喜多方 太極拳フェスティバル

2011-09-26

震災と原発の影響を受けて、6月に行われるはずだった定例の喜多方 太極拳フェスティバルが延期となり9月24日に行われました。

まだ原発の収束になっておらず、正直「放射能大丈夫か?」という懸念がありましたが、超大型台風の通過後ということもあって、「大丈夫!」と意気込みました。

 

太極拳を学び始めて、20ヶ月目。最初は、型や流れを覚えるのに精一杯。でもそのうち、体の中が少しずつ動き始めた頃、きちんとした型や動きを作るにはまずカラダを作る事、との思いを強くし、すっかり落ちてしまった筋肉を取り戻すストレッチと柔軟を1年前より強化しました。

昔はちょっと歩くだけでムキムキしてしまう「筋肉女」だった私が、年をとってどんなに頑張っても筋肉がつかないショック!特にこのマンションに移ってからは、階段の上り下りもないので、みるみる筋肉がなくなり、脚力等が落ちている事に唖然として始めたのが太極拳だったのです。

優雅な動きの中に、実はとても体の力を培っており、さらに深い哲学も含まれているので奥がとても深く、えんえんと続く道のようです。(ヴェーダとおんなじ)

このフェスティバルは、喜多方市が高齢者の介護予防対策と町の活性をめざし市をあげて「太極拳の町」作り宣言をし、8年前から開催されています。

 

kitakatafesougi.JPG扇を使った太極扇 (参加者は多分平均年齢65歳くらい?)

今回は、被災のため今までの三分の一程度の入場者だったそうですが、近隣の県や被災した地域からの参加もありました。

今回のテーマが「介護予防」だったので、私は朝からセミナーにも参加し、団体演舞等も含めて観ていると、この太極拳を実践することで介護予防だけでなく老化予防の健康面と、交流やレクリエーション、心身活性、コミュニケーション等の地域における大きな基盤になる事に気付きました。

 

なにしろ、皆さんとても姿勢がいい。それに難しい型も難なくこなし、足腰がしっかりしています。

さらに扇や剣、棒などを使った場合には、手首や指先、グリップ、がしっかりし、関節の柔軟さや強さも保て、優雅さや気骨のような「精神面」の感覚も強化されると感じました。

これは立派に「セラピューティック・レクリエーション」にもなります。

フリを覚えたり、フォーメーションを組んでいるところもあり、とてもたくさんの時間練習されたんだろうなあという感を強くし、この発表会が大きな目標だったのでしょう。でもそれが、コミュニケーションや信頼関係、生きがい、絆等を深め、地域という中でさまざまな事を助け合う基盤になります。

これは、東京などの都会の地域よりも、地方のほうが連携が深いため構築されやすいでしょう。

そういえば、介護福祉士養成校へ通っていた時、レクリエーション・インストラクター、福祉レクリエーション・ワーカーの資格をとるために、このへんのことはたくさん勉強したんですよね、私。(今は資格は更新してませんが・・)

さらに、太極拳は左右対称の動きが多いため、脳の活性にも非常に役立ちます。

優勝したグループは、演舞の中に「組み手」までとりいれ、難しいフォーメーションもたくさんあってパフォーマンスとしてもチームワークにしても、とても素晴らしいものですごく感動しました。

 

watanaberoushi.JPG    chinroushi.jpg  konroushi4.JPG

 渡辺俊哉老師(陳式太極拳)     陳静老師(扇カンフー)     孔祥東老師(42式太極剣)

世界チャンピオンの老師のパフォーマンスを見られるのも、参加者の方の大きな目的の一つです。

原発不安の中滞在し、パフォーマンスしてくださることに本当にありがたいと思いました。

konroushi2.JPG 太極拳世界チャンピオン「孔祥東老師」による太極拳模範演技 

演舞もけい力も素晴らしいのはもとより、私から見ると神様がくっついていました。どうやら浄化してくれたみたいです。

 

もっと頑張って練習しよう! と意を強くしました。きっと参加された方は皆さんそう思っていると思います。フェスティバルってお祭りであり、そういう「気」を大きくする機会なんですね。

最近練習中に、手からいきなりすごい気が出る事が多くなりました。昔武術気功をやっていたこともあり、気が出やすいほうなんですが、シューという感じで手を見たらびっくり。何か中央が盛り上がってきました。(どうなっちゃうんだろう、私)

myhand.JPG おかげさまで、トリートメント動作や効果にも太極拳は役立っています。

若い人たちの間でヨーガはすっかりブームとなり定着しました。(仕掛け人を知っていますが)

一見すると、ヨーガ VS 太極拳 みたいな感じですが、めざす到達地点は一緒でありながら、パフォーマンスが違い、でも身体の持っている大きな力を引き出す点は同じで、インドも中国もすごいなあと思います。

ただ太極拳は立ったままできるので、場所を選ばないというメリットはありますね。

私は電車に乗るとき片足ずつ独立し、起つ事にしています。

 

★ ヨーガもなんですが、太極拳は圧倒的に女性のほうが習う人が多く、男性は少ないのです。

でも元々は拳法なので、もっと男性も参加されるといいのになと思いました。ストレスや眠りの浅さ、高血圧、老化防止などにはとてもよいと感じていますし、瞑想感覚があるので鬱予防にも良いのにな、と個人的に思っていますね。 団体で行うと連帯力もでてくるので、会社ぐるみでやるといいのに、とさえ思います。 

2020年にはオリンピック種目に加えられたので、もっと盛んになっていく事でしょう。

太極拳は免疫機能をあげるのにも非常に効果があり、帯津病院ではガンの積極的治療に気功とともにとりいれられているほどです。 → 放射能不安のある人は、ぜひおすすめですね。

 

日本武術太極拳連盟 (孔老師所属の団体:東京本部のほか全国展開)

陳静武術太極拳研究会 (陳老師、渡辺老師の主宰する研究会:大阪)

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14119887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)