スサノヲのSIGN

2011-07-29

今日から綴る3日間のメッセージは、1989年にARIONからおろされたものだが、本にも掲載されず、おそらくこれを持ってている人は5名くらいしかいないと思う。

その5名のうち、3名はもうこのメッセージのことも忘れているか、あるいは目に触れることができない状況になっている。

残りの2名のうちの一人が私、ということになる。

私だってずっとしまいこんでいて、正直内容までははっきり覚えていなかった。ところが、3ヶ月前に急にファイルが目に留まり、その他のメッセージと一緒にしておき、この間の7日に思い出して眺めているうちに「あっ!」とインスパイアされた。これは、確実に思念によるものだ。

特に31日に出すものがとても重要なものであり、これを公表するのに実に22年もかかったということ。私達がそのレベルに達しておらず、読んでも理解できなかったからだ。う〜ん。見事。

時の重ねは、螺旋階段を思い浮かべてほしい。節目を1年ずつ積み上げて、高さがどれくらい増したか、というのが成熟具合ということ。年齢の重ねと同じ。でも進歩がなければ、レコード盤のようにフラットなまま、ということ。 

円環の愛スパスシフィカは認証終了

炎の暑さと暖かさのゆえに回転を始める

燃えよ力よ 燃えよ愛よ

 

あなたがたはヴィシュヌを見た

サラスバティの愛に支えられ、再びドウルガーは力を取り戻した

あれこれ説明をする必要などなにもない

ブラフマンの懐で漂いながら 宇宙(そら)の愛を全身で感じなさい

 

あなたがたは宇宙(そら)からの贈り物 

愛そのものだ

臆することなど何もない 

見せなさい、全てを

その時期が来た

 

シラヌイの火から、黄金太陽の火へ

移り行くとき(時空) を見なさい

    ARION O∴O  1989.07.29  ARION 語録より

 

<神速を貴ぶ>

力と愛とチは大回を渡る円環

落ちる砂の速度を超えて、浸透を。

オ・ロ・智に、血の蓮華イチリン。

灰の地より、ただひとわ、人和の鳳。

天王時地王理人王和、解。 ◎+Χ。   2008.08.17

 

天の王は、すなわち人の王でもあり地の王でもあった。和をもって和解へと導く神(カイ)=解=回=十=Χ = 建速素戔嗚尊 = ス(サ)ナルオウ = OURANUS <天王星> 反対から読む(逆転音読法) 

これがスサノヲのSIGN です。

 

スパスシフィカの回転へ向かってエンジンスタート ! 

 「時々人の心の中が信じられない出来事がある・・ SOMEDAY 一人じゃなくなり本当の優しさを知っている人に会う」

いつか(SOMEDAY) by Tatsuro Yamashita

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14059234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)