ASIAN SEEDS-5

2012-09-27

先月からインド、パキスタン、ネパール周辺の洪水が顕著で、地すべりもおき被災者も多く出ており、感染症なども増えてきているようだ。

assamflood.jpgアッサム(インド) pakistanflood.jpgパキスタン

アジア周囲の洪水は長引いており、インドで2百万人、パキスタンでは450万人以上の避難者がでているそうだ。テレビ等ではあまり報道されていないが、洪水はアジア全体に波及しており、大地や山のぬかるみからの二次災害、避難者の健康被害などが懸念されている。

そして、この二ヶ月にわたる水浸しは、農作物などに大きな影響がでてくるだろう。

何より、余りに膨大な数になっているので被災者への支援が十分なされているのだろうか。

 

<AMA族の軌跡ー4>

★ スサノオ(出雲族首領)とアマテラス(日向族首領)の婚姻(日本に渡来したAMA族間の初の婚礼)に、真っ向から反対する人物が出てきた。

 

残念ながら、その人物の名が特定できない。

後世にまで歴史に汚点を残し、その名をAMA族自らが抹殺したからである。

その人物は、強力な鬼道(呪術)を巧みに操ったアマテラスの弟であった。何故末子相続が通例のはずのAMA族が、弟を王として立てなかったのかは未だに謎であるが、アマテラスと接見する者は、王となってから政治を助けたこの弟以外少なかったという。

表面的にはアマテラスがリーダーであるが、この弟こそが鬼道師であり姉のアマテラスを傀儡として自在に動かしていた人物であった。

 

弟は、日向と出雲の合体案によって自分の立場が脅かされることが分かるやいなや、イザナギ・イザナミの進める姉とスサノオの婚姻に真っ向から反対し、婚礼を行うのであれば、鬼道によって後世まで祟る呪術をかけると人々を脅した。

これは反対の為の反対であり、誰から見てもワガママで在るのは明らかであった。

そして婚礼が行われるやいなや、AMA族渡来以前からあった聖地を、大きな石などを使って封じ歩いた。

この石は、ストーンサークル(環状列石)等とは目的の異なるもので、カンのいい者には見分けることが出来るはずである。

 

アマテラスの弟の仕掛けた封印によって、太古から存在する地球上最も強い磁場である日本の力が大幅に減じることとなり、AMA族の歴史、ひいいては日本史に亀裂を生むのである。

 

現在、多くの人がカミゴトと称し、互いの存在も知らずに各地を破って歩いているのは、このアマテラスの弟の仕掛けた呪いの封印だ。

 

アマテラスは、この弟の所業によって東国で大変評判が悪く、後に天照皇大神としてのアマテラスが、伊勢に鎮座するまで約20年以上もかかって彷徨ったのも、アマテラス姉弟を忌み嫌う東国の住人からの猛反対があった為である。

それほど、呪術に恐れをなしていたのが古代であった。

 

日向族首領アマテラスの弟の所業は、後世の日向族によって記された「日本書紀・古事記」に於いて、出雲族首領スサノオの所業とされてしまうのである。

 

ARION,O∴O

「アリオン語録より」 (発表年月日不明 2000年以前)

前回ニギハヤヒのことを書いたら、In Deepさんの記事にシンクロするものがありびっくりした。

ウイルスの流入の繰り返しでDNAの進化をなし得てきた人類をサポートする「宇宙と火山」(2)

神や天皇のことを説明しているのだが、インドネシアのクラカタウ山噴火後に疫病が流行っていたというくだりはちょっとひっかかるものがある。

10日ほど前にクラカタウ火山が噴火しており、歴史の中でこの火山の噴火後に世界中で変化がおきていることをやはりIn Deepさんは以前調べられていた。

西暦536年ということなので惑星Xの接近はないが、惑星Xがひきつれる磁性の尾のなかの隕石などが落ちるとき、油性のべたべたするほこりとともに新たなウイルスなどもおちてくるという。すると、あちこちでSARSに似た新型ウイルスの患者がでてきた。DNAは、宇宙線だけでなく、新型のウイルスなどによってたえず免疫システムをも変化させ進化していくのだろう。

私たちは今あらゆる方面から、ボディも、精神も、マインドも、大きく鍛えられている。来るべき時に備えて・・。

 

 by BANK BAND (Kazutoshi Sakurai) 作詞・作曲 中島みゆき

この歌は、桜井君が歌うのとみゆきさんが歌うのでは、情景や色、温度まで違って聞こえる。男と女の強度の違いのような・・。オリジナルでないものを歌うとき、その人の本当の声が感じられるみたい・・。

この記事へのコメント
ブログを始めたのですが、勝手ながらこちらのアドレスを紹介させていただきました。ブログ知識が無いので、失礼がありましたらご連絡ください。
コメント暗号化送信されないので、メルアド書きません。
またメールも届かなかったのでこちらで失礼致します。
Posted by yuki at 2012年09月28日 13:02
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14558684
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)