神の試練

2011-12-14

今年もあと2週間ちょっと。でも連日、何かしら大きな出来事があります。

先週は、浅田真央さんのお母さんが亡くなられ、真央さんはGPファイナルを欠場しました。

21歳という年齢で、母親をなくすというのはかなり辛いことだと思います。きけば、15年以上前からの闘病生活だったとか・・。健気にも真央さんは小学校低学年からお母さんの病気とともにスケートに励んできたからこそ、並外れた集中力と精神力をもって臨んで来たのでしょう。

でも、遅かれ早かれ親との決別のときはいつかくる。そこから、真の精神的な自立が始まります。

まだ幼さの残る真央さんが、少しずつ女性の表情をたたえ始めました。きっとこれからは、凛とした菩薩のような表情になることでしょう。人のいたみや悲しみを理解し、真の愛に気付いていくプロセスにおいて、最愛の肉親との別れはいうなれば神の与えた試練です。

とくに表現者としてのアーティストには、必然とでもいうべき資質となります。

 

母の過酷な死、自らの離婚など、波乱な人生を歩いている安室奈美恵さんは、単に可愛いアイドルを見事に脱皮して、歌も踊りもパーフェクトなエンターテイナーに成長しました。辛さを知っているからこそ、耐えて乗り越える強さを身につけ、誰も真似することのできないパフォーマンスを進化させていっています。

真央さんも、今まで以上にスケートを極めていくと思います。 ある意味、親離れ の時期だったのかもしれません。 親子は、ある時期から距離を置いていかないと、ひとり立ちできていかない。自分の人生を構築するには、自らを律する 自立=自律が必要になっていきます。

今は辛さしかないと思うけれど、乗り越えて、逆に今まで見えていなかったものが見えてくるとき、自分の引き出しが広がるとき。どうか、麗しい人生になりますように・・。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14209578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)