A WHOLE NEW WORLD

2011-08-11

7月のアリオン・メッセージを無事出し終え、決算書類も作り終え、ふーっと一段落。

正直、この一ヶ月はこのメッセージを出すために集中しました。

あの震災から、ちょうど5ヶ月たち(って、今日あの時あの時間に一緒だったお客様が来た!って、また地震くる?)原発事故となり、それらすべてを事前に知らされていたことに気付き、もうでてこないアーリオーンのメッセージの未公開部分を渡されている私は、自分だけこの大切なメッセージをあたためておくことなどできないと思い、自分も含めて多くの人の理解を深めるべくまとめながら公開してきました。

そうすると、あの難解なメッセージも少しずつ解けるようになってきて、世界の事象と重なるようになり、宇宙の動きと連動し、今このときにこのメッセージと気付かせるような仕掛けもあることに気づいていきました。

そして、その意味が沁みこむ様に、私の理解も深まってきています。感覚が深くなるというか、思いが膨らむというか、広がるのではなく密になる感覚・・。私達はどれほど言葉を雑に扱い、間違った使い方をしているか、に気がつくのでした。

 

そして、人生の妙を実感しています。

なぜ私がインドに行き、アーユルヴェーダを学び、イランに行き、イランの人や歴史に驚き、そしてそのどれにもはまり込まず太極拳を楽しむ私。

amadresshp.JPG 自分へのご褒美として、AMAの感覚のあるドレスを買いました。 これを着て「空海展」に行こうと思います。飛びそう!

そういえば、子供のころは洋裁をする母が洋服を全て作ってくれていました。お気に入りがなんとバティック。あの虫みたいな模様が好きで(虫好きだった)、しかも衿はチャイナカラーを所望。

色が黒かったので、普通の女の子みたいなフリルやリボンが似合わない(しかも嫌い)と母も感じていたのか、しかしあの時代にバティックを選ぶ母も母だと思いました。母もインドネシアに生まれていたのかも知れません。今でも形見に、30年以上前に作ってもらった珍しいバティックのローンのドレスを持っており、着ることがあります。

このドレスは、バティックのような柄で、日本の絞りのようにも見え、パンジャビドレスのようでチャイナっぽい感覚もあります。アジアを統合したような感じで、胸元のコードがなぜかXに見える。

色は、年甲斐も無くピンクです。アジアンピンク。昔女性らしいピンクが似合わなくて、ピンクのものは一つも持っていなかったのですが、ショッキングピンクに黄色とオレンジを混ぜたようなアジアンピンクのトレーナーが自分でも不思議に似合って、母に「あんたはなんでそんなど派手な色が似合うんだろね。ベトナム人に見える・・」と褒められたのか、けなされたのかよくわかりません。→昔は、泳ぎまくっていたのでガングロでした。 民族衣装ではアオザイがお気に入りで4枚持ってます。→介護福祉士養成校の卒業式(当時42歳)に真っ赤なアオザイを着て行ってドン引きされましたっけ・・。(おまけに頭にはインドの編みこみ用髪飾りつき!)

これを選んだ時、店員さんが「あ!それがぴったり!」と褒めてくれたので、その気になりました。

これも今まで辿ってきた人生の「血のモノリス」なんだと思います。

 

そんな矢先に、浅田真央さん(もうちゃんじゃないね)とジェフリー・バトルのアイスダンスを見て、「あ!」とまた閃きが。

A WHOLE NEW WORLD  全て(まるごと)新しい世界に・・

あの7月31日のメッセージのあとは、新しい世界へ向かっていきます。こんな感動する愛に満ちているのが、次の次元。そのために、また破壊があると思いますが、創造のための破壊は宇宙の秩序です。

それを神々で表現するのがインド哲学。だから、今生一番これを学んだのでしょう。サラスバティやシヴァ神、ドウルガー女神なんて普通あんまり知らないですもんね。

 

宗教の中に在ると、その神しか見えませんが、外にいて眺めると同じ神であることに気付いたりします。

日本はもともとは神道の国でしたが、仏教もキリスト教も入り、何でも触れることができます。

そして今回とても感じたのは、ある意味思想的な部分もあるこれらのメッセージを理解し、公開することができるのは、唯一日本だけと気付きました。それも今の時代でないと、無理でした。

その絶妙さと、タイミングが計られていたことに驚くばかりです。

時にアリオンのメッセージはきつく感じることがあるかもしれません。でもそのヴァイブレーションはとても精妙で柔らかく、愛に満ちていることを感じてもらうために、大好きな山下達郎氏の音楽を添えました。

tatsuronewcdhp.jpg 山下達郎6年ぶりの新CD「A RAY OF HOPE(希望の光)」. 初回限定版はボーナストラックがついています。 → たっつあん、イエローキャブのようにこの政治の在り方に文句も言ってますね〜

昔天文学者になりたかっただけあって、彼の曲は宇宙感覚に満ちています。

どれだけの人が、どれほど理解してくださるかわかりませんが、もし心の奥になにか動くものがあったら、あなたの血のモノリスにつながるかもしれません。

★魔女のお気に入り 3月11日以降から読んでみてくださると、その軌跡(奇跡、輝石、貴石=尊い愛)がわかるかと思います。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14070414
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)