未来の行方

2011-11-02

今日福島原発2号機が、臨界爆発の可能性があるためホウ酸が投入されていました。先月3号機は再爆発していたけれど、何も報道がなされない陰でよくなる状況は一つも見当たらないという絶望感。

東京の世田谷区では、2件目の高放射能地域が見つかり、またラジウムの入った瓶がでてきた・・。

こうやって、どこもかしこもラジウムのせいにしてしまうのかため息が出ます。それに、世田谷区だけに対処が早いというのも差別的。

今年もあと2ヶ月となりましたが、心すっきりと年末や新年を迎える気がしない状況ですね。(これは世界中が感じていると思うけれど)

 

そんな中で、ここのところやはり 「自分の考え方や生き方を変える!」 というお客様が続きました。

少しずつ、感じる人が増えてきて、漠然とではあるけれど今までの価値観や考え方ではこの先進めない、ということが理解されてきたのだと思います。

時間を凝縮させる → 生命や人生の質の変化 → モノの見方や考え方の変換 → 行動の変化 →

生活の変化 → QOL および自己肯定感の向上 → 人生の満足度の向上

これが本当の人生ではないでしょうか? 長生きもよいけれど、年金の不足や社会制度の変換という現実は「もうそういう時代ではない」と受け止め、医療と薬漬けで延命を図る行為もやめれば、もっと清々しい社会になると思います。健康は自分で守るようにするのが一番。 それに、原発のおかげでむやみに長生きも出来なくなっている。

 

これから先また何が起こるかわかりませんが、そういう時代に遭遇するべく生まれてきた、と考えると何かこのときにしかやれないことも見つかっていくと思います。

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14168945
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)