超台風通過

2011−09−21

久々に台風が東京を通過しました。

超大型で、風も雨も半端ない勢いで、九州から北海道まで「総なめ」にして現在も通過中。

大雨続きの熊野は、またも避難勧告がでて本当に大変ですが、日本のあちこちで川の氾濫、浸水、停電、交通マヒがあり、ある意味今まで自然を克服してきたと思っていたら、自然はさらに脅威を増している、と言う感覚もあるほどです。

 

カミや地球からの、「人間ごときに、なめられてたまるか!」という意志さえ感じそうです。

 

ただ、これだけの大雨とすさまじい風のおかげで、たまりまくった放射能(江戸川区はなんとホットスポットだった!)はどっかにすっとんでいってしまったでしょう。→ 拡散になるかもしれませんが・・。

その後に計って線量があがっていたら、もう再臨界を疑うしかありません。

被災地は、仮設住宅も浸水したりして、再避難中の被災者の方々はがっくりうなだれていました。

もう身も心もくたくた・・という心境だと思います。

 

「9月、水浸し・・」 という声が実は9月に入った途端響きました。

先にやってきたマーゴンの事だと思っていましたが、今回もまた・・。

自然ダムのできてしまった熊野や十津川は、再起まで相当時間がかかりそうです。

私達は、震災と今回の洪水が続く状況のなかで、本当に決定的に今までと全く違った「地域社会、村づくり、組織作り、集団、経済」を培っていく必要があるのでは?

そろそろ本当に立ち上がっていかないと、このまま何もかも沈んでいってしまうのかもしれません。

新しい発想と創造にむけて、世界中に 「リセット」のタイミングがはかられているようです。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14116525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)