人生のベストタイミング

2013-05-20

太陽が猛烈にダッシュして、やっぱり世界中で揺れましたね。

でも立て続けにフレアがでているので、これは断続的に続いてきます。とうとうケプラー観測機が壊れちゃったそうですが、衛星通信や通信網へのダメージも懸念されています。

だいぶ多くの人がかんじるようになってきて、ふらつきや眩暈、耳鳴り、過度の眠気などが報告されていますが、私は2年前から翻弄されていたせいか今回は耳鳴り程度で済んでいます。というより、何だか体がフォームごとすっかり変化しているようで、久しぶりのお客様から良く指摘されたりします。(みんな良く観察してるんだと、つくづく感心)

そして多くの人が、今年の異変を感じ始めています。進化を始めてしまった人は、もう過去へは価値観も思考も戻れないですね。

 

世界の変化も著しい・・。全てが劣化しているように見えてしまう・・。

この間しみじみ感じてしまいました。 私は自分の年代も社会の状況も全て「ベスト・タイミング」のときに、色々なところに行き、遭遇し、活動できていたよなあ、と。

80年代のアメリカは、一番キラキラしていたと思います。インドもまだのんびりしていた時代でインドっぽかったんですよね。90年代イラン・イラク戦争後のイランはちょっとものものしかったですが、それでもマニアックな旅を楽しめました。今では、インドも単身の旅行は危なくなってきました。

起業後は海外へ行く事はできなくなりましたが、時代とともに世界や社会の変遷は否めず、今は世界中が不穏な感じがあり、人々の心も余裕が無いように見えます。

仕事にしても日本での全く新しい分野に携わる事が出来て、そのワクワク感や使命感など本当にやりがいの在る日々をすごしました。もちろん、ここで沢山の方々とご縁をいただけた事もとても大きいです。

先日、岡本記念クリニックで一緒に働いていたK先生から連絡があり、「定年になりました」と言う報告を受けました。 あ〜、もうそんな年月がたつ・・。「あの頃は、まだアーユルヴェーダなんて誰も何も知らなかったから、必死だったけれど楽しかったね」。ただただ一生懸命でした。

故幡井先生が発起人となり、「東西医学融合研究会」を作り、アーユルヴェーダ研究会を日本アーユルヴェーダ学会へ昇格させる働きもしました。幡井先生は東邦大学医学部定年後から日本でのアーユルヴェーダ普及に取り組まれたのですから、ものすごいバイタリティでした。

でもきっと、幡井先生は教鞭を振るっているうちは「西洋医学」が生業だったので、その日を来るのをずっと待っていたと思います。だから、やっと実現できると言う思いがエネルギーになったのでしょう。とても精力的に動かれました。

でも先生が89歳で病に倒れ、手術後ものすごい意志で回復し家に戻ってきてから初めて空腹を感じ「バナナでも食べようか」とおっしゃられ、バナナを用意すると 「先生、この症状にバナナはいけません」というスタッフの横槍が入り、奇跡の回復で「バナナを食べたい」といっているのに、何を言っているのか!と怒りが込み上げてきたそうです。

この間魔女のお気に入りでとりあげた、アリオンメッセージの中の、「あなたがたに必要なのは手に入れた知識を使いこなすだけの知恵と、その知恵を支える愛の心だ」と言うフレーズが、ぱっと浮かびました。

K先生は、「私はこれからは自分の好きな事をして、好きなものを食べて、好きなように生きます!アーユルヴェーダは卒業します!」と断言。それでいいと思います。長生きをするために、あれこれセーブしたり、気を使ったりするのもいいけれど、一番大事なのは自分を生ききること。 責任感が強い人でしたから、人生のほとんどで「我慢」をしていらっしゃったのでしょう。

人生のタイミングは、遅い早いではなく、その人にとってベストな時が大事なのです。それは、その決断や行動を迷わず選択できる自分への信頼が出来る時です。

 

私にとって、アロマやアーユルヴェーダに出会えた30代は、人生の中でのベストタイミングでした。20代では若すぎ、40代では遅すぎ、環境的にもその勉強に没頭できる状況が整っていたので、邁進できたのです。そして、それを深める場と実践することができたのも、奇跡の流れの中にいたからでした。

よく私はみなさんに、「30代は人生のあんこ」と言います。20代では自分の適性や本当にやりたい事は見つけづらく、特に女性は仕事以外に結婚や出産などの状況があるので、その延長線上にある30代によって方向が違ってきます。でも本当にやりたいことは、生まれた時に既に決めているのですよ。

直観力によって、それを思い出すだけ。30代であんこを練って、40代でドラやきか大福かどんな商品になるか決め、50代でまとめる。でもこれは、既に3次元のものとなります。

次元上昇に向かっている今は、日々がベストであるように。そして昨日より今日という Something New という何か新しい事に一個気付く ということを大切にしていくと、新たな視点が構築されていくでしょう。

 

それにしても、フレアの影響がでる今週一杯は、地震や噴火、停電、耳鳴り、眩暈、頭痛、下痢、食欲不振などに注意してすごしてくださいね。特に21日から月食の26日までは要注意日です。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14818413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)