計画するなら来年に。

2012-02-20

 ここのところいらっしゃるクライアントの方は、さまざまな「不安」を抱えていることが多く、以前は「ストレス」が圧倒的だったのに対して社会情勢等による将来不安が大きいようです。

 例えばAさんは、とうとう親が認知症となり介護をしながら仕事も家事もこなす一方で、自分の老後の不安が大きくあります。Aさんの将来設計は、介護用の費用と老人施設の費用を年金以外にどう捻出するか?です。

 その一方で、介護の大変さが身にしみておられます。私は言いました。「それなら、だらだら生きるのはやめましょう。認知症にならないために、どうしてすごせばいいかはたくさん勉強してきたはず。なのにどうして、老人施設に行くと決めてるの?」と。

 私は介護福祉の勉強をして資格もあり、認知症ではありませんが父の介護も経験しました。両親を看取りながら、自分の人生への糧としました。自分の人生は自分で作り出す。そして決める、と。

 

 戦後、日本が平和で成長していた為に、困難に対する想像力が働きません。だからパワーが落ちている。と同時に、今突破口が無く閉塞的な日本の状況に対して 「何故このような事態になっているのか?」ということを <知らなかった、知らされなかった、知ろうとしなかった、知らなくてもいいと思った>という感覚で過ごしていたのだと思います。

 そして、いつでも誰かが、行政が、政府が、どうにかしてくれる・・。そう思ってたら、何だかだんだんタイヘンな事になってきたみたい・・。 という感覚が多いのでは? そして、世界に何が起こっているのかも知らず存ぜず、とても狭い視野と意識で日々過ごしています。

 

 逆に、いろいろなことを知る私はアングロサクソン・ミッションに 「どうしたらいいんだ!どうすればいいんだ!」 とギリギリしていましたが、THRIVE (ニコ動画) というフリーエネルギー論を知り、ようやく明るい世界の光を見たように感じました。この「支配や構造」に気づく事から始めないと、何も始まらない。

 そして今世界は、権力=軍事力 というパワーを見せ付けて支配する、という構造になっています。このままでは、永久に戦争も終わらず、地球の資源をとり尽くしてしまうでしょう。人間としての資質よりも、マネーの力が強い世界なんて、とっとと私は抜け出したいくらい!です。

 そこへきて、2012年。最近又地震が多くなりました。異常なほど寒冷で、太陽の力が鈍っています。2012年論には諸説ありますが、多くの科学者と霊能者さんの意見が一致してきて、地球の極反転が太陽の力によってもたらされることと、その時に生じる大きな変化によって人類の未来が大きく変る・・。

 そのために大切なのは、人類の理解力や認知力が意識的に向上し、精神性が高まること。これが新たな地球との磁場共鳴に必要なこと。このTHRIVE のトーラスという地球の磁力を用いたフリーエネルギーは、そのまま人間も同じ構造になっているのです。天と地の間にいる人として、もう曇るわけにはいきません。

 政府が予算を一生懸命計算し、増税し、それでも足りない といいます。彼らが描く未来へは、政治家の人が行ってください。今稼動している原発は54基中2其だけなのに、停電は起こっていません。去年の騒ぎは何だったのでしょう? こういうの、おかしいと思わなければ何も変えられないし、替わらないでしょう。

 この狭く地震大国の日本に50基以上の原発を作った人(許可した人たち)そして、流れたお金 を 換算したらどれだけいいことができたのでしょう? 原発は止めても100年以上管理しなければなりません。その間にずっと費用が必要になります。なのに、何故他国にまで売るのか?気付くのが遅かったので、3.11が起きてしまったのでしょう。

 

 私は皆さんに言います。「計画は2013年に。この1年がどのように過ぎるのかは、きっと私たち次第。自分が描きたい未来は今年が終わってからにしましょう。そしたらわかる」と。その分、今年は自分を高める為に(勉強とかではなく、感覚や感受性を磨く)時間を遣うことがいいと思います。昨年のアリオン・メッセージにもあったけれど、地球表面にたまたま住んでいるのが人間。宇宙の計画はもっと壮大です。

 地球の今の状況を感じられるボディのうちに、土の上を歩き、陽射しを浴び、自然に浸ることにしました。

(光を浴びなさい と感得し、自然に触れていたら骨の感覚に変化がありました。)放射能とかあるけれど、東京から逃げろとかいわれるけれど、私はここにいます!意識をかえたかったら、まず動きましょう! 

 satomipark.jpg 都心でも、こんなに麗しいシーンがありました。(木の間からスカイツリー)

motherfarm.JPG 自然への感謝。山はやっぱりいい! 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14272089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)