謹賀新年

2012-01-01

dragonbenten.jpg 謹賀新年。(江戸時代に描かれた龍に乗る弁才天。和洋印中ミックスのスタイル) 

今年はどうしても HAPPY や 祝 のつく言葉をもって、新年の挨拶をする感覚にならずこの言葉のみで失礼します。色々な問題が山積みの上、原発も収束せず、世界情勢も危うく、今までにない新年になりました。

すると、いきなり大きな地震。 まさに辰年で 激震が走りました。

 

2011年に余りに色々な事がありすぎてもうこれ以上と思いきや まるでドラマがはじまってしまったような感覚があり、アセンションや世界の終わりを示唆する2012年に突入し、神妙な気分にもなります。

しかし、アリオン・メッセージを分類しながらピック・アップしていくうちに、さらに深い感覚となり色々な事への更なる気付きがありました。

全ては宇宙のはからい。 太陽は再び活性しだし、なんと金星からもフレアがでているという異常事態。

金星は燃えているのか?

 

それでも、心麗しくなる事も諸所あり、そこにフォーカスしていけば光は見つかります。

今年はいろいろなことに「工夫」が必要となるでしょう。 工夫とは想像力 そして 創造力。

そのことに思考を使っていくと、気持ちが上昇していきます。

時にはぶっとびなことも空想してみたりすると、スケールが広がります。

ありえない、できっこない、 と思うより、 それに近づく為にどうしていったらいいだろう? と下から積み上げていく思考論理。 小さなことでも、積み上げていけば 高さになる。それを実行する。

実行なしだとただの妄想。 それを一人より二人、二人より三人 と広げていけば、三人集まれば文殊の知恵というように、三位一体というように、大きなものに変化していきます。

 

今までは、欧米式の 競争スタイルを強いられ、 団結の日本人はとても苦労しました。

でも、もう一度自分たちの方法でもどせばいいのです。 大きな会社や組織では無理でしょうから、これから作る小さな会社やグループなら実現可能でしょう。若い人たちからはじめて欲しい。

心も体も傷んでいる私たちに今必要なのは、優しい社会。 政治家は、さらに痛めつける社会をつくリたいようですから、身近なところでは優しい場所を目指しましょう。

ただし、甘やかすのと優しいのとは違います。優しさの裏側には厳しさや強さがあります。 お砂糖だけよりちょっと塩を入れると甘さがひきたつように、一人一人が本当の強さをもてば優しくもなれるのです。

今年は、自分を鍛えて。 何が起きても楽しむくらいの余裕を持って、全力でいきましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14226077
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)