やっぱりね

2012-01-12

 1と2だけのこんな美しい並びの日に、またまた12:20とか2:37とかにユレマシタ。

でも今朝、「地震きそう・・」と漠然と感じたのです。結構昨日は、又 平衡感覚がおかしかったから。

 そして、案の定クリスマスとお正月が開けてから、イランへの圧力が増えてきました。経済制裁もだけれど核研究者へのテロや、日本にも「石油買うな」といってきましたね。ドラゴンの国が突っぱねているのが小気味がいいです。

 

 今年は、色々な国でトップ交代がありますが、今私たちは 一つの国の作られ方=指導者の奉られ方 というのを客観的に見る事が出来ます。その中に、国民へのイメージ付け(洗脳)とか、義務とか、圧力だとかを見ることが出来、色々な事を考えさせられています。(過去からずっと続けられている事ですが・・)

 これは、どこかがとても模範的、ということではなく、一つの戦略として 束ねる、纏める、つなげる のあとに、支配する、服従させる、 ということが多く行われているのです。

 民主主義 という小気味の良い言葉の影で、「神は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」というスローガンのもとに正反対の世界を作り上げてきた人たち。この上と下の文字って面白い。単純にひっくり返すだけで同じなのね。つまり鏡のようなのでした。 

 ここにみえてきたものがあるのです。 正義 といいながら、間逆のものが存在している。つまり、表のなかには裏がある、ということを。 これが大きな仕組みでした。しかも裏をみせているときは、その裏にもっと大きな裏があるという 矛盾システム・・。 

 

 イランもバックの力を強めていきながら、結構やる気満々という姿勢。でも、こんなものがあります。

 エリア52。 ハープよりも強いシステムを持っているそう。Live Earthaque Map をみていると、最近イランに地震が多いのが分かります。オーストラリアからイランとトルコ方面への沿線上に地震が多くでてきました。ここはハープだけでなく、本国より大きな いろいろ実験施設 になっているそうです。

 トルコも実は コメクニに逆らっており、イライラスエールにも苛ついています。(ここも地震最近多発していますね) 

 オーストラリアのすごいのは、これだけ大きい国なのに原発がありません。自然エネルギーでまかなっているという・・。 安全圏確保でしょうか。

 あの湾岸戦争が突然始まったとき、スカッドミサイルとかの新しい武器にびっくりしたけれど、今はそんなもんじゃない。イラクよりももっとすごいものができている。

 コメクニは、世界から核兵器をなくすといいながら、昨年も地下核実験を行い新たな核兵器を作り出しています。(ほらね、矛盾) ともだち作戦 をしてくれましたが、日本は別に今いらないと思えるようなミサイルを超お高く買いました。→ あっ! 参加させる気? え?納品間に合わない ヨカッタ!

もうそろそろ皆さんも目を開けて、ちゃんと物事の筋道をみましょうね。

 

 今私たちは本当にきわどいところにいます。 想像力のある人もない人も、ちょっと意識してニュースを見るようにして見てください。これは決してイランだけの問題ではなく、世界の問題でもあるわけですから。特に日本の立場は、世界で一番きわどいのですから。 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14234808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)