あなたが地球

2011-10-15

先月の太陽のフレアは何だったのか、と思えるくらい10月にはいって小康状態が続いている。

でもその間に、カナリア諸島付近の海底火山が噴火し、少しずつ世界中にマグニチュード5以上の地震が広がっている。

そして、同時にギリシャの財政破綻目前の状況に、世界経済も激震の中にいる。

 

地には地の、智には智の浄化が進み、私たちは望んだ世界が作れるのだろうか?

人類が誕生し、最初は原始人のようだったのが、道具を作り、武器を作り、知恵を発展させ、文化を作り、都市を作り、国を作り、経済を作り、産業を作り、社会を作り・・・そして環境破壊へ。

今冷静に、国家のリーダーや国のあり方を見ても、こざかしくなっても「進化した」とはいいがたい人で溢れている。こんな長い年月をかけて、こんなに便利な社会になっても、「心」や「人格」の優位性というのは発展しないのだろうか?あるいは、そういうものが優れている人は、リーダーになれないのだろうか?

今世界がリニューアルしようとしている。同時に、宗教も含むあらゆる価値観の変容に迫られるだろう。

そのために、ひとりひとりの心が、先ずリセットされなければ・・。

 

あなたが地球だ

 地球の環境問題については、ありとあらゆる場所で、ありとあらゆる立場の人々が話し合ってきたが、この30年の実体を見ると悪くなりこそすれ、大幅に改善された試しがない。それはなぜだろうか?

ひと言でいえば、「環境問題」を、自分達の生活にそくした部分で見ている人が少なかったためだといえる。

「自分を取り巻く」とか「自分の周囲」というふうに環境をとらえているためだろう。自分自身が「環境問題」そのものなのだということに気付いている人は少ない。言葉の上では「ガイア思想」だとか「命はひとつ」と言っているが、実際に「自分が地球だ」と、みんなが思っているのだろうか?

 

 自分自身が、地球の一部ではなく全部だと思ってごらん? 

どこの誰が身体のなかに、セシウムを埋めるだろうか?どこの国へ行けば、自分の血管に水銀を流す人がいるのだろうか? あなたは、あなたの皮膚のうえで「小さな核実験だからイイヤ」、と原子爆弾を炸裂させるだろうか?

環境問題とは、まさにあなたがた一人なのではなく、自然があなたがたの一部なのだということを考えてほしい。

 あなたがた人間にとって快いことは地球にとっても快い。地球=自然=あなたがた一人一人の生き方なのだ。

 そして宇宙とは、あなたがた一人一人の生き方の反映であることを忘れてはならない。あなたがた一人一人が、本当に自分にとって何が一番大切なのかを、外の自分(つまり他の人々、生き物のすべて)にとって、何が一番大切なのかを考えてほしい。

 あなたがた人間は、自分自身が地球そのものだということを忘れて、「自分」と呼んでいる範囲を非常に小さく考えている。小さく見積もった自分の、物質的に顕在化した部分、つまり、あなたがたの身体の感じる範囲だけの便宜や快適さを求めた結果が、今この地球の窒息状態を招いた。

 何度も言うが、「あなたが地球なのだ」。だから、地球が窒息状態になれば、あなたも窒息状態になる。ただ、エネルギー伝達の法則が、マクロからミクロへと決まっているので、あなたがたの「小さく見積もった自分の身体」が感じるまで、いま少しの猶予があるだけなのだ。 

 あなたがたは自己変革には非常に興味を持つが、小さく見積もった自分自身の、身体の、感じる範囲だけを変革して何を得ようというのだろうか。

 自己変革を実行したければ、まず自分が地球である事を感じる必要がある。まずエネルギーをマクロに拡大したうえで、ミクロの点検を行うことが必要なのだ。これはどういうことかといえば、まず自分が地球なんだと意識すること、そして自分という意識を、ミクロの物質的な身体に向けるということだ。

 

 誰もが本当に快い、幸福に感じる生活を求めている。地球もまったく同じなのだ。本当に、心から喜びを感じる生活をするために必要なのは、スローガンでも思想でもない。

 それは、本当のことを感じる心なのだ。現代社会では、本当のことを感じることが少なくなっている。マガイモノ、ニセモノ、シュミレーションが巷にあふれている。そういったニセモノに慣れてしまって、本当のことを感じる心が退化してきている。嘘を嘘だと言えなくなり、何が本当で何が嘘かわからない人々が増えている。何が自分にとって良いのか、悪いのかがわからなくなってきている。嘘のうえにいくら嘘を積み重ねても、嘘でしかない。

 あなたがたが自分と呼んでいる個体が生きているのは、こんな社会なのだ。

                                 ARION.O∴O

「光よりの光、オリオンの神の座より来たりて伝える。」

アーリオーン*北川恵子*神崎夢現  南雲堂 より転載

フェイクな人が溢れている今、そのフェイクさを作り出したのは 便利さ、情報過多、システム、マニュアル化された社会。それに気付かず、上塗りされる制度・・。それに気付かないことの怖さ。今に額にバーコードを入れられて管理されてしまう人たちよ!

  

JUNGLE SWING by TATSU  そんなフェイクなビートじゃ、とても踊れやしない。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14146908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)