若者よ、い(生、行、活、往)きなさい!

2012-02-10

今日は建国記念日。そして、紀元節。

3.11から11ヶ月が経過して、この月日で改善されたものの少なさに気落ちしてしまうほど。

若者ならばなおさらです。この国の未来や方向に一つも夢を見出せない今、どうやって生きていこうか?と考えるのはとても自然なことです。

先日も、そんな悩みを抱える若い方がいらっしゃいました。

 

若い人たちよ、どうぞあなたたちの理想とするこの国の未来を作ってください。

自分たちが幸せと思えるような暮らしや環境、社会を自らの手で作ってください。

今在る社会は、映画「ALWAYS」を見てくれるとわかるように、戦後の復興と共にアメリカを見本として突っ走ってきた社会の果てなのです。本当の日本人は、江戸時代までの感覚。

江戸時代は鎖国をしていて、経済成長などない時代だったけれど、それでも人々は色々工夫をしながら楽しそうに暮らしていた。

自分も含むALWAYS世代は、ひたすら「モノ」を得る事の為に働き、それが一番と思ってきました。でも、今を見ているととても空しい世の中を作ってきてしまったようです。これは洗脳でした。

特に日本の1980年代以降に生まれた若い人たちは、モノに溢れながら幸せそうでない人々の顔を見ながら育った世代。そして、バブルがはじけて経済の下降線をたどる過程の中成長してきた世代。とても真剣に物事を考え、精神的に進化している世代です。

その親たちがALWAYS世代です。 だから価値観も考え方も全く違う事でしょう。

「親の言う事を聞かなくていいから」と思わず言ってしまいます。(親不孝ではなく、親も考え改める必要がありますから)

 

時代が変わりました。大変な時代に入ります。若い人たちが、元気に暮らせる国であってほしい。そのためには、今の制度を壊す必要があります。今の価値観を変える必要があります。

自給自足でまかなう新しい村づくり、ネットワーク、コミュニティ。今を続ける必要はありません。

いらないものがたくさん在るでしょう? 自分たちが楽しく暮らせる社会はどんなものかをたくさん想像してみて下さい。そこから創造できるものがたくさんあります。

だから、若者よ いきなさい。 いきたい所へ、急いで!

そして響き合う人たちと出会い(出愛)、集いなさい。結びなさい。本当の幸せがわかるから。

 

今地方では、若い人たちや避難してくる人たちの受け入れ態勢を整えています。日本を変えるのは地方から。土地を大切に、儀礼を大切に、そして新たに仕切りなおす。

今が未来を紡ぐチャンス。 急いで!

人として by Off Course  

この記事へのコメント
先日、お伺いさせて頂いたNaokoです。2/2にこちらのブログを初めて拝見してぴんときて、2/4に申し込みのメールをさせて頂いたのですが、本当にトリートメントも、お聞きできたおはなしも、本当にこころがしっとりすることばかりでした。そして高橋さんが、本当に光るような明るさとエネルギーを持ってらっしゃって、ブログで感じたバランス感覚通りに魅力的な方だったので、じぶんの直感は間違ってなかったなあ〜とうれしい気持ちで帰りました。ぜったいに、直感をとりもどしてやりたいことをやっていきます。またタイミングのときに、トリートメント受けさせていただきたいです。これからもブログ拝見します。ありがとうございました!
Posted by Naoko at 2012年02月11日 20:22
先日はありがとうございました! この間長崎の方が見えて、長崎には農地もたくさんあり、お嫁さん探している人もいるよ〜と言ってましたね。
九州は、鹿児島をはじめ新農業を始めるところが多いようです。動いて見てくださいね!若者よ、頑張れ〜
Posted by KARINA TAKAHASHI at 2012年02月14日 00:19
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14261208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)