雪で開いた立春、そして土星の渦

2014-02-04

今日は立春。新たなユニットの始まり。そして今日雪が降った。するとイランでも大雪。イランと日本は湿度こそ違うものの緯度が同じなので、北と南で温度や収穫物が異なる。

すると、土星の極で6角形の渦が出現した。

Airan-snow-02.gif B0204suturnhex.jpg Csnow2.jpg

A:イランの大雪。イランの北部はダマヴァンド山という標高4000メートル以上の山があり、スキーもできるので雪は珍しくないけれど、テヘランでも大雪というのは珍しい。

B:土星の6角形の極

C:結晶構造の基本、雪の六角形。

なに?2月4日=2+4=6 雪と土星の6角形で、まさかの666 そうだ!ミロクのスタート。

 

12月末にポールシフトを終えた太陽は、1月下旬から小刻みにフレアを出しており2月にはいってから一日に10数回もフレアを噴出し、さすがに今日はお腹に来た。

そして今日は明らかにヴァイブレーションが変わり、太極拳をしていたらもう手全体がジンジンして昨日とは体感が違っていた。ほとんど毎日同じ時間帯に行っているので、日々の感覚の違いを感じ取っている。

今日気づいたのは、この太陽フレアで送られてくる電子の量が明らかに増えており、私たちは呼吸でこの電子を取り込んでプラーナにして電力として人体に作用しているので、電子量が増えると必然的にプラーナが増え、活性する。実際、今日は寒いのに寒さを感じない。

そして、宇宙はこの節目を大事にしているので、立春という大きな節を一つの単位として、次に進むギヤチェンジを行う。そしてミロクのサイン。OK 準備はできている。

土星と地球は土と大地で密接な関係がある。にもかかわらず、悪魔をSATURNという名に置き換えてしまったのは、この地球にとって大事な惑星を人類が信仰しないように(=エネルギーになるため)、地球を自分たちのものにしたいレプたちが仕組んだ罠だった。

今日の計らいは、それに気づけ!というメッセージだと感じた。 この六角形の形は、正三角が6つ合わさった大きなエネルギーグリッドであり、ミロクの立体系であり、フリーエネルギーの基本構造ということがわかる。

これにあわせて、宇宙が地球にエネルギーを注ぎ込んでいるのだろう。新人類への目覚めを促されているので、古い次元や考え方にしがみついている人たちは、うつ病など精神を病むことが多くなっているようだ。

それを手放している人たちは、どんどんテレパシックになり、言語を超えた理解力を感じ始めている。

そんな中でお宝映像発見!

 実は深い哲学家だったブルース・リー。

パートT  パートV

ブルース・リーはあの「アチョー」という声と抜群のカンフーでカンフーブームを作った人、という見識が一般的だったと思う。でもこれを見ると、とても聡明で、非常に深い洞察力を持った人物だということがわかる。

あの時代、アメリカで生まれ、香港で育ったという背景も関係するが、このレプティーなインタビュアーがいかに当時(多分撮影は1972年ごろ、そして翌年彼は謎の死を遂げた)アジア人を見下し、中途半端な理解しかしないで、彼の言葉で劣勢になると話を切り替えるという特有のいやらしさをムンムンさせているのにはあの時代の白人至上主義の特徴だ。太極拳はチャイニーズ・シャドウ・ボクシングだって!

でもこれを見て、ブルース・リーの言わんとしていることや感じていることが、言語化できないけれど全部わかった。まさにMartial Artist! そうなんだ、アート=ありのままの自分を表現する ということ。だから、自分を徹底的に理解し、向上させる、ってことなんだ。

ブルース・リーとその息子は、明らかにマイケルと同じに犠牲になった、と確信できる。彼らは、自分たち以上の能力や人間力を許さないはずだから。でも、この時代になって世界中の人がそういうことを目にして理解できるようになったということも、秘されていたことに気づく時期ということだ。

 

                        新しい光の副作用 (目覚めより

Sandra Walter 2014-1-24

 この強いエネルギーの波の副作用に拘り、捕らわれるのは好ましくありません。ゴールは、意識を拡大し次元のシフトを起こすことです。そのことを心がければ身体はこの旅を続けることにお礼を言ってくれます。

非常に多くの人がいろいろな症状を訴えてきました。

アセンションの副作用には目的があります。

心身に起こることは、

・もっと前進するために解放することを教えています。

・身体の中で感情を溜め込んだところは直に病気や加齢、肉体の衰えを教えています。

病気は感情に起因しており、行動や習慣、思い込みを通じてマインド・エゴで大きくなります。解放とは関係ない症状がアセンションの副作用だと考えられます。

人類全体の副次効果

私たちは人類全体の意識を形成しており、地球に降り注ぐ新しい光の作用に晒されています。中には地球の意識にシンクロして地球の修正や調整作用を感じる人もいます。また、太陽の動きに同調し、太陽系に流入する銀河の周波数の影響を感じる人もいます。それでも活性化や質的な向上が人類全体で起きており、同じような影響を受けている人が多くいます。

人類全体で起こる身体の修正は、意識拡大の副次的な結果です。一般的に意識の拡大に前向きになればなるほど副作用があります。それは多次元的に動き始めていることです。私たちと高次元、スターファミリーやガイドたちとが協力しあっています。高次元の存在はガイアの上でアセンションできるように働きかけています。

先月は磁気バランスの調整が起きたために多くの人がめまいを感じました。大きな磁気的修正が起きました。地面がぐるぐるまわるように感じた時は銀河のチームと共同するハイヤーセルフが修正を施したのです。今の局面は磁気の調整の時です。今年の春に人類全体の磁気バランス調整が強く発生するでしょう。

太陽活動は先ず心血管系に影響し、その結果胸腺の動きが不規則になり、胸がズキンとしたり胸を突かれたりするように感じられ、重たいものを放出します。委ねればそれだけ解放が進み楽になっていきます。瞑想や手放すことがこのエネルギーの高まりでは大切です。自分の中に溜め込まないことです。オープンになってください。

今、松果体―脳下垂体の動きが活発になっています。たくさんの新鮮な水を摂取して回路のバランスを維持して体を動かしてストレッチをしたりしてください。頭痛は活性化であれ解放であれ生体にとってストレスになりますので自分をコントロールし十分気をつけてください。

身体のテンプレートと意識が拡大している結果、その副作用が2箇所に表れます。腹部と頭部の拡大です。

腹 部

光の波が増幅して腹部の腺を成長させます。そこはブッダの腹というところです。ここ何年もそういうことが進行してきましたが、光に意識的に関わる人にはそれがはっきりしてきます。

横隔膜の下、へその上下左右で新しい腺が新しい光の周波数を取り入れようとします。古いボディテンプレートは大量の光を取り込めなかったので、神経系や器官、リンパなどに化学変化を起こします。多くの病気は新しい光が身体に入ると先ず最初に上の身体諸器官に影響を与えます。

新しい腺は、物質化する前は一定期間次元を超えていますが、その後、身体の所定のところで大きく成長します。それから活性化する時に体液と血液が入り込みます。光のワークをする時には、私の腹部は肋骨から臍の下にかけて非常に膨らみます。

お腹が非常に大きくなる時があるかもしれません。ある時ぷくっと膨れて次の日にはまた凹むという具合です。不快な気分になりますがいつまでも続くわけではありません。砂糖を控えたり古い食べ物、アルコール、カフェイン、加工食品を控えてダイエットし、大量の水分を補給しエクササイズをしている場合、お腹が膨らんできます。女性は特に敏感で、またシリウス系統(縁のある人)の人もそうです。

私は妊娠6ヶ月くらいにまで大きく膨らみ、ある時急に元に戻りました。そんな感じです。理想的な身体に拘るのはやめもっとフロー状態になってください。水を補給しゆったりした服を着てどんどん動いて行きましょう。エネルギーを貯めこむのは病気のもとです。身体は追いつきません。

頭部の膨張

これは副作用の素晴らしい所です。頭骨の前と後ろが線状に盛り上がります。それからその線状の間が埋まっていきます。最初微かですが、だんだんはっきりしてきます。

頭がだんだん凸凹してきたり、波型になったりします。それから凸凹がなくなります。頭のてっぺんと後頭部は、今の家系とは関係のない古代の系譜を表しています。頭骨の形の変化は銀河の遺伝に依ります。それがあなたのスター・ファミリーを表します。

頭蓋骨の形が変わり骨そのものが成長しています。頭部全体が大きくなっているわけではありません。それはゆっくりしていますが、知らぬ間に隆起しています。自分で触ってなぞってみてください。また親しい人に見てもらうのもいいでしょう。

頭骨が成長する理由・目的

・大脳の活性化 眠った細胞が繋がってもっとスペースが必要になっているのかもしれません。また再配線が起きています。半球間の膜組織が消えている。

・大脳の周りの新しい腺が活性化していて高い意識状態になるのを促進している。頭骨内で大脳がよじれるような感覚がする時があるかもしれません。

・テレパシー 高いレベルのコミュニケーションを行うスペースが生まれている。

私の場合はこの2年間頭蓋骨が大きくなりましたが、不快で変な感じがして痛みもありました。時々王冠をつけたような感じがするかもしれません。でも、私の場合、ここでの自分の役割が再編成していることが理由であると分かりました。

見分ける

レベルアップするというのは症状にこだわるのではなく、変化することの意味や目的に注意することです。自分の中で生じていることを十分に感じてください。

でも、アセンションの副作用かどうか、医者に行く必要があるかどうか、ハイヤーセルフ以外教えてくれる人は誰もいないでしょう。ずっとひとつの症状が続いている場合には何かを教えているのだと思います。一般的なものであるとは決められません。見分けてください。

http://www.sandrawalter.com/side-effects-of-the-new-light/

今、病気で悩んでいる人や、心が晴れない人は是非このことをしっかり感じて欲しい。古いパラダイムと古い自分からの解放、それを宇宙が気づかせたくて示していると感じて・・。ウマレカワル!

今日はTATSUの誕生日!一番達郎らしかったこの曲をセレクト。でも、きっと人生についていろいろ感じているだろうなあ。ドラムは故青山氏。もうこのメンバーとは二度とセッションできないのだから・・

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15021888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)