新しい次元へ 黄金太陽の輝き  

2011-07-31

今日は新月。本当によくできている。この日にあわせて、用意周到に時を重ねて・・。

それはまるで、天からの一粒の雨が静かにこの地に落ちてくるように。

地球の中心部から、ふっ という息吹のように海底から界面に向かって昇る泡粒のように。

22年の浸透の速度を経て、ようやく心が追いついた。

発射ベルがなる最後の最後のぎりぎりの時間。 待っててくれた? 間に合った?

 

<蟹星のメッセージ オホツメ カイカシ マルニ>

8月1日より、全く新しい流れへと、愛の流れが変化するだろう。

求めるためにひたすら与えるのも、

与えるためにひたすら求めるのも、

終わりのときを迎えた。

(求める行為に対して、与える行為があるという相関関係の終結)

   

これからの流れは、『ひたすらに求めもせず、ひたすらに与えもせず』

在ることで自然に愛し合うことを、心から願う人々が増えてくるだろう。

真の意味で、ただ存在しあうこと・・・

それはちょうど野原での花々の共存のように、お互いを生かしあうこと。

双方とも溢れる愛でお互いを包み込めるような、

本当の愛を願う人々が増えるだろう。

 

生命を生命として愛することを望む人たちが出てくるだろう。

そしてそのモデルとなる生きる力を実践できる人々が現れてくるだろう。

全てに先んじて駆けて行く、

言わば愛の殉教者のような存在を

多くの人々が心から望んでいる・・・

いつも変わり目にそうであったように。

 

それは夜明けのときに似ている。

まずそこに初光としての光があり、そしてその光の道を歩む人々がいる。

   

誰が初光になるか?

それは誰にも言われる訳でもない。

心の奥底、魂への天使の愛の呼び掛けを聞いた人が

自覚を伴った決断をしたときに決まる

ARION O∴O  1989.07.31   ARION語録より

mokusirokusun2.JPG =  shivapearl.jpg = middle_1209960802.png 上下で逆回転をする

黄金太陽とは、上昇∴(男性→左回りの円) 下降∵(女性→右回りの円)の純粋なる融合によって生じる光の渦であり、回転によって開かれる宇宙への扉(神人合一)。

左の絵は、「光の黙示録」の裏表紙だが、ARIONたちからは、こういう風に見えるらしい。<横尾 忠則氏によるイラスト>

真の融合により、新たな次元を作り新たな場を形成する=光の愛の磁場

 

古い体質の人たちは、さらに闇の中でもがき、依存的な自己本位の愛をふりかざすだろう。            

それはまるで、戦いのように。お互いを滅ぼすために、存在するように・・。

 

ここで達郎の曲を使ってきたのは、達郎がARIONのバイブレーションに溢れる人だから。そして、20歳の頃からずっと一緒に在り、私の人生の全てのシーンで、どんな時も彼の曲に支えられて生きてきたから。私のコードであり、メロディであり、リズムであり、テンポであり、言葉そのもの。 

★なでしこで始まり、なでしこからコスモス(COSMOS)で終わる,まさに今日の詩です。

この曲を、スサノヲ神とクシイナダ媛にささげます。(この二人が愛についてしっかり見せてくれました。神の愛は、宇宙そのもの。血のにじむような強さと優しさに溢れています。)

 

SPASCIFICA = スサノヲ神 = CAI FIX ACACICS  (CAI=X) 

 神はアカシック・レコードを調える = 周波数を上げる = 次元上昇

ずっと一緒さ by Tatsuro Yamashita

(若い時とんがりまくっていたたっつぁんも、こんなに優しい曲を作るようになり、ステキに年を重ねていることに感動です。一生愛してるからね!→ 埼玉アリーナで一番後ろの席から叫んだよ!)

この記事へのコメント
達郎さんは詳しくないけど、アルバムを聞いた時に祝詞みたいだな〜と思って、きっと前世は神主さんや神官だったのかも、と思ったことがあります。

黄金太陽の構造はラーメン構造でしたか?私は三角が逆に合わさるのかと思ってました・・。重要らしかったけれど、考えてもわかりませんでした。

いままでアリオンに関して誰にも話せず、孤独感がありましたし、自分は衣食住を追う羊の群れになっていて、光とは対象的なテンション低すぎ人間ですが、かりなさんのブログですごく心が楽になりました。気にしていたことをこんなに解読、実行している人がいるなんて知れて良かったです。
おとといの朝主人に「マッサージ受けたい〜」と言ったその日、アリオン経由でサロンを知れたのもGood!





Posted by ユキ at 2011年09月30日 14:10
>ユキさんへ
アリオンを知っている人は、本当に一握り。しかも縁していても、年月がたつうちにくぐもってしまう事も多く、残っている人は本当にわずかです。だからとても孤独な作業です(笑)
でも、今生の人生の一部として私の中に組み込まれているようなので、頑張っています。
TATSUROは、きっと前世でお坊さんだったかも。
黄金太陽は、これまた立体構造になっていて、多くの意味を含んでいます。正四面体が合体し、星四面体になる構造での回転・・ってむずかしいか・・。
Posted by KARINA TAKAHASHI at 2011年10月03日 17:08
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14059748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)