシア航空の失踪・・・すべては一つの源の元に。

世界が荒れ狂うのと同時に、宇宙でも大きな異変が起きている。

A0306spinblackhall.jpgB0306marsaurola.jpgCsaturn-hexagon.gif

A:ピンクに光るブラックホール (Earth Change Media より)

B:嵐の状況にある火星。オーロラまで観測(Space Weather Com より)

C:6角形にひろがる土星のオーロラと磁気(In Deep より)

2月25日に発生した太陽のXフレアは、どうやらファンファーレのようで、その後に太陽の周りに集まるたくさんの巨大UFOも「集合合図」だったようだ。

こんな風にフレアは地球だけでなく太陽系全体に影響を及ぼし、それぞれの惑星がそれに反応して変化のエネルギーを発振させている。

気になるのは、地球の地震が大きく増えていること。ここ数日世界の広い範囲で、数分おきに地震が発生しているのだ→世界の地震

どうやら地球は膨張し始めているようだ。この1週間で、アメリカ、イギリス、中国などでシンクホールが発生している。

この地球の小刻みな振動は「変化」を促すためであり、同じテーマで書かれているブロガーさんのコメントに数珠つながりで感じられる歴史の真実と理解が最近多く見られるようになった。まさに五次元テレパシー炸裂。おそらく、それを促すエネルギーが大量に到達しているのだろう。

さらに、これらは超シンクロを起こしている。

前回、ソマチットについて書いたけれど、3月15日にいろいろなところで大きな開示がなされるとのこと。

SIRIUS のグリア博士や、リモート・ビューイングのコートニー・ブラウン博士、そしてKesh財団のKesh博士やスミルノフ学派の佐野博士たちによるソマチットやフリーエネルギーを用いた除染技術の発表などなど、宇宙や歴史の真実、新たなエネルギーなど、今まで発表をことごとく阻害されていたものがいよいよオープンにされる。これらは、宇宙のサポーターがしっかり見守るため、どんなに妨害しようとしても阻止されるだろう。

おそらくその頃に、大きな金融機関の変化が起きるようだ。ビットコインのいきなりの消失は、そのプロローグだったようで、かつて繁栄していた世界の名だたる国が金融危機になっており、成長を遂げているはずの中国も初の社債デフォルトが発生し、失速状態にあるようだ。

世界の出来事の多くは、こういう背景のもとに駆け引きを繰り拡げ、脅したりなだめたりの繰り返しなのだ。

でもそういうことももう必要がなくなるようにの「変化」がこれからおきようとしている。まさに、終わりのオワリがあり、これからは始まりのハジマリ。新たになるためのプロローグ。

0307pearlnibiru.jpg

NASAがようやく出してきた7色の真珠の光を放つ太陽。(そばに惑星X)。Earth change & pole shift より

惑星Xの暗号として、アリオンはSPASCIFICA (CAI PASS PACIFIC=CAI=X)という言葉をしきりに送ってきたが、2011年に解読しこれが惑星Xのことを示す言葉ということに気づいた。

このPACIFICは、大洋であるが太陽でもある。

 

霊的なる者 スパスシフィカは

大洋にありて 真珠の光

銀河の智恵 ことごとく光に集まりて

第七霊線として額に届く

 

闇からの使者 輪を持ちて炎を誤りに使う

これを支持する者 明らかとなる

月満ちて 冥府の王よぎる時 心せよ

 

塩の海 狼煙(のろし)が上がり しばらくは、右左判らなくなる

然し やがては左手の方向へ流れて行く

 

大鷲 荒れ狂い その爪に総ての者を懸けようとする

冷静なる者 血を流しても自分の場を守る

その数は四人である

10人の残り六人は 表面だけの関わりであり 

その事は大鷲の知るところとなり 報復を受ける

 

ユーカリの葉そよぐ美しき里 北の女王の国との不仲を隠しきれるか

 

決して 容器の中に詰め込むな 容器は神の力の形

人間の定めるところのものでは無い

風にそよぐ旗の様であれ

 

人間よ 総ての人間の為の人間であれ

ARION,O∴O

「光の黙示録」アーリオーン*北川恵子 大陸書房 1988より転載

塩の海の狼煙とは、海底火山の噴火だろう。そして、このSPASCIFICAの浮上先とされているのが、Xの形をしているインドネシアのスラウェシ島なのだ。インドネシアも火山が多いが、19の火山の噴火がこれからあるとされている。

大鷲とは、そのマークのとおりの国。冷静なる者は、プーチン大統領のことだろう。

jishinplate.jpg

地震大国の日本は、こんなにもたくさんのプレートの上に乗っており、地震の多いわけがわかる。スラウェシ島での火山活動も活発であり、今日も大きめの地震が発生している。

そして、びっくりしたのが3月25日に天皇陛下が遷宮を完了した伊勢神宮に、秘宝である「三種の神器」を持って参拝するということ。鏡に関しては、先月他の鏡が3Dで見ると表のものを光で投影できる、立体曼荼羅のようなものだということが発見されている。(まさに宇宙ホログラム装置)

これらの神器はAMA族のスサノヲ属する出雲族が所持し、天皇になる証とされている。つまり、この神器の本当の使い方を知り、儀式(スサノヲに通じて神託を仰ぐ)を執り行うのが天皇の役割だ。これらの神器がもちだされるのは異例のことということで、東北の復興も放射能問題も解決されず右傾化していく危うい日本の状態を憂い、天皇自ら執り行われるのだろう。

3月15日の開示がスムーズに行われれば、おそらく多くのUFOが出現すると思われる。(プレアデスの船体は地球上空に現在待機中とのこと)

いずれにせよ、地球規模(世界規模)での大きな出来事がハジマリのために出現し、私達はようやくステップアップしていく道に歩き出せるということ。ここを感じられる人は、涙が出るほど嬉しいはず。この進化のために生まれてきたのだから。

 

SPARKLE BY TATSU  何かぴったりな歌詞!はじけて!飛んで!上昇を。

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15037524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)