ベテルギウスが果てる時・・

2011-07-24

オリオン座の主星であるベテルギウスについて、先月NHKの宇宙特集のなかで詳しく解説されていた。ベテルギウスがどうも爆発寸前であると・・。

 

ベテルギウスは肉眼でもよく見える一等星だが、まん丸の形ではなく内側から内部が突出したひょうたんのような形をしており、赤色矮星として燃えに燃えている。太陽のおよそ20倍の出力を持ち、大きさは太陽と比べてもらえば一目瞭然。地球は点にもならないほど・・。

betelgeous.jpg

この星の寿命が尽きようとしている。

多くの天文学者や、星好きの人には「世紀の天体ショー」として期待を起こさせるものだが、ARIONの存在を知っている人にとっては、「死」「区切り」「新創造」を意味する。

ベテルギウスは2009年より縮小を続け、今も非常に不安定な状態にあるという。

 ★ARIONとベテルギウスの関係について → CODE参照

 

今年になってこのニュースが公開され、震災もあって もう地球ごとだめなのかも・・と憂いていたが、伝播パルスが届き迷路から抜け出すことができた。そして、肝が据わった。

 

宇宙科学者によれば、ベテルギウスが爆発しても、その爆発波の位地から地球は少し外れているため、空からは「太陽」のように眺められるが、影響はないという・・。 ばかめ!

今太陽が盛んに太陽波を噴出しているが、それがどれほど地球に大きな影響を及ぼしているか、本当に理解している人たちはまだ少ないらしい。地震も、火山噴火も、異常気象も、動物の異常行動も、これは地球だけでなくほかの惑星でも嵐や天変地異が起きていることは今確認できているにもかかわらず、その関連性に関してはばらばらの見解になっているようだ。

地球自身が意思をもち、惑星間や宇宙との連動と秩序によって営みを続けていることに、気がつかない人たち。(東洋医学のように、病気から人間全体を見るのではなく、西洋医学がその病巣のあるところだけをフォーカスするような考え方が、現代科学の基本だからだろう)

 

神だ、宇宙だ、スピリチュアルだ! と連呼する人は多いが、じゃあどれほどの人が宇宙の動きに注意を払っているか、を観察してみると 何かあっても「神が助けてくれる」「祈りで救われる」と思っているらしい。 → 他力本願。

 

人類が誕生して87万年たった間に、私たちは本当に進化できたのだろうか?

「不自然なもの」を作れるだけ作って、人間自身が一番「自然」ではなくなってきたのではないだろうか?

ARIONのメッセージは、ベテルギウスの出力があって届けられていたもの。過去からずっと私たちに知恵を授け、導き、進化のためにあらゆる経験や出会いをさせていたのも、この「送信力」があったからこそ。

それを感じた時、ARION のメッセージの意味がより鮮明に伝わってきた。

ベテルギウスが果てる時、宇宙の流れが明らかに変わる。それは太陽系の惑星にも当然影響を及ぼす。ベテルギウスから今度はシリウスに移行していくが、シリウスは更なる進化の星。

惑星達のエネルギーにも変化が起きてくるだろう。

その時地球は・・? そして、私たちは 進化に出会う旅へ・・。

この世の混乱の中に

ひとすじの光を与える者たちよ

 

見ることを怖がらないで

失うことに涙しないで

しっかりと自分達の生命の呼ぶものをつかみなさい。

血の中の呼び声を聴きなさい。

 

第三世代は第一世代のつながりなくしては誕生しないのだから

光を宿す子供達こそが

この宇宙(そら)のルールを正常化できるのだから

 

あなたがた いにしえの約束事より来たれりし者よ

古き法の灰の中から よみがえりし者たちよ

 

東方の朱き光と 西方の白き光

南方の緑青光と 北方の黄金光とを

紫の振動数でつなぎあわせ

全体をバラ色に輝かせなさい

 

ただ愛によって愛のために愛し合う

そんな あなたがたよ

あなたがたの愛こそ「光の誕生時」よりの「光の愛」を伝えるものだ。

 

光の使者 ARION O∴O 

ARION 語録より 1989.09.17  

この詩を読んでこの曲を聞くと、震えがきてしまいます。

光のシャワーがふりそそぐ! DAYDREAM by TATSURO YAMASHITA

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14053977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)