立春カレー

2013-02-04

節目というのは、実はとても大切です。今日は立春。暦の上では、春の目覚めの時。

日本では、2月は一番寒い感覚がありますが、それでも植物を見ると福寿草やフキノトウ、梅、など春を感じさせるものが芽吹いてきます。

野菜も、少し早いかな?と思いきや キャベツやゴボウなど 「新」のつくものがコーナーに並ぶようになりました。

そこで、今日は 冬と春の中間に立ち なおかつ お腹のお掃除(浄化)になるカレーを考えました。

rishuncurry.JPG 立春カレー

写真ではわかりにくいのですが、先日メルマガで紹介したレンコンつくねを具にした春キャベツを使ったロールキャベツを作り、里芋のポタージュをベースにしたカレーとあわせました。

さらに、新ゴボウとレンコンをす揚げにしてカリカリにしたものを、しょうがを醤油と溶かしたギーに浸したものをご飯にまぜ、その上に乗せました。

スープには、玉ねぎとセロリを使ったコンソメ仕立てに、金針菜とライムを入れたものを使いました。

アーユルヴェーダでいうところの<6味>と、ヴァータとカパの対策として体の温まる根菜をベースに、胃腸に負担のかからない 寒い時期にあう和ーユルヴェーダ・クッキングとして考案してみました。

マイルドで、ボリュームがあるのにさらっと食べられる一品です。

これだけで、沢山の野菜がとれました。

 

<作り方> 2人分

春のロールキャベツ  

春キャベツの葉 2枚、レンコン 160g、 生しいたけ 1枚、ショウガ絞り汁 小匙1杯、長ネギみじん切り 大匙1杯、鶏ひきにく 100g、コリアンダーパウダー 少々、 塩・こしょう 少々

 @キャベツはゆで、レンコンは 20gをきざみ残りはすりおろす。

 A鶏ひき肉ときざんだ生しいたけ、長ネギ、コリアンダーパウダー、塩・こしょう、レンコンのすったものときざんだものをあわせて良く練り、ゆでたキャベツに巻いてロールキャベツを作る。

 

里芋のポタージュ

里芋 3個、 長ネギ 10センチ、 しょうがきざんだもの 小匙1杯、 コリアンダーパウダー少々、 塩・胡椒 少々、 (味付けは、和風・洋風・中華風などお好みで) 生ゴマ油 少々 水 1カップ半、豆乳 1カップ

 @ 里芋を薄く切り、長ネギもみじん切りする。

 A 鍋に生ゴマ油をひき、きざんだしょうがとネギを炒める。

 B 里芋と水を加え、コリアンダーパウダーを入れて里芋が柔らかくなるまで10分ほど弱火で煮る。

 C Bをグラインダー又はミキサーでポタージュ状にする。

 D Cに豆乳を加え、塩・胡椒、好みのテイストで味付けする。

 

立春カレーは、この里芋ポタージュにパウダー状のカレー粉を入れ、春のロールキャベツをこの中で煮込みました。きざんだ里芋と、ピーマン、ゆでたニンジンをトッピングにしています。

 

それぞれ別々のメニューとしてもアレンジが可能なので、色々試して見てくださいね。 

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14709505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)