体調不良とアーユルヴェーダ

2012-06-05

ここのところ、以前にもまして体調不良の人が増えています。吐き気、食欲不振、下痢、頭痛、耳鳴り、眩暈などが一連の症状としてみられています。

5月からの宇宙のイベントを考えれば、ものすごい磁力が働いているのがわかりますが、余りに重なっているので体がついていけないのでしょう。

私は多少ふらつきますが、変調から1年近く経過しているので体がだいぶ慣れているようです。

そして、下痢の人も多くなりましたが、これは内部被曝などから立ち直ろうとする体の知恵もあると思います。だから、むやみに薬で止めないほうがいいと思います。

常連のお客様は、体が敏感になっているので反応はするのですが、短い期間で立ち直っているようです。

 

そして、意識の変化も多くなりました。

突然宇宙の事がとても気になったり、昨年では理解できなかった事が一気に理解されたり、自分のことを見つめなおしたり、読みたい本が変わっていったり・・と。

何より、今まで「ともだち」と思っていた人と突然話がかみ合わなくなったり、距離をおいてしまったり・・。

これらは、周波数に変化が起きているためです。

例えば愛し合う夫婦が突然「性格の不一致」を感じるのも、どちらかが意識のポイントを引き上げてしまったために相違点を知ってしまうように。

でもこれらは、私たちにとってとても大切な事なのです。

一ヶ月前の自分、昨年の自分、10年前、20年前の自分は同じですか? 好きなもの、こだわっている事は変わりないかもしれないけれど、続けていく事で深まる感覚がなければやがて惰性となり飽きが来てしまうでしょう。

物事を知る、ということは 自分でたどり着く場合と 情報で知る場合とありますが、自分でたどり着く場合は偶然ではありません。しかもそれが直感的であるほど、必然性が高くなります。

 

最近私のところにたどり着いてくる人は、アーユルヴェーダだけではない事が多くなりました。

怪しいブログを書いているせいもあるけれど、「今行かなくては!」と強く思うことが多いのだそうです。

本気でいらっしゃる方は、コンサルテーションの時から既にエネルギーが流れます。

それは私にも強く流れてくるものを感じるのでよくわかるのです。

以前はドーシャのバランスを戻す事が目的だったトリートメントも、今は「充電」「パワーアップ」と言う感覚になりました。

この未曾有の宇宙嵐の中で、地球ごと翻弄されている人類は、嵐の海にもまれている舟の乗員のようなものなのです。地上での疲れとはわけが違います。

そしてこの舟は、今まで通った事の無い新たな海へと繰り出そうとしているのです。船の乗員は経験も知恵も使えません。使えるのは直観のみ。まさにそんな感じなのです。

体調の悪いのは船酔いのようなもの。同時に、通った事がないので怖れや不安にさいなまれ、ちぢこまってしまっている心。

そのリセットと、新しい視点を与えるのが、今の私のトリートメントになっています。

魔女日記にも書きましたが、8番目のチャクラは「光の愛」の海であり、銀河そのもののエネルギーで満ちています。これも神のギフト。その感覚を伝える事が、新しい仕事になっているようです。 

2012年の後半に突入する今、どうか皆さん周波数を上げて船酔いから目覚めてください。浄化を進めてください。後半の宇宙のエネルギーはさらに加速していくので、乗り遅れないように。

その一助になれるよう、がんばりますから手(グー) お待ちしております!

 

忘れないで by MISIA  彼女のハイトーンボイスは、宇宙的。素直でなければ出ない音域。パワフルです。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14412657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)