太陽の警告

2011-09-08

sunxflair.jpgXフレアって本当にXの形で飛ぶのね。しかも点線で・・。

今年に入り、太陽の活動がすごい事になっています。

ちなみに、昨日はXフレアが2回続いてでており、その数日間はCクラスのフレアが毎日出ていました。

特に、今年は日本やニュージーランドなど大きな地震が相次ぎ、太陽フレアとの関係性を問われる中で、「確かに」と思わせられるようなデータがでてきました。

 

SPACEWEATHER NEWS 

X-flares of Solar Cycle 24: There have been only a handful of X-flares since the beginning of new Solar Cycle 24. Here is a complete list so far, all in 2011: Feb. 15 (X2), March 9 (X1), Aug. 9 (X7), Sept. 6 (X2), Sept. 7 (X2). Before these five, the previous X-flare occured on Dec.14, 2006, (X1) during old Solar Cycle 23.

 

今日のニュースで気になったものです。

今年に入り、Xクラスのフレアは6回(昨日の2回を入れて)噴出していますが、その前は2006年が最後で太陽活動サイクル23 の時であり、今はサイクル24が始まっている。

(一年のうちに、こんなにたくさんXクラス が噴出した事は観測史上初めてのようです)

太陽フレアは、大体3日〜7日後くらいに地球に到達しますが、今回のようにそれ以前にも日々フレアが噴出している場合は、電離層に電子が溜まり伝播しやすいような状況を作り出しています。

★2月15日噴出 → 2月22日 ニュージーランド地震 (M6.5)

★3月9日噴出 → 3月11日 東日本大震災(M9.0)

★8月9日噴出 → 8月11日新疆ウイグル(M5.8)

             8月24日アメリカ東部(M5.8,M5.9)

             8月25日ペルー(M7.0)

9月に入ってまだ8日目なのに、3回噴出しているということは、ものすごい活動が活発でこの先もまだ続く見込みがあります。

太陽は、北極と南極が反転する活動の周期が今回早まっており、これも観測史上初めてということで警戒心を強めています。

 

このフレアは、噴出する位地によっても地球に対する影響が違いますが、昨日のものはダイレクトに地球に到達する位置だったそうで、12日満月ということもあり、9.11にはエレーニン彗星が太陽に最接近し、また9.11テロ10年目という事で人々の警戒心はマックスになっている「負」の電荷がかかったりしており、非常に危うい感覚があります。

 

これは地震だけでなく、今年に入っての火山噴火の数も半端ではなく、 この1週間の間だけでも

★アイスランド火山 3箇所 噴火寸前

★インドネシア、 メキシコ、 アラスカ、 イタリア エトナ山、など噴火

とすごいことになっています。

 

そして、海水温の上昇などにより台風は大型化しており、日本やアメリカなどに甚大な被害がでています。

そんな中で「宇宙線が雲を作るメカニズムを欧州CERNが解明」という記事がありました。

まあ、CERNやHAARP などを人間が作り出し、気候操作や人工地震、地球内部にブラックホールを作るなど、地球の内側と外側から電磁波をたくさんだして磁場的なものを不自然にしている感は否めませんが、人工的に、そして宇宙的に電磁波が電離層にたくさん集まってしまった結果、天災や大規模停電、計器類の狂いによる事故等が多発している現状、というのが感じられます。

 

東日本大震災から半年が経過し、人々の意識は元に戻りつつあります。

その<元>というのがどの<元>なのかは個人によって違うと思いますが、多くの人が何か決定的に大変化があるというより、今までの状況が未来永劫続く、という感覚があるようです。

 

私はアリオンからのメッセージが浸透している為、見ているところや向かう先が全然違うのですが、太陽活動を観察するだけでも宇宙の動きや意志のようなものを多くの人が感じてくれると良いなあ、とも思うのです。 → 宇宙ニュース

生命体は地球人だけではなく他の星にもおり、惑星自らが生きて活動しているということを感じる事ができると、もっと視野も広がり、感覚も深くなると思うのですが・・。(魔女のお気に入りをよろしくお願いします)

 

とりあえず、9月は台風も多いことですし、地震にも備えて非常用具や非常食の点検と、バッグの中には<小さな懐中電灯、笛、飴、ライター、水>は常に持ち歩いているとよいようですよ。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14105650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)