同窓会 

2012-10-15

 

先日高校時代の同窓会がありました。

約40年ぶりの再会に、すぐ分かる人も居れば「誰?」というくらい分からない人も居て、その中で私はこんなにばっちり化粧をしているにもかかわらず、「チー」とたくさんの人に声を掛けてもらいました・・って、クラスを超えても目立っていたのです。(騒がしかったのと、存自体が派手で)

すでに、9名くらい他界していて、皆完璧に健康ではなくなってきている分、今会っておかないともう会えないかも、と感じる年齢になり実現した同窓会でした。(私たちは、食品添加物と欧米化食事のさきがけだったため、ガンとかの罹患率が高く長生きしない年代だそう。それプラス、下町っ子は駄菓子で育っている為、骨とか免疫とかも脆そうです。)

 

その中で不思議な縁で遭遇していた人も居て、40年ぶりにそのことが確認されただただビックリ。

そして私は富士山で頑張らない自分になってから、頑張れなくなり、楽しすぎて途中で記憶喪失になってしまいました。人生の中で初めての経験。しかし翌朝ちゃんと布団の中で目覚め、パジャマに着替え、お風呂にもちゃんと入った形跡があり、「!」 ワタシドウヤッテカエッテキタンダロ?かすかな記憶で電車に乗ったのは覚えているけれど。 やばい!

あとから心配して留守電や電話を掛けてきてくれた人たちからいろいろ聞いて、もう赤面です。

(カラオケで手話で歌ってたらしいけど、オボエテマセン。ひゃーー)

 

でもね、一生懸命生きてきた人はその瞬間瞬間に感じるものがあり、40年分の人生を1時間で理解する事ができました。人生を過ごすって、そういうことなんだ。

今回、こんな素晴らしい仲間達と一番キャピキャピしていた年代を共に過ごし、たくさんの思い出を詰めてもらえて本当に幸せだったなあ とあらためて確認できました。(ほんとに毎日お腹が痛くなるくらい笑っていて、勉強はたいしてしなかったけれど、学園生活というものを満喫できていました。)

みんなもとても楽しそうだった。そして思ったより、バツイチだの未婚だののヒトリモノが多かったは意外でしたね。そういう時代のハシリだったかも。

人生はいろいろだけれど、こんなに仲良くまとまれるなら、何かできるかもしれない。

楽しすぎたので、すでにもう忘年会の企画があるそうなのだけれど、今度はキヲツケマス。

しかしこの人材、タカラモノぴかぴか(新しい)

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14580505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)